« 政府「男女共同参画」の欺瞞性 | トップページ | 男性としてのプライドが失われるとき »

2014年9月13日 (土)

女の商品価値が「女性の時代」を可能にしている

「これからは、働く女性の時代です」・・・
昔、マーケティング関係の本を読んでいた頃、よく目にした文句だ。
だが、彼らは、本当に女性が働くことを期待していたのだろうか?
もちろん、違う。彼らの仕事は商品を売ることであり、商品を売るためのキーワードが
「働く女性の時代」なのである。
「働く女性の時代」とは女性の持つ商品性、消費者性の上に成り立つ一種の商品である。
そして、女性に求められるのは、端的に言えば、実際に働くことというよりは、
「消費社会」という舞台の上で「働く女性」を演じることであり、演じる過程で、
企業が「働く女性のための製品」として開発した商品を買うことだといえる。
消費社会においては、商品性・消費者性が高い女性が舞台の主役なのだ。
そして、男性は脇役であり、裏方であり、観客なのである。

男性の脇役性は、バブル時に喧伝された「アッシー、みつぐ君」という言葉に
象徴されている。「アッシー、みつぐ君」は、男性が、高度消費社会に適応した一つの
形だった。彼らもまた、高度消費社会の舞台の上の役者なのである。
しかし、男性がいくら高度消費社会に適応しても、現状では、女性の脇役にしか
なれないという事だ。
もし、男性を主役として捉えなおせば、「アッシー」などとは呼ばれず、
主役にふさわしい名称が与えられたはずである。そして、女性には、
いかにも脇役っぽい名前が付けられただろう。

裏方性とは、「女性の時代」を裏で回しているのは、実は男性であるという意味である。
具体例を挙げるならば、マーケティング雑誌は「女性の時代」を喧伝するが、その
マーケティング雑誌の編集者も読者も殆ど男性である、ということに示されるだろう。

観客性とは、男性が観客であるということである。
なにしろ、舞台は、観客が見て初めて舞台として成り立つ。観客がいないことには、
女性たちは色々な役柄を演じることが出来ない。その観客を男性が務めなければ
いけないということである。

そういう視点で安倍政権の「ウーマノミクス」なるものを考えてみると、興味深い。
「ウーマノミクス」とは「女性が働き手として期待され、消費もリードする」という内容なのだが
私は、ここに「『女性は儲かる』の原則は壊しませんからご安心ください」という
ギョーカイへのメッセージを読み取る。
なにしろ、ある意味で女性が労働に進出して一番困るのは「これからは働く女性の時代」と
言っていた連中なのである。
なぜなら、下手に女性が男性化したら、女性の持つ商品性、消費者性が失われてしまう
からだ。

昔(25年位前)、初歩の経営学の本を読んだ時に「世の中に職業が存在するのは、
役割分担したほうが効率がいいからだ」と書いてあって、「なるほど、その通りだな」と
思った事がある。
例えば、私は、iPhone6を数万円で手に入れる事が出来るが、私一人でiPhone6を
作ることは、一生涯かかっても出来ない。
iPhone6は膨大な数の人(iPhone6そのものには関与していなくても、iPhone6が成り立つ
ために必要な全ての技術を開発した過去の人々を含む)の役割分担で出来上がる製品
だが、私は、私の役割(仕事)を数十時間果たすだけで、それを手に入れることができる
のである。
その代わり、各々の役割は、専門化・高度化し、人は、その人の適性に合わせて、
職業を選択して、それに専念することになる。
男女間でも、役割の分担が行われてきた。「男は仕事・稼ぎ、女は家事・消費」という
役割分担である。
ウーマノミクスに象徴される近年の風潮は「女性が仕事に進出し、収入を得るようになる
ので、女性の消費は今後もっと重要になる」
というものだが、これは、まやかしではないか?
「女性だけが、仕事に進出し、かつ消費者としての役割を増大させる」ということは
役割分担の原則から考えて不可能のように思えるのである。
女性だけが、男女の役割を両立できるオールマイティになることは出来ないのだ。
そういう意味で「女性の消費は今後もっと重要になる」などと言っている時点で、
女性の本当の意味での労働への進出を否定しているも同然なのである。
「女性は労働に進出し、男性は消費に進出するので、今後は男性の消費が重要になる」と
言うのならば、耳を傾けるに値するのだが。
私は「企業などの重要な役職の3割を女性にするなら、商業施設の売り場の3割を
男性向けの売り場に」と主張している。
奇妙に聞こえる人もいるかもしれないが、私は、案外真っ当な主張のつもりでいる。
「そんなに消費に熱心な男性はいないから、商業施設の売り上げが落ちる」と
考える人がいるかもしれない。
しかし、逆に言って、女性は企業の重要な役職の3割を占めるのにふさわしいほど、
仕事に熱心なのだろうか?
私にはそうは見えない。

近年の社会の「女性びいき」は異常である。
そして、女性がそれだけ持ち上げられるのは、女性が女性だからである。
女性の持つ商品性・消費者性が、それを可能にしているのである。
例えば、かつて「マルサの女」という映画があったが、現実のマルサは男性が
多いはずである。
しかし、映画になると「マルサの女」になってしまう。
女性の持つ商品価値がモノをいった結果である。
同様の現象が、現実の社会で起こっている。
男よりは女を祭り上げたほうが商品価値が高いのである。
例え、実際には、男性が担っている仕事であっても、
顔は女性にしてしまったほうが、話題性・商品性が高いということだ。

「実質は男性が担っているのだから構わない」という考え方もあるだろうが、
私は「辛い部分を男性が背負い、表面上のおいしい部分だけを女性が奪おうとしている」と
考える。
ところで、女性の商品価値は、男性(もっとはっきり言えば、男性の性欲)が支えている。
一方、女性たちは男性に商品価値を与えてはくれない。
それゆえに、女性は、女性であることを売り物に男性の世界に進出出来るが、
男性は、男性であることを売り物に女性の世界に進出できないという不公平が
生じているのではないか?
女性に商品価値を与え続けている限り、「社会の女性びいき」は続くだろう。
一体、男たちは、いつまで、女に商品価値を与え続けるのだろうか。
結果的に損をするのは自分たちだというのに・・・


関連記事:消費社会における男性差別構造を考える>

 

« 政府「男女共同参画」の欺瞞性 | トップページ | 男性としてのプライドが失われるとき »

商業主義批判」カテゴリの記事

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ