« 「女性の時代」とは壮大な炎上商法である。 | トップページ | 互いに矛盾し合った2つの強固な壁によって保護される女性の特権 »

2014年12月22日 (月)

ふざけるな!

私は、女性をずっと羨んできた。
女性は、華やかなショッピングを楽しむ特権を持っている。
私だって、仕事なんか5時で終えて、とっとと退社し、自分を「蝶よ、花よ」と
もてはやしてくれるデパートで買い物を楽しみたかったのだ。
しかし、男の私には、どうやら、それは与えられないものらしい。
悲しくて辛いけど、諦めて、では、自分に与えられるものは何か?と考えると
どうやら、それは「仕事」であるらしい。
そこで、仕方ないから、「では仕事に生きる喜びを見つけようか」となる訳である。
(本当は嫌なんだけど)

ところが。そこでフェミニズムから理不尽な主張がなされる。
「女性が差別されている」と。
そして、政治家がそれに媚びる。「企業の重要な役職の3割を女性にしましょう」
では、代わりに男性に、消費を楽しむ権利をくれるのかというと、
「女性が社会進出するので、女性の消費がこれからもっと重要になります」だと。
ふざけるな!!!!!!!!!
私の怒りは、全く正当なものだと確信している。

« 「女性の時代」とは壮大な炎上商法である。 | トップページ | 互いに矛盾し合った2つの強固な壁によって保護される女性の特権 »

男性差別」カテゴリの記事