« 成人男性が成人男性の論理で動くと「女性・こども」になる。 | トップページ | 「働く女性」と「オヤジギャル」と「ウーマノミクス」 »

2014年12月31日 (水)

雑誌から考える女性優遇

私には、毎月買っている雑誌がある。
「CanCam」と「Anecan」である。(どちらも電子版)
40代後半のおじさんが、20代女性向けのファッション誌を読んでいるというのも不気味だろうが、
それはともかく。
私が、Cancamという雑誌を知ったのは、30年以上前の中学2年の終わりの頃だ。
当時、深夜ラジオで「ミスDJリクエストパレード」という、女子大生がDJを務める番組が
放送されていて、そのスポンサーがCancam(小学館)だったのである。
まだ、創刊されたばかりだった同誌は、現在とはかなり違い、女子大生向け情報雑誌?のような内容だったらしい。
(今は、純ファッション雑誌)
「ミスDJリクエストパレード」のcancamのCMに出てくる素人の女性たちが、
「cancamガールの〇〇が午前1時をお知らせします」と喋るのを聞いて
「いまいち、馬鹿っぽいなー」と思ったのを思い出す。(知的な喋り方ではなかったので)

初めて、Cancamを買ったのは、2002年頃だと思う。当時は、まだamazonが雑誌を扱っておらず、
家の近所の書店で買っていた。
(かなり恥ずかしかった)
そのうち、amazonが雑誌を扱うようになり、amazonで買えるようになったが、そう頻繁には買っていなかった。
かさばるし、男の部屋から女性ファッション雑誌がごみとして出たら変だからである。
今は、毎号買っている。電子版なら安い(500円)し、物理的に場所をとってしまうこともない。

というわけで、私は、Cancam派なのだが、数カ月前、JJ(Cancamと類似の女性
ファッション誌。歴史的には、JJの方が本家。)をちょっと読みたくなってAmazonで
紙のJJを買った。
(JJは、電子版がないので、紙を買うしかない。JJに限らず、光文社の女性誌は
電子版がないので気軽に買えない。まぁ、おじさんに買ってもらえなくても痛くも痒くも
ないだろうが)
そして、届いたJJに触って驚いたのである。
ものすごくいい紙を使っていたからだ。
(いつも買うCancamは電子版なので、紙の質はわからない)
670円という値段で、あんないい紙を使った雑誌を与えられる女性たちは何と優遇されて
いることだろうか。
いい紙を使っているのは、決して偶然ではないと思う。
それだけ、JJの購読者層が、消費者として重視されていることに他ならないのだ。

書店の売り場にもそれが言える。
書店の一番いい場所は、女性向け雑誌のスペースになっていることが極めて多い
のである。

雑誌だけを考えても、こんなにも女性は優遇されているのだ。

« 成人男性が成人男性の論理で動くと「女性・こども」になる。 | トップページ | 「働く女性」と「オヤジギャル」と「ウーマノミクス」 »

男女論」カテゴリの記事

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ