« 大学院を受験したころ | トップページ | 泣く女 »

2015年1月12日 (月)

はじめて「女性専用」に反対したころ

私が、大学に入学してからパソコン通信を始め、それに嵌ってしまったことは、
以前書いた。
ところが、パソコン通信を始めてしばらくして、実に不愉快なことが起こった。
私が常連をしていたネットで「女性専用掲示板」の計画が持ち上がったのである。
私は、商業施設における各種の女性優遇に耐え難い思いをしていた。
しかし「どうしようもない」と、諦観を抱いていたのである。
私は、女性のように商業施設の上客ではないし(つまり、女性のような消費者性がない)、
私がいたからといって、商業施設が華やいだり、マスコミで話題になったりするわけでも
ない(つまり、私には商品性がない)からである。
しかし、常連をしているネットでの「女性専用掲示板」設置には、到底、耐えることが
出来なかった。
私は、女性専用掲示板の設置に大反対した。
当時、私は、男性差別に悩んでいることは秘密にしていたから、それについては
何も言わず、とにかく反対した。
結果、なんとか、女性専用掲示板の設置を撤回させることが出来た。
他の男性の常連は、何故、私が女性専用掲示板の設置に反対するのか、
理解出来ないようであった。
しかし、私の方も、彼らを理解出来ない。
何故、自分の書き込めないような掲示板の設置が不愉快でないのかと。

« 大学院を受験したころ | トップページ | 泣く女 »

男性差別」カテゴリの記事