« 映画:タワーリング・インフェルノ(ねたばれかも?) | トップページ | 「性差別に反対する人は男性であっても女主義者なのです」という性差別思想 »

2015年2月28日 (土)

私は黒人であり、フェミニストは白人である。

時々、男女差別と人種差別を同一視する人がいる。
そして、大概は、女性と黒人を同じと見做すのである。
(もし、女性=黒人だとすれば、フェミニストを攻撃している私は
黒人を攻撃する白人ということになってしまうが、それはとんでもない
誤解である。)
過去にも、私たちとフェミニストが論争しているところに
「女性差別と黒人差別は類似である」と言う人が現れたので、
男性陣営の人が「むしろ、男性の方が黒人である」
と言って、黒人と男性の類似点を挙げたところ、
「あなたは、黒人と男性の表面的な類似点を上げているに過ぎない。
私は、黒人差別と女性差別が同じ性格だと言っているのであって、
表面的な黒人と男性の類似点など意味が無い。例えば、女性に対するDVが
男性に対するDVをはるかに上回っているのは事実である。
もし、男性に対するDVが女性に対するDVを上回ったなら、女性差別と
黒人差別は違うと認めましょう」と自信満々で言うので、
私が「女性に対するDVよりも男性に対するDVの方が多い」という資料を
示したら、黙ってしまったという事があった。

実際、私は、自分(必ずしも男性全員ではない)=黒人、フェミニスト(必ずしも女性全員では
ない)=白人だと考えている。
ここでいう黒人とは、自分の属性(私の場合、男性であること)をスティグマだと感じ、
その自分の属性を肯定的に捉え直そうと一生懸命になっている人を指す。
そして、それの邪魔をするのが白人である。
私は、男性である自分を何とか肯定しようと努力してきた。
ところが、今の世の中に流布している男性像は、私が男性である自分を
肯定できるどころか、吐き気を催すものばかりなのである。
そして、その吐き気を催す男性像の発生源の一つがフェミニズムである。
フェミニストは、「性差別を無くす」と称して差別的な男性像を垂れ流しているではないか。
私=黒人、フェミニスト=白人という位置づけは全く間違っていないと確信している。

« 映画:タワーリング・インフェルノ(ねたばれかも?) | トップページ | 「性差別に反対する人は男性であっても女主義者なのです」という性差別思想 »

フェミニズム・男女共同参画批判」カテゴリの記事