« 合理性のない差別を推進する政府の男女共同参画は違憲である | トップページ | 「女は周回遅れ」か? »

2015年8月30日 (日)

インテリ男性はフェミニズムを支持してナンボである(というアホらしい「常識」について)

比較的最近邦訳されたメンズリブ(正確には、マスキュリズム)書籍として
『男性権力の神話』(ワレン・ファレル著、久米泰介訳、作品社、2014)がある。
著者のワレン・ファレル博士は、非常なインテリなのだが、この本を紹介した
女性ライターの記事にこんなようなことが書いてあった。
「彼のようなインテリ男性でも男性開放を唱えるのである」。
この記述の前提には、「男性開放などインテリ男性の唱えることではない」と
いう意識があるだろう。

では、インテリ男性が支持するべきはなにか?
勿論、フェミニズムである。
逆に言って、フェミニズムを支持できない男性は、インテリとして認定されない恐れがある。
そこで、一生懸命、フェミニズムに媚を売る「自称」インテリ男性が続出することになる。

しかし、フェミニズムを支持したところで、彼らの目的はインテリ「男性」として認定を
受けることである事を忘れてはならないだろう。
彼らは、ひょっとしたら、こういうかも知れない。
「男たちは反省し、女性的価値を認めなければなりません」と。
しかし、彼らが本当は反省もしていなければ、女性的価値も認めていない。
例えば、本当に女性的価値を認めるならば、男性(の領域)に憧れる女性を
認めるのと同じように女性(の領域)に憧れる男性の存在も認めるはずなのである。
ところが、実際に女性(の領域)に憧れる男性を目の当たりにした時の彼らの
典型的反応は
「そんな馬鹿な奴いるはずない」
というものなのである。
その反応の裏には「女(の所有する二流の領域)に憧れる男などいるはずがない」と
いう意識があるだろう。
要するに、彼らは本当は女性的価値など認めていないということだ。
バカバカしいにも程があるとはこのことだろう。

« 合理性のない差別を推進する政府の男女共同参画は違憲である | トップページ | 「女は周回遅れ」か? »

« 合理性のない差別を推進する政府の男女共同参画は違憲である | トップページ | 「女は周回遅れ」か? »

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ

Since 2014

  • Since August 11/2014
    Tokyo,JAPAN