« 是非、車内広告に半裸の男性を! | トップページ | 欲望する側でいなければならない苦しみ »

2016年1月26日 (火)

「儲かれば正義」の人たち

最近、「ニセ団塊ジュニア」というマーケティング用語を知って、呆れた。
(調べたら、結構前からある言葉らしい)
まず、マーケティング業界は、「ホンモノ」という言葉を好む。
しかし、彼らの語る「ホンモノ」ほど、ニセモノ臭のするものはない。
取り敢えず、何か儲かりそうなものを見つければそれを「ホンモノ」と
形容すると考えてよい。
だから、しょっちゅう「ホンモノ」が変わる。
(言うまでもないが、本物のホンモノは、コロコロ変わらない)
マーケティング雑誌で「今度こそホンモノの○○(←儲かりそうなキーワードが入る)の時代だ」と
いうような文句を見るたびに「こないだまで言ってたホンモノはどこへ行っちゃったの?」と
問いかけたくなったものである。(過去形です。近年はマーケティング雑誌とか見ないので)
「ニセ」は言うまでもなく「ホンモノ」の反対であり、彼らにとって否定的な意味を持っている。

「団塊ジュニア」とは、バブル時代に盛んに持て囃されたマーケティング用語である。
団塊とは、終戦後のベビーブーム世代を指し、ジュニアとは子供を指す。
団塊ジュニアとは、つまり、「戦後ベビーブームで生まれた世代の子供」という意味である。
バブルの頃、私の読んでいたマーケティング雑誌は「女性」と「団塊ジュニア」の話で終始していた。

ところが、「ニセ団塊ジュニア」という言葉の登場である。
かつて「団塊ジュニア」と呼んで持て囃した人々に、今度は「ニセ団塊ジュニア」という
蔑称(?)を付けたのである。
「団塊ジュニア」と持て囃した人達は、実際には団塊ジュニアではなかったという。
(本当の団塊ジュニアより、年上の世代であったとしている)
「ニセ団塊ジュニア」という言葉の登場は、つまり団塊ジュニアと呼ばれた世代が
儲からない世代になったということである。
しかし、彼らは、彼らが「団塊ジュニア」と呼んだ世代が実は団塊世代の子供では
ないことに今頃、気づいたのだろうか?
いや、「団塊ジュニア」という言葉を盛んに使っていた頃から、そんなことは分かっていた
はずである。
分かっていて、「団塊ジュニア」という言葉を使い続けた。
なぜなら、儲かる言葉だったからである。彼らにとっては、儲かれば「ホンモノ」なのだ。
以前も書いたが、「儲かれば正義」、「儲かれば、嘘も真」の人達なのである。

80年代末期(バブルが極まった頃)に彼らが好んだ言葉に「ゴールデンナインティーズ」というものがあった。
「黄金の90年代」という意味で、要するに「バラ色の未来が待っている」ということである。
しかし、実際の90年代は「ゴールデン」どころか「ブラックナインティーズ」だった。
では、「ゴールデンナインティーズ」と連呼したのに、実際には「ブラックナインディーズ」だった事で
彼らは損害を被っただろうか?
実は、何も損をしていない。
「ゴールデンナインティーズ」という言葉は、90年代に儲ける為のキーワードではなく、
80年代末期のバブルの極まった日本でこの言葉を使えば儲かる、というキーワードだったのである。
そして、彼らはこの言葉で大儲けした。
つまり、ちゃんと目的は達成したのである。
だから、実際の90年代がゴールデンだろうが、ブラックだろうが問題はないのだ。
(勿論、90年代にも好景気が続けば、それに越したことはないだろうが、
もし、そうなった場合でも、90年代に最早「ゴールデンナインティーズ」という言葉は
使わないだろう。90年代には、既に「ゴールデンナインティーズ」という言葉は
商品として陳腐化しているからだ)

そして、彼らに手っ取り早く、確実に儲けをもたらしてくれるのが「女性」という存在である。
儲かれば正義、すなわち、「女性が正義」なのだ。
例えば、かつて彼らは「働く女性」という言葉を連呼していた。
いつか、「働く女性」という言葉が儲からない言葉になった時、彼らは
平然とこう言い出すだろう。
「働く女性っていうキーワードが持て囃されたことがあったけど、
あれって、ニセ働く女性だったよね」と。
(2016/03/22 一部修正・追加)

« 是非、車内広告に半裸の男性を! | トップページ | 欲望する側でいなければならない苦しみ »

商業主義批判」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599083/63122922

この記事へのトラックバック一覧です: 「儲かれば正義」の人たち:

« 是非、車内広告に半裸の男性を! | トップページ | 欲望する側でいなければならない苦しみ »

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ