« フェミニズムは女性指導者を増やせという要求をやめて、指導者がいない社会を作る運動をするべきである。 | トップページ | 「儲かれば正義」の人たち »

2016年1月21日 (木)

是非、車内広告に半裸の男性を!

時々、電車内などでの肌を露わにした女性を使った広告への嫌悪を表明する
フェミニストがいる。
その感覚は私としても分からない訳ではない。
だが決まって彼女たちがする「男性だって、電車の広告が半裸の男性だったら
嫌でしょう?」という問いかけにはこう答える。
「いいえ、嫌ではありません」と。

半裸の女性が広告になるのは、女性の裸が美しくエロチックだからである。
(勿論、特に男性誌の広告おいては男性の性欲を刺激する目的もあるだろう。)
私は、自分の肉体に美しくエロチックな存在であって欲しいから、
電車内の半裸の男性の広告は大歓迎である。

また、今日、都会の主役は女性(特に若い女性)で、私はそのことに不快感を
持っているのだが、都会の主役が若い女性であるということと、
電車内の広告に肌を露わにした若い女性があしらわれることの間には
深いつながりがある。
もし、電車内の広告に半裸の若い男性が当たり前に使われる時代になれば
きっと、都会の主役は若い男性になるだろう。
都会は、若い男性が魅力的な自分を見せびらかす為の舞台になるだろう。
そして、商業施設は、若い男性が自分を飾るための衣服やアクセサリーを買うための
場所になり、商業施設の経営者は、いかに若い男性を集客するかに血眼になるので
ある。

どこに嫌がる理由がある?
むしろ大歓迎である。

« フェミニズムは女性指導者を増やせという要求をやめて、指導者がいない社会を作る運動をするべきである。 | トップページ | 「儲かれば正義」の人たち »

男女論」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599083/63099814

この記事へのトラックバック一覧です: 是非、車内広告に半裸の男性を!:

« フェミニズムは女性指導者を増やせという要求をやめて、指導者がいない社会を作る運動をするべきである。 | トップページ | 「儲かれば正義」の人たち »

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ