« メイル・フェミニズム | トップページ | 是非、車内広告に半裸の男性を! »

2016年1月18日 (月)

フェミニズムは女性指導者を増やせという要求をやめて、指導者がいない社会を作る運動をするべきである。

フェミニストに「戦争へ男ばかりがいかなければならないのは男性差別だ」と
いうと、こういう答えが帰ってくるだろう。
「戦争は男が起こしている」
或いは、
「戦争が悪いのだから、女を戦争に送るというのではなく、戦争を
無くすという方向で考えるべきだ」
どちらも、詭弁なのだが、今回は、後者について。
戦争は確かに悪いものだが、男女平等の観点からかんがえれば、
まず男女平等に戦争に行くようにして、それから、男女共通の課題として
戦争を無くすことを考えるべきである。
ところが、彼女たちの「戦争が悪い」は、男性差別を糊塗するための屁理屈でしかない。
一体、いつのことだか分からない戦争がなくなる時まで、男だけが戦場に行き続ける
羽目になり、しかも、彼女たちは戦争を無くすために何かするのかというと、
何もしないのである。(するとすれば、「戦争で如何に女性が酷い目に合うか」という
女性差別糾弾だけである。)

そこで、私も提案したい。
「フェミニズムは、指導者(権力者)の女性を増やせという要求ではなく、
指導者(権力者)がいない世の中を目指す運動をしろ」と。
本来、権力者などおらず、皆平等のほうが理想的なはずだからである。
(少なくとも、左翼思想においては)
ただし、指導者(権力者)がいない世の中になるまでは、男性が指導者を独占するし、
権力者を不要にするために、男性が何かをするかというと何もしない。
この理屈で何の問題もない筈だ。
彼女たちの理屈をひっくり返しただけなのだから。

P.S. そうそう、「戦争へ男ばかりが行かなければならないのは男性差別だ」という
私の抗議に「戦場も、そうでないところも危険なのは同じなのです」という訳のわからない
返答をよこしたフェミニストもいたのを思い出した。
「危険性が同じなら、戦場へ行けばいい」と言ったら、黙ってしまったが。

« メイル・フェミニズム | トップページ | 是非、車内広告に半裸の男性を! »

フェミニズム・男女共同参画批判」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599083/63085204

この記事へのトラックバック一覧です: フェミニズムは女性指導者を増やせという要求をやめて、指導者がいない社会を作る運動をするべきである。:

« メイル・フェミニズム | トップページ | 是非、車内広告に半裸の男性を! »

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ