« 「儲かれば正義」の人たち | トップページ | 映画:ナインハーフ »

2016年2月16日 (火)

欲望する側でいなければならない苦しみ

私は、(一応)、異性愛者である。
だから、女性に欲望する。
だが、欲望しながら、欲望した相手の女性に嫉妬してしまうのだ。
彼女は、欲望されている。(他でもない、私が欲望している。)
彼女は、魅力的だ(他でもない、私が魅力的だと感じている)。
しかし、私自身は、欲望もされなければ、魅力的ともみなされない存在なのだ。
私だって、他人から欲望される魅力的な存在になりたかったのに・・・
このようにして、色気づいた頃から私の女性への羨望感は更に深まっていったのだった・・・。

« 「儲かれば正義」の人たち | トップページ | 映画:ナインハーフ »

女性羨望・私の性」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599083/63220793

この記事へのトラックバック一覧です: 欲望する側でいなければならない苦しみ:

« 「儲かれば正義」の人たち | トップページ | 映画:ナインハーフ »

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ