« 精神科で女医から「男性患者だから」という理由でドア開け診療を強要された | トップページ | 商業における女性優遇は正当ではない。 »

2016年3月28日 (月)

女性の肉体の神秘に対する羨望(書きかけ)

15年くらい前、フェミニストのグループとインターネット上で論争をしたことがある。
その時、フェミニストの一人が私に言った。
「あなたは、女を羨ましがっているみたいだけど、女には月経があるのよ。
あなたは、耐えられるの?」と。
彼女の着眼点は鋭い。
ただし、完全に方向が逆である。
私は月経を「耐える」というマイナスのものとは考えていなかったからだ。
私は、中学生くらいの頃からずっと女性の月経を羨んでいたのだ。

(この項書きかけ)

« 精神科で女医から「男性患者だから」という理由でドア開け診療を強要された | トップページ | 商業における女性優遇は正当ではない。 »

女性羨望・私の性」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599083/63405492

この記事へのトラックバック一覧です: 女性の肉体の神秘に対する羨望(書きかけ):

« 精神科で女医から「男性患者だから」という理由でドア開け診療を強要された | トップページ | 商業における女性優遇は正当ではない。 »