« 欲望する側でいなければならない苦しみ | トップページ | 「女性は神聖にして侵すべからず」 »

2016年3月 5日 (土)

映画:ナインハーフ

ナインハーフは、1980年代のアメリカ映画である。
若い男女が出会って別れるまでの9週間半(Nine and Half Weeks)を
描いている。
この映画について、新聞でこういうレビューを読んだことがある。
「女が男の思うがままにされてしまう、女性蔑視映画」と。
恐らく、そういう評価をすれば無難なのであろう。
間違っても、私のように「女になって、目隠しをされ、自分の美しい肉体を
氷でやさしく嬲られる体験をしたい」などと感じてはいけないのである。
(映画中にそういうシーンがある)

« 欲望する側でいなければならない苦しみ | トップページ | 「女性は神聖にして侵すべからず」 »

映画・小説・音楽・コミック」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599083/63300238

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:ナインハーフ:

« 欲望する側でいなければならない苦しみ | トップページ | 「女性は神聖にして侵すべからず」 »

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ