« 日々是ストレス | トップページ | 男性は「絵にならない存在」のままでいいのか? 前編 »

2016年5月26日 (木)

「女アゲの男が出世する」という「危険なゲーム」

現代社会において、「女を褒めそやす男が出世できる」と言う逆説が生じている。
商業界においては「これからは女性の時代です」と言う男が出世できる。
学問の世界においては「これまで女性の人権は無視されてきました。ですから、
女性の人権を大事にしなければなりません」と言ったほうが「男性学者として」
出世できるのである。
本当は女性の権利などどうでもいいと思っているであろう首相が
「女性が輝く」を連呼するのも、その辺りに原因があるだろう。
実際、いつも、首相を批判しているマスメディアが、首相が「女性が輝く」と
言った途端黙り込んでしまう風景は壮観ですらある。
(マスメディア内部にも「女性をおすと出世できる」(転じて「女性に否定的なことを
いうと出世できない)という法則が存在するためであろう)

だが、これは危険なゲームだ。
女性アゲの男性が出世できるという状況の結果、各種の女性優遇が生まれ、
それが男性自らの首を絞めるからである。

関連記事 :
「女性は神聖にして侵すべからず」

成人男性が成人男性の論理で動くと「女性・こども」になる。      

« 日々是ストレス | トップページ | 男性は「絵にならない存在」のままでいいのか? 前編 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599083/63688123

この記事へのトラックバック一覧です: 「女アゲの男が出世する」という「危険なゲーム」:

« 日々是ストレス | トップページ | 男性は「絵にならない存在」のままでいいのか? 前編 »