« 私の女性羨望(1) | トップページ | 新書籍紹介: 『広がるミサンドリー(仮)』 »

2016年7月23日 (土)

例え話

とても豊かで美しい土地を持つA国を、貧しく汚い土地しかないが、力と征服欲だけは
強いB国が征服しました。A国の美しさは、B国の征服欲を掻き立てたのです。
という訳で、征服者はB国、被征服者はA国なのですが、
では価値があるのは一体どちらの国なのでしょう?
私は、勿論、A国だと答えます。
言うまでもなく、A国が女で、B国が男です。
私は、B国民として、美しいA国を征服することに満足するのではなく、
B国自体に美しく豊かな国になってもらいたいのです。

« 私の女性羨望(1) | トップページ | 新書籍紹介: 『広がるミサンドリー(仮)』 »

男女論」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599083/63952927

この記事へのトラックバック一覧です: 例え話:

« 私の女性羨望(1) | トップページ | 新書籍紹介: 『広がるミサンドリー(仮)』 »