« コミック:「11人いる!」 | トップページ | 男性に対しては保守の論理を適用するリベラル主義者 »

2016年8月24日 (水)

雑誌記事:PENTHOUSE日本版1987年11月号 ワレン・ファレル博士

蔵書を整理していたら、バブル初期の男性誌(PENTHOUSE日本版1987年11月号)が
出てきた。
パラパラめくっていたら、ちょっとびっくりするような人の記事が。
ワレン・ファレル博士・・・
そう、マスキュリズムの大書『男性権力の神話』の著者である。
(『男性権力の神話』は、1993年頃の出版である)
博士は、当時、43歳。今の私よりも若い。
中身を読んでみると、まだそれほど、マスキュリズム的主張は前面に出ていない。
どちらかといえば、メイルフェミニスト的な主張に近い。
(博士は、もともと、NOW(アメリカのフェミニズム団体)の唯一の男性評議員であった)
だが、その後の、主張の萌芽と感じられることも書いてある。
「女性が美しさを磨くのは、男性の持っている経済力を手に入れようとするためで
女性が無力な証拠である。しかし、男性もまた無力であり、「(肉体的な)力」、
「経済力」、「主導権」を持たなければならないのである。
「経済力」や「積極性」を女性に要求し、恋人に対して「そうしてくれなければ
別れるよ」といえるような男性こそ、新しい男性である」
というような内容である。
興味のある方はご覧になってはいかがだろうか。
(因みに、1ページだけの記事である)

なお、その反対側のページは、コンドームの広告で、お腹の大きいマタニティ姿の
男性が3人写り、コピーは「男も妊娠すればいいんだ。」とある。
コンドームの広告であることからも分かるように、「男も妊娠すればいいんだ」は
一種の逆説・反語である。
だが、私は、大真面目にこう答える。
「はい、男(私)も妊娠したいです。」と。

« コミック:「11人いる!」 | トップページ | 男性に対しては保守の論理を適用するリベラル主義者 »

放送番組・雑誌記事・広告」カテゴリの記事

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ