« 「男性服で女っぷりを上げる」はアリなのに「女性服で男っぷりを上げる」はナシか? | トップページ | 女を利用する「保守」 »

2016年11月 2日 (水)

「女性の権利」と「低所得者の権利」は同じか?

世の中で「女性の権利」という時の「あるある」が
「女子供扱いされない権利」と「女子供として保護される権利」の
混同である。
これらは、互いに相容れないはずなのだが、セットで「女性の権利」として
尊重することを求められる。
それを受け入れられない男性は寛容を装うリベラル派から「ホシュハンドー」と
呼ばれることだろう。

では、どうして互いに相容れない筈のものが、ワンセットになりうるのだろうか。
彼ら(リベラル派)にしてみれば、「女性の権利」と「低所得者の権利」は
似たようなものである。
低所得者であっても、中高所得者が持っている権利の享受を保証されるべきであり
(≒女子供扱いされない権利)
且つ、低所得者としての保護(例えば、生活保護のような)も与えるべき
(≒女子供として保護される権利)
という訳だ。

だが、私に言わせれば、女性は低所得者と同じではない。
私は、女性はとてもリッチ(豊か、金持ち)な存在だと感じているからだ。
寛容とは「上の者が下の者に示す余裕」である。
女性の方がリッチ(上)で、男性の方がプア(下)だと感じている私が、
どうして、女性に対する寛容を示すことが出来るだろうか?

関連記事:「女は周回遅れ」か?

« 「男性服で女っぷりを上げる」はアリなのに「女性服で男っぷりを上げる」はナシか? | トップページ | 女を利用する「保守」 »

リベラル主義批判」カテゴリの記事

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ