« 赤毛のアン | トップページ | 男性差別は人生の虫歯である。 »

2017年3月25日 (土)

小田急線を例に考える「主力は男、主役は女」

東京に小田急線という私鉄が走っている。
小田急線には2タイプの電車がある。
主力の通勤形電車と特急ロマンスカーである。

通勤形電車は、昔は白く塗装されていたが、今は、銀色の金属むき出しで走っている。
昔の電車は鋼鉄製で色を塗らないと錆びてしまったのだが、現在の通勤形電車は
錆びないステンレスでできているので、色を塗る必要がないのである。
通勤形電車の正面デザインは、何の工夫もない、のっぺらぼうデザインである。
変に凝ったデザインにしてしまうと製造費用がかかる上に、メインテナンスが大変なのだ。
客室の窓カーテンもいつの間にか無くなってしまった。
窓にUVカットガラスを採用することにより、メンテナンスに手間暇のかかるカーテンを
無くしたのである。
客室の照明はもちろん直接照明で蛍光灯がむき出しである。
車号表示も今ではプレートから安っぽいシールに変わった。
通勤形電車は、小田急線の主力として、効率よく働き、大量の人を運ぶために
このような合理化を進めてきたのである。

それに対して、ロマンスカーは、今でも塗装をしている。
正面デザインも流線型である。
室内は、華美な装飾が施され、間接照明で、勿論、カーテンもついている。
メンテナンスは、かなり手間暇がかかるだろう。
しかし、だからこそ、ロマンスカーは小田急線の主役として君臨できるのである。

例え小田急線の主力として小田急線利用者の大半を運んでいるのが通勤形電車だと
しても、主役はロマンスカーなのである。

もちろん、男女で言えば、通勤形電車が男、ロマンスカーが女である。
「主力は男だが主役は女」なのだ。
違うだろうか?
一体、通勤形電車(男)が、小田急線(社会)の主力だからと言って、そのために
車体(肉体)の合理化ばかりをする羽目になって、どんどん安っぽくなってゆき、
一方で、ロマンスカー(女)は豪華で華美な存在として、持て囃されるという状況下で、
通勤形電車(男)が優位で、ロマンスカー(女)が劣位であるといえるのだろうか?

« 赤毛のアン | トップページ | 男性差別は人生の虫歯である。 »

男女論」カテゴリの記事

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ