« 音楽:ジョン・レノン(John Lennon) "Woman is the nigger of the world" | トップページ | 「女性の性の商品化」の最大の顧客は女性自身である。 »

2017年4月 9日 (日)

男性の人権について -1-

今日、「人権」は価値観と言うよりは、価値観の上に立って価値観同士を調整する
メタ価値観である。(*注1)
世界に70億人の人がいるならば、70億通りの価値観、常識、「あるべき社会像」があり、
その70億通りの価値観の間にどれが正しいとか間違ってるとかどれが上とか下とかの
関係は無い。
しかし、70億通りの価値観に対して、「世の中」は一つしかないのだ。
だから、価値観の調整が必要となる。
そして、現代において、その価値観の相違の調整弁を担うのが「人権」という概念である。

「人権」という言葉、概念は保守的な人が目の敵にしがちだが、保守的な人が自らの
意思で保守的に生きるのならば、人権とは何の衝突も起きない。
それどころか、その人には「保守的に生きる人権」があるとさえ言えるのである。
但し、公的関係において、価値観の異なる他人に対して、自分の価値観を具体的な
法律や制度(例えば女性専用車両のような)として強制しようとした時には「人権侵害」と
いう観念が発動される。
(例えば、保守主義者は、選択的夫婦別姓制度の導入を嫌う(人が多い)が、
自らの意思で夫婦同姓を選ぶ分には何の問題もない。
但し、それを価値観の異なる(夫婦別姓にしたいと考えている)人が存在する以上、
夫婦同姓を強制する現在の法律は人権的に問題があるといえるだろう。)

人権がメタ価値観として機能している世の中で、人権が特定の価値観(例えば
フェミニズム)に与することがあってはならない。
人権侵害か否かは、飽くまで客観的事実(公的制度に特定の価値観を持ち込み、
他の価値観を排除していないかどうか)によって判断されなければならない。
例えば

男が女を殴る・・・言うまでもなく男が悪い
女が男を殴る・・・男が悪いに決まってるだろー

などいうダブルスタンダードを公的制度にしてしまってはならないのだ。
(ややこしいことだが、この種の女性優先主義的ダブルスタンダードは、フェミニズムに
よっても、フェミニズムに対立する男性優越主義によっても肯定される)

つづく

*注1
例えば、本来「人権」という概念が嫌いな保守系の人が、外国(例えば中国)を非難する
時に「人権」という言葉を用いるのは、人権が現代の「メタ価値観」だからである。

« 音楽:ジョン・レノン(John Lennon) "Woman is the nigger of the world" | トップページ | 「女性の性の商品化」の最大の顧客は女性自身である。 »

男性差別」カテゴリの記事

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ