« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017年4月 9日 (日)

男性の人権について -1-

今日、「人権」は価値観と言うよりは、価値観の上に立って価値観同士を調整する
メタ価値観である。(*注1)
世界に70億人の人がいるならば、70億通りの価値観、常識、「あるべき社会像」があり、
その70億通りの価値観の間にどれが正しいとか間違ってるとかどれが上とか下とかの
関係は無い。
しかし、70億通りの価値観に対して、「世の中」は一つしかないのだ。
だから、価値観の調整が必要となる。
そして、現代において、その価値観の相違の調整弁を担うのが「人権」という概念である。

「人権」という言葉、概念は保守的な人が目の敵にしがちだが、保守的な人が自らの
意思で保守的に生きるのならば、人権とは何の衝突も起きない。
それどころか、その人には「保守的に生きる人権」があるとさえ言えるのである。
但し、公的関係において、価値観の異なる他人に対して、自分の価値観を具体的な
法律や制度(例えば女性専用車両のような)として強制しようとした時には「人権侵害」と
いう観念が発動される。
(例えば、保守主義者は、選択的夫婦別姓制度の導入を嫌う(人が多い)が、
自らの意思で夫婦同姓を選ぶ分には何の問題もない。
但し、それを価値観の異なる(夫婦別姓にしたいと考えている)人が存在する以上、
夫婦同姓を強制する現在の法律は人権的に問題があるといえるだろう。)

人権がメタ価値観として機能している世の中で、人権が特定の価値観(例えば
フェミニズム)に与することがあってはならない。
人権侵害か否かは、飽くまで客観的事実(公的制度に特定の価値観を持ち込み、
他の価値観を排除していないかどうか)によって判断されなければならない。
例えば

男が女を殴る・・・言うまでもなく男が悪い
女が男を殴る・・・男が悪いに決まってるだろー

などいうダブルスタンダードを公的制度にしてしまってはならないのだ。
(ややこしいことだが、この種の女性優先主義的ダブルスタンダードは、フェミニズムに
よっても、フェミニズムに対立する男性優越主義によっても肯定される)

つづく

*注1
例えば、本来「人権」という概念が嫌いな保守系の人が、外国(例えば中国)を非難する
時に「人権」という言葉を用いるのは、人権が現代の「メタ価値観」だからである。

2017年4月 5日 (水)

音楽:ジョン・レノン(John Lennon) "Woman is the nigger of the world"

男性解放運動が女性解放運動より一層困難なのは
「人種差別と男女差別は違う」ということを人々に理解させることから
始めなければならないからである。
人種差別と男女差別を混同する人は多い。
そして、99%の人は男性=白人、女性=黒人という思い込みをしてしまうのである。
(そして、勿論、フェミニズムや「自称」男性学(実態は男性フェミニズム)は、
その思い込みを利用しようとする)

私が10代の頃に読んだ本には「在日朝鮮人男性は日本社会における
在日朝鮮人差別に怒るのに、家庭の中では女性(妻)を差別する」と言うようなことが
書いてあって、私はとても腹を立てた。
「在日朝鮮人差別と女性差別を一緒くたにするな」と。
(この場合、人種差別というよりは民族差別だが)

それと同じ文脈で批判されなければならないのが
ジョン・レノンの Woman is the nigger of the worldという曲である。
1970年代前半の曲で、勿論、1970年代のウーマンリブの影響を受けて書かれた曲で
ある。
邦題は「女は世界の奴隷か!」となっているが、niggerが黒人の蔑称であることは
言うまでもない。直訳すれば、「女は世界の黒人(の蔑称)である」となるだろう。
歌詞に
We make her paint her face and dance

とあるが、これは化粧と「有色」を引っ掛けていると思われる。
男は女に色を塗らせて(化粧をさせて)黒人にしている、という訳だ。

私はジョン・レノンは嫌いではないのだが、この曲の「独りよがり反省」は、
現代日本における「自称」男性学と共通であり(つまり「自称」男性学は
40年以上前のアメリカウーマンリブから全く進歩していないということだ)、
ただただ不快である。
ところで、歌詞に、

We insult her every day on TV
And wonder why she has no guts or confidence
我々(男)は、女性を毎日テレビで侮辱し、何で女には根性がないんだと嘆く

とある。
全く皮肉な歌詞である。
なぜなら、私は、1980年代から1990年代にかけて、しばしばテレビで女が男を侮辱し、
女が男に「男のくせに根性なし!」と罵倒するのを見てきたからだ。

だから、私は、天国のジョンにこの曲の題の変更を提案をしたい。
Man is the nigger of the world
(男は世界の黒人である)
と。

2017年4月 2日 (日)

言葉の罠:「弱者男性」と「弱者女性」

はじめに断っておくが、私は自分自身の言葉としては、「弱者男性」という言葉も
「弱者女性」という言葉も使わない。
しかし、それらの言葉を使う人々のことを考えていてふと思った。
「弱者男性」という言葉には「男性としては例外的な弱者」というニュアンスが
込められている場合が多い。
それに対して「弱者女性」という場合、「女性全体が弱者」というニュアンスとなる。
このちょっとした言葉の使い方の裏に潜む罠に気をつけるべきであろう。

男性差別は人生の虫歯である。

突然だが、私にとって、男性差別は「人生の虫歯」である。

読者には意味不明かもしれないので説明したい。
虫歯が痛くなった時、気にすれば気にするほど、痛くなっていく。
気にしないようにするのが、対症療法としては一番いいのである。
しかし、気にしないでいることによって虫歯が治るのかというと、
勿論、そんなことはない。
逆に、放置することによって、虫歯はどんどん悪化していく。

男性差別も、それと似ている。
痛み出しても、意図的に痛みから意識をそらし、気にしないようにすれば
その場はしのげる。
しかし、次に痛くなった時、男性差別という虫歯は、確実に悪化しているのである。

« 2017年3月 | トップページ