« 小田急線を例に考える「主力は男、主役は女」 | トップページ | 言葉の罠:「弱者男性」と「弱者女性」 »

2017年4月 2日 (日)

男性差別は人生の虫歯である。

突然だが、私にとって、男性差別は「人生の虫歯」である。

読者には意味不明かもしれないので説明したい。
虫歯が痛くなった時、気にすれば気にするほど、痛くなっていく。
気にしないようにするのが、対症療法としては一番いいのである。
しかし、気にしないでいることによって虫歯が治るのかというと、
勿論、そんなことはない。
逆に、放置することによって、虫歯はどんどん悪化していく。

男性差別も、それと似ている。
痛み出しても、意図的に痛みから意識をそらし、気にしないようにすれば
その場はしのげる。
しかし、次に痛くなった時、男性差別という虫歯は、確実に悪化しているのである。

« 小田急線を例に考える「主力は男、主役は女」 | トップページ | 言葉の罠:「弱者男性」と「弱者女性」 »

短文」カテゴリの記事