« 男性の人権について -2- | トップページ | 「男の生きづらさ」という言葉を使って男性を侮辱するエセ男性学(2016年7月17日付朝日新聞星野智幸氏の書評を題材に) »

2017年8月25日 (金)

日本の自称「男性学」はフェミニズムの傀儡である。

ジャーナリストの下村満子氏が、1980年代前半から90年代始め頃にかけて、
アメリカにおける男性運動についての本を書いている。
その下村氏の本の中で、私が1980年代末頃に図書館で出会い、
大きな影響を受けたのが、『アメリカの男たちはいま』(朝日新聞社、1982)である。
この本の中で、下村氏はアメリカに於いてメンズリブを主張する人たちを4つに
分類している。

--引用--
第一は、「離婚した父親たち」の運動。
第二は、フレッドに代表されるような「男の開放」を父親の問題に限定せず、
もっと根本的な「男の在り方」の問題までつきつめようとするグループ。
第三は、メール・フェミニスト(女性開放を支援する男)とよばれる人びとで、
「女性たちがいうとおり、男は長い間、女性の権利を抑えつけてきた。だから、
男性開放とは、そうした過去への贖罪として、女性運動を支援することにある」と
考えている男たち。
第四は、その反対で、「女は家庭に帰れ。男は権威と力を取り戻せ!」と叫ぶ
男権主義者たち、である。
--引用終わり--

「アメリカの男たちはいま」は、この4つのうちの一(離婚した父親の権利運動)と
二(「男の開放」を「男の在り方」の問題まで突き詰めるグループ)に焦点を絞る。
(加えて、急増するアメリカの男性同性愛者事情についても、かなりのページを
割いている)
四(保守的男権主義者)については、批判的に少し触れているが、
三の「メール・フェミニスト」については、全く触れていない。
恐らく著者の下村満子は、「アメリカの男性運動をテーマにした本」の中で
「メール・フェミニスト」に触れる意味はないと考えたのであろう。
(フェミニストの一流派としてなら、考察する意味を見出すかもしれないが)

では、1990年代中頃から日本において「メンズリブ」とか「男性学」と自称し、
活動している伊藤公雄を始めとする人達は、上の分類では、どれに該当するのであろうか。
これが明確に3の「メール・フェミニスト」なのである。
下村氏が「男性運動」として扱うには値しないと考えた(と推測される)メール・
フェミニストが日本では大手を振っているのである。
彼らは「男の生きづらさ」などという、いかにも男性に対して理解ありげな言葉を使う。
しかし、きちんと読めば「男は被害者だから生きづらい」のではなく、
「男は加害者だから生きづらい」いう意味であることに気付くだろう。
(「加害者扱いされているが実は被害者である」とかそういうニュアンスではない)
「加害者として反省し、フェミニズムの言うことを聞けば「男の生きづらさ」から
開放されます」というその内容は、私に言わせれば「ふざけている」としか言いようがないものだ。
日本における「男性学」ほど男性をバカにした言説はないであろう。
男性を侮辱する言説が「男性学」と自称し、まかり通っていることがとても腹立たしい。

しかし、男性であることに悩んでいる人が、図書館や書店に行って見つける本は、
彼らの本である確率が非常に高いのが実情である。
彼らの本を読むと、どことなく、新興宗教の入信セミナー的な「嘘っぽい
アットホーム感」が漂っている。
「男性である」ということで悩んでいる人が、それらのエセ男性学(フェミニズムの
傀儡男性学)に「入信」してしまうことのないよう祈るばかりだ。

« 男性の人権について -2- | トップページ | 「男の生きづらさ」という言葉を使って男性を侮辱するエセ男性学(2016年7月17日付朝日新聞星野智幸氏の書評を題材に) »

エセ男性学批判」カテゴリの記事

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ