« 日本の自称「男性学」はフェミニズムの傀儡である。 | トップページ | 緊急アップロード:元SEALDs 諏訪原健氏「女性専用車両は男性差別という社会風土の弊害」を読んで »

2017年9月 5日 (火)

「男の生きづらさ」という言葉を使って男性を侮辱するエセ男性学(2016年7月17日付朝日新聞星野智幸氏の書評を題材に)

前回、日本のエセ男性学のいう「男の生きづらさ」とは、「被害者の生きづらさ」では
なく、「加害者の生きづらさ」であるということを批判した。
読者の中には、例え、加害者扱いであるにせよ「男の生きづらさ」を問題にしている
のだから男性にとっていいことではないか?と考える人がいるかもしれない。
今回は、その点について考えたい。
題材は、朝日新聞2016年7月17日付に掲載された書評である。
小説家の星野智幸氏による多賀太著『男子問題の時代?』の書評で、
題名は「男たちの「生きづらさ」を考える」である。
(いきなり、彼らのお題目である「男たちの生きづらさ」という文言で始まる
タイトルに思わず苦笑)
なお、お断りしておくが、私自身は多賀太氏の著作は読んでいない。
この文章は、飽くまでも、星野智幸氏の書評に対するものである。
以下、星野氏の書評を引用する。

>「女性専用車は男性差別です」とプラカードを掲げて、女性専用車両に乗り込んで
>くる男性がまれにいる。なぜ、そんな不快なことをするのだろうか。
>それで自分の生きづらさが変わるわけでもあるまいに。
>基本的に、この手の暴力行為は、現在の男たちが抱える生きづらさへの恨みや
>不満から、生まれている。

「男たちが抱える生きづらさ」という、いかにも男性に対して理解を示すが如き
言葉を使いながら、男性が抗議の意志を示して女性専用車両に乗ることを
「不快なこと」「暴力行為」と断定している。
(女性専用車両そのものが「男の生きづらさ」を増しているのに、それには全く触れない)
多くの人がすぐに気づくことだろうが、男性が女性専用車両に乗る行為は暴力行為では
ない。

私は、女性専用車両が始まった頃、抗議の意思を示すために、警備していた駅員に
「私は男性だが女性専用車両に乗ります」と断った上で、女性専用車両に乗ろうとして、
数人の駅員によって、無理矢理強制排除された経験がある。
(私は、当時、大学院予備校と大学院で「人権」について学んだ直後だったから、
駅員たちは私を乗せるだろうと考えていた。何故なら「男性である」というのは自らは
選べない属性であり、自ら選択出来ない属性によって、電車という公共交通機関の
車両に乗せないとしたら、それは人権侵害になるからだ。)
駅員の強制排除によって私は怪我をした。
ズボンのベルトも切れてしまった。
それ以上に、精神的なショックが大きく、私は、あれから十数年経った今でも、
その時のショックを引きずりながら生きているのである。
(電車に貼られた「女性専用車両」のステッカーを見るとあの時の怒りと悲しみが
フラッシュバックする。)
私が女性専用車両に乗ろうとした行為は暴力行為ではない。
私を強制排除し、怪我をさせ、大きな精神的ショックを与えた駅員たちの行為が
暴力行為である。
星野氏の言説は、私を含む女性専用車両に抗議乗車する男性に対する侮辱である。
一経験者としていうが、男性が敢えて女性専用車両に乗るというのは、
大変に勇気のいる行動なのである。
本当の男性学なら、むしろその勇気を賞賛するべきではないか。

ローザ・パークスというアメリカの公民権運動を語る上で欠かせない女性がいる(故人)。
彼女は、アメリカの黒人女性で1950年代にアメリカの公共バスに於ける白人優先に
抗議し、白人に席を譲ることを拒否して逮捕された。
彼女が白人に席を譲らなかったことは暴力行為ではない。
彼女を逮捕した警官達の行為が暴力行為である。
もし、黒人学と自称する人たちが彼女の行為を「不快な暴力行為」と決めつけたら、
多くの人はこう考えるだろう。
「黒人学を詐称する白人優越主義なんじゃないの?」と。
同じ批判を受けなければならないのが、日本の男性学である。

上に掲げた引用文以降で星野氏が開陳している考え方は、以下のようなものだ。
男性が女性を抑圧して、現在の社会を造った。
(つまり、抑圧者が男性で、被抑圧者が女性)
しかし、男はしょうもない生き物なので、ひどい世の中しか作ることができず、
一部の男性が旨味を独占し、男でありながら、旨味を享受できない男達が出てきた。
男が女性専用車両に抗議乗車するという行為は、男でありながら、男の旨みに預かれ
ない男が被差別者である女性に対して行う、言わば八つ当たりである・・・

ひどい決めつけである。
例えば、私は男でありながら男社会の旨味に預かれず、その八つ当たりの為に、
女性専用車両に乗車しようとしたのであろうか?
断固として違う。
私は、特に思春期以降、自分の欲しいものを全て女性に奪われるという経験を
してきた。
残った数少ないものが、電車である。
バブル期の趣味男性に対するオタク扱い(私の場合は鉄道オタク扱い)に
耐え難い思いをしながらも、私は電車を愛してきた。
(一方、そのバブル期に、私と同世代の女性達は、「蝶よ花よ」と持て囃されていた)
その電車の中に女性の特権的スペースができることに私は耐えられなかった
のである。

そして、もう一つ指摘したい。
星野氏の言説にそっくりのイデオロギーを私は知っている。
ラジカル・フェミニズムである。
「男が女性を抑圧し、ひどい社会を創った。そして、男でありながら、男社会の旨味に
預かれない男が、被差別者である女性に八つ当りをしている」というのは、
そっくりそのままラジカル・フェミニズムの論理である。
星野氏の記事は、日本で男性学と称している人達の正体がラジカル・フェミニズムで
あることの一つの証左である。
だから、いくら「男の生きづらさ」というフレーズを連呼していたとしても、彼らの言説が
男性の利益に働くことは決してない。

« 日本の自称「男性学」はフェミニズムの傀儡である。 | トップページ | 緊急アップロード:元SEALDs 諏訪原健氏「女性専用車両は男性差別という社会風土の弊害」を読んで »

エセ男性学批判」カテゴリの記事

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ