« 緊急アップロード:元SEALDs 諏訪原健氏「女性専用車両は男性差別という社会風土の弊害」を読んで | トップページ | 小説:筒井康隆 「こぶ天才」 »

2017年9月19日 (火)

もう少しで小さい時からの宝物をオンナに奪われそうになった話

あなたには、子供の頃から慣れ親しんだ大好きな場所、「ここは自分の場所だ」と
感じる場所はないだろうか?
もし、その場所が「女性専用」(あるいは「男性専用」)に指定され、「女性専用」とか
「男性専用」というポスターが掲示されて「自分が男だから」(あるいは女だから)と
いう理由で入れなくなってしまったら、あなたは、どう感じるだろうか?

私は、危うくそういう目に遭いかけた。
幸い、実際には、そうはならなかったが、それは、別に、私の人権が配慮されたから
ではない。
ただの偶然である。

私は、幼稚園から中学にかけて、東京郊外の私鉄のM線の沿線に住んでいた。
私には、当時から好きな電車があった(番号が好きだった)。
大人になった今、電車の番号に萌えるということは、もはやない。
しかし、当時は、電車の番号にそれぞれの番号独特の雰囲気を感じていた。
そして、私が好きだった番号が7621(仮番号で、実際の番号とは違います)だった。
それは、私の宝物だった。電車の絵を描くときは、7621の絵が多かった。

その後、私も他所の沿線に引っ越し、長い月日が経ち、私もいい年をした大人になって
いたが、やはり、7621が好きだったし、7621を自分の電車だと感じていた。
いよいよ、7621が引退間近となったとき、私は暇さえあればM線に乗りに行き、
7621の写真を撮り、実際に乗車して別れを惜しんだ。
そして、7621は引退し廃車になって行った。

その僅か数ヶ月後、M線の優等列車に女性専用車両の導入が発表された。
しかも、ラッシュ時だけではない終日女性専用車両だった(但し、土休日は除く)。
そして、その女性専用車両の編成中の位置は、7621の連結されていた位置だったのである。
もし、7621の引退が数ヶ月遅れていれば、私は、7621に醜い「女性専用車両」のステッカーが
貼られ、例え、車内が空いている昼間などの時間帯であっても、自分が乗車する
こともままならないまま、7621の引退を見守らなければならないことになっていた。
(正確には、各駅停車として走っている時なら乗れるわけだが、7621は、優等列車と
して走っている時が多かったし、私も優等列車として走っている7621に
乗りたいのである)

もし、そういう事態になっていたら、私の心はズタズタになっていただろう。
7621の引退は残念だったが、女性専用車両導入前に引退してくれたことで
最悪の事態は免れたわけだ。
(「女性専用車両」ステッカーが貼られた7621の姿を想像するとゾッとする、と書いたら、
私は女性憎悪者ということになるのだろうか?)

勿論、7621は、私の所有物ではない(鉄道会社の所有物である)。
しかし、女性の独占物であってもならない筈だ。
何故なら、公共交通機関だからである。

それにしても、「個人の幸せを国益のために犠性にすることがあってはなりません」的な言説を
叶くサヨクの一部の人達が、私を含む多数の男性の幸せを奪う
女性専用車両には大賛成するというのは全く寒い光景である。
国益ではダメだが、女性の利益の為なら、個人の幸せを奪っても、全然、構わないと
いうことだろうか。

« 緊急アップロード:元SEALDs 諏訪原健氏「女性専用車両は男性差別という社会風土の弊害」を読んで | トップページ | 小説:筒井康隆 「こぶ天才」 »

女性専用車両批判」カテゴリの記事

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ

Since 2014

  • Since August 11/2014
    Tokyo,JAPAN