« 小説:筒井康隆 「こぶ天才」 | トップページ | 西武セゾングループと東急グループの渋谷戦争に見るオトコとオンナ »

2017年10月18日 (水)

日々是ストレス3

最近、私は関西に出掛けた。
新神戸の駅で神戸の地下鉄に乗ろうとして、発車間際の電車に駆け込んだら、
そこは女性専用車両だった。
つまり、階段から一番近い便利な場所が「女性専用」になっている訳である。
(因みに、神戸市営地下鉄は、1年365日始発から終電まで女性専用車両を実施している)
私は、すっかり不愉快な気分になった。
隣の車両に移動したくはなかったが、折角の旅行で不愉快な思い(女性客や駅員から
何か言われるなど)をしたくなかったため、仕方なく隣の車両に移動した。
私は、まるで白人専用車両から追い出される有色人種のような気分を味わった。
女性専用車両は、空いていたが、隣の車両は、結構混んでいた。
女性専用車両に乗れない男性客が集中するためだ。

夕方、神戸の港を歩いた。港の夕暮れは、とても綺麗で本当なら、とても幸せな気分に
なるところだが、私の心は、昼間の女性専用車の経験で怒りに満ちたままだった。

他にも、JR神戸線、JR京都線の各駅停車に乗る時も、同じ怒りを覚える。
これらも、昼間にまで女性専用車両が導入されている。
しかも、女性専用車両でない車両はガラガラ、女性専用車両はもっとガラガラであった。
そして、この女性専用車も、各駅の階段からとても近い便利な場所に設定されているのである。
(駅によって、階段の位置が違うので、一概には言えないのだが、私が乗降した
いくつかの駅では、一番便利な場所、一番便利とはいえなくても、他の車輌に比べれば
便利な場所に設定されていた。)
明らかに、痴漢など発生しないような状況で、女性専用車両が設定されているのである。
これは、痴漢対策などではない。
痴漢対策を口実にした女性優遇・男性差別である。
「痴漢対策」と言われれば、男性は反対しづらい。
それを利用して、女性専用車両を導入し、そして、既成事実化してから、
どんどん拡大していく。
よくある人権抑圧方法である。
本来、こういうことに反対しなければならないのが、リベラル・人権派なのだが、
残念ながら、しばらく前に書いた記事に於ける諏訪原健氏のように、女性専用車両に
反対どころか大賛成してしまうリベラル・人権派が多く、それが故に、
国や鉄道会社は、こと女性優遇・男性差別についてはやりたい放題出来る状態に
なっているのである。

« 小説:筒井康隆 「こぶ天才」 | トップページ | 西武セゾングループと東急グループの渋谷戦争に見るオトコとオンナ »

女性専用車両批判」カテゴリの記事

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ