« 西武セゾングループと東急グループの渋谷戦争に見るオトコとオンナ | トップページ | 近況報告 2017/11/19 »

2017年11月17日 (金)

テレビ番組:「とんねるずのみなさんのおかげでした」

来春のテレビ番組改編で「とんねるずのみなさんのおかげでした」が終了するという。
同番組は開始当初「とんねるずのみなさんのおかげです」という番組名で、
バブルの頃は大人気の番組だった。雑誌のコラムは皆、同番組を褒めていたし、
私も面白いと思って見ていた。
あれから、幾星霜。
私は、現在、同番組だけではなく、テレビそのものを見なくなっている。
ただ、ネットニュースなどで、近年の同番組の視聴率が極めて低調であることや
「つまらない」という評判は見ていた。

そして、最近の同番組のスペシャル番組で発生したのが「保毛尾田保毛男」事件である。
(私は当然、その番組も見てはいないのだが)
かつての同番組の男性同性愛者キャラ、保毛尾田保毛男を再現したところ、
同性愛者に対する偏見だという抗議が殺到し、フジテレビが謝罪に追い込まれたと
いうものだ。
私は、保毛尾田保毛男を覚えている。
気持ちの悪いメイクをした石橋貴明がナヨナヨした気持ちの悪い喋り方をするキャラ
だった。
当時、男性同性愛者のパソコン通信ネットに出入りしていた私としては、勿論、
「ステレオタイプだなぁ」と感じていた。

しかし、同番組がステレオタイプに描いていたのは男性同性愛者だけではない。
例えば、男性オタクもステレオタイプに描かれたものの1つである。
木梨憲武が扮するアイドルオタクが、石橋貴明がマネージャーを務めるアイドル
(松本伊代)にストーカー行為をするという内容で、木梨憲武がいかにもオタク的な格好、
持ち物(紙の手提げ袋)、エキセントリックな仕草、話し方をしていた。
今回の番組では、おそらく、このオタクのコーナーは再現されなかったのだろう。
(繰り返すが、私は、そのスペシャル番組を見ていないのでわからない)
しかし、もし、あのアイドルオタクが再現されていたら、オタク男性に対する偏見だと
いう抗議が殺到していただろうか?
フジテレビは謝罪していただろうか?
あの番組の描くオタク像に傷ついていたオタクの一人として、そんなことを考えた。

« 西武セゾングループと東急グループの渋谷戦争に見るオトコとオンナ | トップページ | 近況報告 2017/11/19 »

書籍(学術書)・放送番組・雑誌記事・ドキュメンタリー映画・広告」カテゴリの記事

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ

Since 2014

  • Since August 11/2014
    Tokyo,JAPAN