« 女ホームレスに祝福を! | トップページ | 消費者としての男性(1980年代後半編) »

2017年12月22日 (金)

「女は男を責めるのをやめて、自己反省せよ」

男性差別に反対している男性に、以下のような屁理屈がフェミニズムから
浴びせられることがある。
「社会を造ったのは男である。だから、男が不利な目にあっても、それは男自身の
責任である。男は女を責めるのではなく自己反省せよ」
それに対して、私はこう反論したい。
「人間を産むのは女である。だから、人間社会の諸悪の根源は女であって、
女が不利な目にあっても、それは女自身の責任である。
(100万ドル賭けてもいいが、凶悪なレイプ犯達も、産んだのは全員女である。)
女は男を責めるのではなく自己反省せよ」
暴言だろうか?
一応言っておくが、私自身はこの理屈を全く支持しない。
単に、上記のフェミニズムの屁理屈をひっくり返して、女に適用してみただけである。

« 女ホームレスに祝福を! | トップページ | 消費者としての男性(1980年代後半編) »

短文」カテゴリの記事

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ