« 消費者としての男性(1980年代後半編) | トップページ | 北原みのりの妄言に不愉快になった話し »

2018年1月18日 (木)

ラジオ番組:吉田照美のてるてるワイド「集え美少年」(文化放送)

おそらく、最近の中高生は、ほとんどラジオは聞かないだろう。
しかし、30年以上前、私が中高生の頃は、民放AMラジオ局の夜の時間帯は、
中高生向けの番組が多かった。
ワイド番組といって、3時間位の番組内で幾つものアイドルタレントの録音収録番組を
流しながら、その合間に局アナが生放送で聴取者からのはがき投稿を読むという
スタイルが主流であった。
その中で80年代前半、高い人気を持っていたのが「吉田照美の夜はこれから
てるてるワイド」(文化放送)である。
(吉田照美は当時、文化放送の局アナ(男性)だった)
私は正直、アイドルタレントの録音収録番組はどうでもよく、吉田照美が生で
聴取者からのはがき投稿を読むところが好きだった。
様々なテーマで、はがき投稿を募集していたと思うが、今となっては
ほとんど覚えていない。

ただ1つ、よく覚えているコーナーが「集え美少年」である。
なんとも言えず妖艶なピーターの「夜と朝の間に」(私は、この曲を「集え美少年」で
初めて知った)が流れる中、吉田照美が美少年たちの性の告白(勿論、本当の話では
なく聴取者の創作話である)を読み上げるというもので、真面目に読みながら、
時々吉田照美が吹き出してしまうのが面白かった。
私的に、このコーナーがツボにはまったのは、少年が性告白をするというところである。
当時、この手の中高生向けワイド番組では、女の子が電話で性告白をするという
コーナーが定番だった
(覚えているところではニッポン放送「グッバイバージン、もう子供じゃないの」)。
今なら未成年の女の子が性告白をするというのは放送コードに引っかかるかも
しれないが、当時はかなり多かったのである。
今風に言えば「大人気コンテンツ」だった訳だ。

しかし、私にとっては、一方的に女の子の性告白(嘘っぽいものが多かった)を聞かされ、
自分が欲望させる側ではなく、欲望する側でしかないことを思い知らされて不愉快だった。
だから少年が性告白する「集え美少年」が気に入ったのである。
(この辺りが、その数年後、大学生になって、パソコン通信を始めて、
同性愛者でもないのに、男性同性愛者のネットに入り浸るきっかけになったように思う)
但し、女の子が性告白するコーナーは聴取者を性的に興奮させる為に存在したが
「集え美少年」はお笑いのコーナーだった。
しかし、女の子の性告白モノにウンザリしていた私にとってはそれでもよかった。

「集え美少年」では、告白する美少年は、告白ストーリーの中で、必ず、
失神しなければいけないことになっており、
いかに下らないことで失神するかが、笑わせどころだった。
そして、最後に吉田照美が「このハガキをくれた君にはルミ(吉田照美のこと)の
ヌード写真送るよ」と呟き、「夜と朝の間に」の「お前も静かに眠れー」という歌声で
コーナーが終わるのだった。

余談だが、このコーナーの最終回は、吉田照美ではなく、代役パーソナリティの榊原郁恵が
担当した(吉田照美はその週、休暇をとっていた)。
ディレクター側としては、榊原郁恵が、「やだー、なにこれーー」というような恥じらいを
示しながらコーナーを進めてほしいという期待があったと思う。
しかし、榊原郁恵は、実に明るい声で淡々とコーナーを進めてしまい、
結果的にあまり面白くなかった。
そして、その翌週、「集え美少年」のコーナーは、なくなっていた。

実際に送る事はなかったが、当時、私が考えたストーリーを少しだけ書いてみたい。
「照美兄貴、僕の体験を聞いてください。僕は、街を歩いていてお腹がすいたので
レストランに入ったんです。そうしたら、他に誰もいない店内でコックさんが、
大きなソーセージの皮をむいていました。
僕は、あまりのことに失神してしまいました・・・」
我ながら下品である(まだ先もあったのだが、30年以上経った今となっては思い出せない)。

最後に一言だけ言わせて欲しい。

「照美兄貴、兄貴のヌード写真ください!!」(爆)

« 消費者としての男性(1980年代後半編) | トップページ | 北原みのりの妄言に不愉快になった話し »

書籍(学術書)・放送番組・雑誌記事・ドキュメンタリー映画・広告」カテゴリの記事

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ