« 映画館レディースデーの話しの続き、そして「無視される男性差別」の話し | トップページ | 女性専用車両に賛成する自称リベラルは、リベラルではなく「逆保守」である。 »

2018年2月25日 (日)

2004年10月4日、私の心と体は京王電鉄による人権侵害によってズタズタにされた

2004年10月4日。
首都圏各線に女性専用車両が「赤信号みんなで渡れば怖くない」とばかりに
一斉導入される2005年5月より約半年前のことだ。
(当時の私は、まさか半年後にそんなひどいことが起こるとは気づいていなかった。)

その日、私は、夜遅い時間帯に、新宿から京王線に乗ろうとしていた。
そして、新宿駅に着いてから、突発的に、当時、京王線で深夜の一部列車に
導入されていた女性専用車両に乗ることを思いついたのである。

女性専用車両については、導入当初(2000年末頃の忘年会シーズンだっただろうか)から
当然、不愉快に思っていた。
ただ、当時の私の認識は、大変甘く、酔っ払いの多い年末シーズンが終わってから
「もうこんな馬鹿げた男性差別的な事はやめて下さい」というメールでも鉄道会社に
送れば、やめるだろうと思っていた。
(もちろん、実際には、私一人のメールでどうなるものでもないだろうが、余りにも
ナンセンスな性差別なので、鉄道会社もそのナンセンスさに気付き、すぐにやめる
だろうと思った)
しかし、案に反して、女性専用車両はその後も続いた。
しかし、私は、私自身が利用する機会が殆どない深夜の時間帯だけだったこともあり、
目を背けて、見ないようにしていた。
しかし、その日は、たまたま帰りが夜遅くなり、丁度女性専用車両の運転時間帯に
なっていたのである。
これは、専用車反対の意思表示をするチャンスだと思った。
私は、2001年に大学院予備校の憲法の講義で人権について学んでおり、2004年春には
法学修士号も取得していた。その時に得た「人権」についての知識から、例え
女性専用車であっても「どうしても乗る」という男性がいれば駅員は当然乗せるだろう
と考えたのである。
(電車という公共交通機関の特定の車両に「性別」という自ら選択できない属性に
よって乗せないとしたら、それは人権侵害であり、鉄道会社は、そんなことは
しないだろうと考えた)

私は女性専用車が連結されている最後部に行ってみた。
女性専用車両は立ち客が数人いる程度で空いていた。
それでも、やはり女性専用車両に男一人で乗る気まずさを紛らわすために
「最寄り駅までMDウォークマンで、ラプソディインブルーでも聞きながら過ごそうか」と
考えながら、女性専用車両のそばにいた駅員に「私は男性ですが、女性専用車両に
乗ります」と声をかけて電車に乗ろうとした。
(わざわざ駅員に声をかけたのは、正当なことをやるのだから、こそこそやるべきでは
ないと考えたこと、女性専用車両であることに気づかないで間違って乗るわけでは
ないことを周知しておいた方がよいだろうと考えたからである)
ところが、そこで全く予想だにしていなかったことが起こった。
たちまちの間に数人の駅員たちがやってきて、私を力づくで車両から
引きづりおろしたのである。
それは生半可なものではなかった。
私は怪我をした。
(かすり傷程度ではあったが、乗客に怪我をさせたという事実は重大である。)
そして、ベルトの金具をかませて長さの調整する部分が衝撃で外れてしまった。
そんな簡単に外れない金具が外れてしまったということで、私にどれだけ
大きな力がかかったか分かるだろう。
まさにそれは「暴力」だった。

しかし、私が一番傷ついたのは体ではなく心だった。
私は、駅員たちによって、駅員室に連れていかれた。
私は、そこで責任者と称する人物(駅長とは言っていなかった)に抗議をした。
しかし、その人物は「文句は上に言ってくれませんかねえ」というのみであった。
「上」とは京王電鉄本社のことであろう。つまり、私を暴力的に女性専用車両から
排除したのは、京王電鉄本社の意思であって、現場が独断で暴走した訳ではないと
いうことだ。

その時は、比較的すぐに解放された。
しかし、私は、もう一度、女性専用車両発着ホームに向かった。
私に対してなされた不当な人権侵害を記録しておかなければと思ったからだ。
1回目の時は、録音していなかった。
こんな不当な目に遭うとは想像していなかったからだ。
私は、その日、録音可能なMDウォークマンを持っていたから、そのMDウォークマンを
録音モードにし、再び、駅員に声をかけて、女性専用車両への乗車を試みた。
今度は最初から覚悟していたが、やはり、数人の駅員によって暴力的に排除された。
そして、覚悟していたとはいえ、私の心と体はさらなるダメージを負った。
(さらなるダメージを負うことがあっても記録を残す必要があると思った)
私はまたしても、駅員室に連れていかれ、今度は更に交番にまで連れて行かれる羽目と
なった。

交番で、私は、警官からいかにもお巡りさん的な意見を聞かされることとなった。

・「酒に酔っているだろう」→酒に酔ったから女性専用車両に乗るという乱行に
及んだのだということにしたいのだろう。
確かに、私は、その時珍しく、普段は飲まない酒を飲んでいたが、
判断力は今考えても正常だったし、記憶もちゃんと残っている。

・「お前には痴漢にあう女性の気持ちが分からない」→「私は、痴漢にあったことが
あるのですが」と答えたら、変な笑いを浮かべていた。性犯罪の被害にあったことを
警官に告白して笑われるとは心外である。
そもそも、「女性の気持ち」云々は、専用車を正当化する理由にならないが
失礼だが、下っ端の警官に説明したところで理解出来ないだろう。

・「深夜の一部の時間帯だけじゃないか」→その半年後、各線でラッシュ時に
導入され、更には終日女性専用車両まで現れたことについてどう考えるか、
そのお巡りさんに聞いてみたいものだ。

私は、任意の事情聴取であることを確認し、交番を離れた。
もう終電は行ってしまった後だった。
私は、例えようもなく惨めな気持ちで、深夜バスで帰宅することとなった。
私は、その日完全に壊れてしまった。
それまで、私は私なりに京王電鉄を応援していたが、その日からは、
ただ憎しみしか感じなくなってしまった。
私の50年間の人生で最悪の屈辱の日が2004年10月4日である。

しかも、それでおしまいではなかった。
その半年後、京王線を含む首都圏各線に女性専用車両が本格的に導入され、
私はさらなる地獄へと嵌っていったのである。
それについては、また機会を改めて書きたいと思う。→書きました。

« 映画館レディースデーの話しの続き、そして「無視される男性差別」の話し | トップページ | 女性専用車両に賛成する自称リベラルは、リベラルではなく「逆保守」である。 »

女性専用車両批判」カテゴリの記事

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ