« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月23日 (水)

女性専用車両に賛成する自称リベラルは、リベラルではなく「逆保守」である -2-

自称リベラル主義者の女性専用車擁護論を読むとよく「たった1両」の女性専用車両で
差別差別と大騒ぎするな、的な言説が見られる。
私に言わせれば、これまたリベラルの言説としては、極めて奇妙なものである。
元来、リベラル思想とは、個人の「自由」「権利」(人権)を追求する思想である。
常に「自由」を志向していなければならないのがリベラル思想なのだ。

それに対して、色々理由をつけて「権利」を制限しようとするのが「保守」である。
そして、その際の常套句が「やむを得ないんです。それに、たった〇〇だけの
制限じゃありませんか」である。
勿論、「たった〇〇だけの制限じゃありませんか」と言って人権の制限の導入に
成功し、既成事実化したら、後はどんどん制限を拡大していくわけだが。
(現に女性専用車両も、関西では日中のガラガラの電車にまで拡大している)

自称リベラルの「たった1両だけじゃないか」理論は、少し前に書いた、
私が京王線の女性専用車両から暴力的に排除された挙げ句、連れて行かれた
交番の警官の「深夜の一部の列車だけじゃないか」理論とそっくりである。
私は、本来的に「お巡りさん的思考(理論)」と「リベラル的思考(理論)」は、
対極にあると考えているが、自称リベラルの展開する理屈が「お巡りさん理論」
そっくりであることに愕然とするのである。

「たった1両」であっても人権の制限は人権の制限である。
(例えば、「たった1両」であれば、「白人専用車両」があっても差別ではないのだろうか?)
特に自ら選べない「性別」による人権の制限はリベラルにとっては、
あってはならないことの筈である。
「たった1両」であっても、選べない属性(性別、人種など)による人権の制限を肯定する
自称リベラルは、エセである。
「たった1両」理論を振りかざす自称リベラルは、自らが、実は「逆保守」でしか
ないことを自覚するべきであろう。

関連記事:女性専用車両に賛成する自称リベラルは、リベラルではなく「逆保守」である。

2018年5月19日 (土)

女の持つ権力には触れないフェミニズム

私は、現代社会において女性は大きな権力を握っていると考えている。
「名」は男がとっているが、「実」は女が握っている。
「公的領域」は男が握っているが「私的領域」(例えば「家庭に於ける主導権)は女が握っている。
この「実際には女は強大な権力を握っている」という事実を明らかにすることを
フェミニズムや「(自称)男性学」(実態は男性フェミニズム)は嫌ってきた。

例えば、「所得に於いて男性が沢山稼ぎ、女性の稼ぎは少ないから、女性は差別されている」
というところで話を終えてしまう。
(うろ覚えで書くが、確か、映画「THE RED PILL」にもフェミニスト雑誌の編集長(当然女性)が
「大企業のお偉いさんの殆どが男だ。だから世の中を男が支配していることに間違いない」と
いうようなことを述べる場面があったと思う)

「ならば、何故、商業施設は所得の少ないはずの女性ばかり優遇するのか」ということを
決して問題にはしないのである。
(因みに、商業施設が女性を優遇するのは、消費という世界において女性が
ウルトラマジョリティだからである。
お金を稼いでるのが男性だとしても、そのお金を使っているのが女性だとすれば、
お金の権力は女が握っているのである)

フェミニズムは決して「消費」を始めとする女性の大権力に触れることはない。
様々な女性の特権に触れれば、保守的な男性だけではなく、
保守的な女性もフェミニズムの反対に回るからだ。
(反対に女性の特権に触れなければ、保守的な女性はフェミニズムに反感を持ちながらも、
「まぁ放っておくか」ということになる)。
こうやって、実態から乖離した女性被差別者論だけが大手を振ることになるのである。

2018年5月 9日 (水)

楽しい筈の旅行で、私に大きな精神的苦痛を与える男性差別

私の趣味は旅行である。
しかし、本来、楽しいはずの旅行で、不愉快な思いをすることがとても多くなった。
私は、「東京とは違う、もう一つの日本」である関西が好きで、年数回出掛けるが、
嫌な思いをすることがとても多い。
せっかくの楽しい気分が、女性専用○○で台無しになることの何と多いことか!
(関西に行くのが憂鬱になる程である)

大阪の主要タウンを結んでいるという意味で東京で言えば山手線に当たる
大阪メトロ御堂筋線では、終日(土休日は除く)女性専用車両が導入されている。
女性専用車両だけ車体に広告がラッピングされていて色が違い、その露骨さたるや、
壮絶としか言いようがない。
(これが例えば、「日本人専用車両」だったら、人権侵害として外国から非難轟々で
あろう)
だから、私は御堂筋線は極力使わない。
がら空きの東海道本線各駅停車に終日女性専用車両が導入されている話は、
しばらく前に書いたが、本当に不愉快である。
大阪環状線の新型電車も、かなり露骨らしいので、乗りたくない。
それにしても、関西の男性たちがよく我慢できると感心する。
それとも、もう差別に慣れてしまって、一種の奴隷状態にもなんとも思わなくなって
しまっているのだろうか。

関西で20年近く定宿にしていたホテルも、いつの間にか女性専用フロアなるものが
出来て、早割で女性専用フロア以外の空き室がなかったのを機に、そのホテルを
使うのを止めた。新しい定宿のホテルは、以前の定宿と同じ駅が最寄駅で、
新しく綺麗で安いが、以前の定宿が駅前だったのに比べ、駅から遠い。
旅で疲れた体でホテルまで歩くのはとても辛い。

下の写真は、関西ではないが、男性と女性で宿泊料金が違ってしまっている一例である。
私は、このホテルしか選択肢がなく、本当に不愉快だったが、このホテルに
泊まらざるを得ない羽目に陥るところだった。
幸い、別の都市で部屋が取れたので、このホテルに泊まらずに済んだが。

3000

私が今、問題だと感じているのは、JRグループの「ジパング倶楽部」である。
高齢者向けの優遇サービスだが、下の写真を見れば分かるように、
女性は60歳から入れるのに、男性は65歳からである。
5年間の間、男性は優遇を受けられないのである。
私が60歳になるまでに差別が撤廃されればいいと思うが、今のところ、
望み薄であろう。

Photo

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ

Since 2014

  • Since August 11/2014
    Tokyo,JAPAN