« ジェンダーギャップ指数の「まやかし」 | トップページ | 女の持つ権力には触れないフェミニズム »

2018年5月 9日 (水)

楽しい筈の旅行で、私に大きな精神的苦痛を与える男性差別

私の趣味は旅行である。
しかし、本来、楽しいはずの旅行で、不愉快な思いをすることがとても多くなった。
私は、「東京とは違う、もう一つの日本」である関西が好きで、年数回出掛けるが、
嫌な思いをすることがとても多い。
せっかくの楽しい気分が、女性専用○○で台無しになることの何と多いことか!
(関西に行くのが憂鬱になる程である)

大阪の主要タウンを結んでいるという意味で東京で言えば山手線に当たる
大阪メトロ御堂筋線では、終日(土休日は除く)女性専用車両が導入されている。
女性専用車両だけ車体に広告がラッピングされていて色が違い、その露骨さたるや、
壮絶としか言いようがない。
(これが例えば、「日本人専用車両」だったら、人権侵害として外国から非難轟々で
あろう)
だから、私は御堂筋線は極力使わない。
がら空きの東海道本線各駅停車に終日女性専用車両が導入されている話は、
しばらく前に書いたが、本当に不愉快である。
大阪環状線の新型電車も、かなり露骨らしいので、乗りたくない。
それにしても、関西の男性たちがよく我慢できると感心する。
それとも、もう差別に慣れてしまって、一種の奴隷状態にもなんとも思わなくなって
しまっているのだろうか。

関西で20年近く定宿にしていたホテルも、いつの間にか女性専用フロアなるものが
出来て、早割で女性専用フロア以外の空き室がなかったのを機に、そのホテルを
使うのを止めた。新しい定宿のホテルは、以前の定宿と同じ駅が最寄駅で、
新しく綺麗で安いが、以前の定宿が駅前だったのに比べ、駅から遠い。
旅で疲れた体でホテルまで歩くのはとても辛い。

下の写真は、関西ではないが、男性と女性で宿泊料金が違ってしまっている一例である。
私は、このホテルしか選択肢がなく、本当に不愉快だったが、このホテルに
泊まらざるを得ない羽目に陥るところだった。
幸い、別の都市で部屋が取れたので、このホテルに泊まらずに済んだが。

3000

私が今、問題だと感じているのは、JRグループの「ジパング倶楽部」である。
高齢者向けの優遇サービスだが、下の写真を見れば分かるように、
女性は60歳から入れるのに、男性は65歳からである。
5年間の間、男性は優遇を受けられないのである。
私が60歳になるまでに差別が撤廃されればいいと思うが、今のところ、
望み薄であろう。

Photo

« ジェンダーギャップ指数の「まやかし」 | トップページ | 女の持つ権力には触れないフェミニズム »

男性差別」カテゴリの記事

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ

Since 2014

  • Since August 11/2014
    Tokyo,JAPAN