« もし、世の中の男性が全員ゲイになったなら | トップページ | (続)北原みのりという男性憎悪デマゴーグ »

2018年6月23日 (土)

北原みのりという男性憎悪デマゴーグ

タイトルにかなり強い表現を使ったが、私の率直な感想である。

週刊朝日の北原みのりの連載(2018.6.29号)を見ていて、極めて不愉快になった。
先般、新幹線のぞみ車内で起きた殺人事件についての記事なのだが、
北原みのり当人も「(動機などの)詳細はわからない」としながら、
「ただ一つ明確なのは、あの日の夜ののぞみには、上下線ともに新横浜で大量の
女性が乗り込んだことだ。」と、あたかも犯行と女性が大量に乗り込んだことに
関係があるかのような事を書くのである。
(当日、新横浜で東方神起のコンサートがあったらしい)
私なんぞは、「上下線とも」という部分に「下りはともかく、上り列車、
特に指定席車(犯人が乗っていたのは指定席車)にそんなに大量の女性客が新横浜から
乗っただろうか?」と疑問を抱くのだが、そんなツッコミをしていると
北原みのりと同レベルになってしまうので、やめておこう。

「無差別殺人にも差別はある」のだそうで、その「無差別殺人の差別の被害者が女だ」と
言いたいご様子なのだが、無差別殺人の被害者が女性ばかりだという客観的データは
全く示されていない。(注)
その一方で、重要な客観的事実であるにも拘わらず、全く触れていないことがある。
「この事件で実際に殺された被害者は男性だ」という事実を北原みのりは
全く書いていないのである。
「新横浜から乗ってきたのが屈強な男たちだったら?」(犯人は犯行を起こさなかった
のではないかという趣旨)と書いているが、犯人は、犯行を制止しようとした男性
(屈強ではなかったかもしれないが)に馬乗りになって、滅多刺しにしたと
報道されているではないか。
しかし、そのことを全く書かず、この事件があたかも「平成日本の女性差別の縮図」
みたいな論調なのである。
もし、この事件について何も知らず、北原みのりがどんな人かも知らず、
この記事を読んだ人がいたなら、恐らく「大量の女性が殺された殺人事件なのだろう」と
思ってしまうだろう。
しかし、客観的事実は「殺されたのは男性」。
男性が殺害された殺人事件から「女性差別大国ニッポン」を導き出すとは
なんて独創的なんだ!
北原みのりって、ほんと、ただ男性に対するヘイトを煽るだけのデマゴーグ
なんじゃないの?
と感じずにはいられない記事だった。
(デマゴーグとは「デマ(デマゴギー)」をばらまく人という意味です)

週刊朝日という、歴史と権威のある週刊誌に、このような偏見に満ちた記事が
掲載されることにより、世の中の人たちが「差別されているのは女性で、
女性に同情することが、善意のある人間の取るべき行動なのだ。
それに異議を唱えるものは、差別主義者なのだ」と思い込んでいくことがとても怖い。

AERA dot.に掲載された当該記事へのリンク


(注)
「無差別殺人」に限ったデータではなく、殺人全体に関する客観的データなら存在する。
やや古いが、犯罪白書平成15年版によれば、殺人の被害者は、男性が女性の1.8倍で
ある。(下図参照)
ニュース等を見ていると、一番殺人被害に遭っているのは若い女性である
かのような錯覚をしてしまうだろうが、犯罪白書に掲載されているグラフをみると、
むしろ、若い女性(10代、20代)の殺人被害者は少数に属することが判るだろう。
(因みに一番殺されているのは50代の男性である。被害に遭いやすい属性に属している
のは若い女性ではなく、むしろ、私(50代、男)なのである)

勿論、例えば、暴力団同士の抗争で殺されるのと、無差別殺人で殺されるのでは、
かなり意味合いが異なるのも事実である。
北原みのりとしては、下図から無差別殺人だけを取り出すと、男女差が逆転し、
圧倒的に女性が多いのだ、ということを証明しなければならないだろう。
その証明がなされなければ、彼女の「無差別の差別の犠牲者は女性」という言説は、
ただの妄想である。

H10h1415

(注の注)
何故、平成15年版を使うのかといえば、近年の犯罪白書では、被害者の属性
(性別、年代)や受けた犯罪の種類(被害者が死亡した場合でも、犯罪名が殺人とは
限らない)がわかりにくくなっているからである。
平成29年版に掲載されている表から計算すれば、犯罪によって死亡した
被害者人数は、平成28年次で男性が女性の1.6倍であることは分かるが、
犯罪の種別や年代別はわからない。
「一般に被害者になりやすいと考えられている若い女性の殺人被害者は、実際には
少数に属する」ということが「はっきりと一目で」図で理解できるのは、
平成15年版など、昔のものなので、平成15年版を使用した。

« もし、世の中の男性が全員ゲイになったなら | トップページ | (続)北原みのりという男性憎悪デマゴーグ »

フェミニズム・男女共同参画批判」カテゴリの記事

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ

Since 2014

  • Since August 11/2014
    Tokyo,JAPAN