« 音楽:聖飢魔II「蝋人形の館」 | トップページ | 北原みのりという男性憎悪デマゴーグ »

2018年6月13日 (水)

もし、世の中の男性が全員ゲイになったなら

私のちょっとした知り合いに、20代の若い女性がいる。
彼女が、他の人と任天堂3DSで対戦ゲームをしているのを見ていたときのこと。
彼女(ゲームをしながら) 「ちょっと待って、そこダメ、ちょっとちょっとヤメて」
その声に私はエロを感じた。(私だけがそう感じた訳ではなく、周りにいた他の人も、
「◯◯さん、エロい感じになってますよ」と言っていた)
ただ対戦ゲームをしているだけで、女性はエロチックな雰囲気を出すことが出来るのだ。

また、それとは別の知り合いの女性の話だが、ジーンズを履いていたその女性が
前かがみにしゃがみ込んだ時のこと。
お尻がジーンズの隙間から見えてしまっていた。
私は、慌てて目を逸らしたが、同時に猛烈な羨望感と敗北感と腹立ちを感じていた。
(かなり以前書いたが、私が体を露出させた女性から目を背ける時、感じるのは
猛烈な敗北感である。)
彼女が自分から勝手に座り込んで、お尻を露出させたのである。
それなのに、何故、私の方が罪悪感を感じた挙句、目を逸らさなければならない
のだろうか。
因みに、男の私が同様のことをしても(対戦ゲームをしながら
「そこダメ、ヤメてソコ」と言っても、或いは、ジーンズからお尻を露出させても)、
他人にエロチックな印象を与えることなど出来ず、
それどころか、嫌悪感を与えてしまうだろう。
そう思うと、本当に悲しくなるのである。

だから、私は、30年も前から「出来るものならゲイになりたい」と願って来た
(但し、最近は、あまり感じなくなっているが)。
単に私に留まらず、世の中の男性全てが女体嫌悪型のゲイになればいいと思う。
約30年前、ゲイのパソコン通信ネットに入っていた時、参加者の一人(当然ゲイ)が
「ネトネトした女の肌ほど気持ち悪いものはない」という書き込んでいるのを見た話を
今年もそろそろ、若い女性が肌を露出させて歩く季節になってきたが、世の中の男性が
全て、そういう感性(ネトネトした女の肌ほど気持ち悪いものはない)を持つようになれば、
肌を露出させた女性は「うわー、何あれ?気持わるーい」という視線で見られるように
なるだろう。
そうなった時、彼女たちは初めて気づく筈だ。
肌を露出させた自分たちが、男性たちの視線を浴びるということは、
フェミニストがいうような「性的に搾取される」というマイナスのことではなく、
それどころか大変な特権であったということに。

« 音楽:聖飢魔II「蝋人形の館」 | トップページ | 北原みのりという男性憎悪デマゴーグ »

男女論」カテゴリの記事

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ

Since 2014

  • Since August 11/2014
    Tokyo,JAPAN