« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月28日 (火)

男性と半ズボン

かなり以前(10年くらい前かもしれない)の話である。
私は、ネット(場所は覚えていないが、いわゆる匿名掲示板だったかもしれない)で
こんな内容の書き込みを読んだ覚えがある。
「男性は、男の子の丈の短い半ズボンを若い女に奪われ(いわゆるホットパンツ)、
大人の男性は今や、丈の長めの半ズボンすら穿く権利を奪われようとしている。」
私は、それを読んだ時「その通りだ」と思った。
その頃には、確かに男性は、暑い真夏であっても、半ズボンを穿くのが
憚られるような雰囲気があったような気がする。

しかし、ここ数年、夏に街を歩いていると、半ズボンの男性をかなり見かける。
ひょっとしたら、男性に対する半ズボンタブーが以前に比べ薄れてきているのかも
しれない。
半ズボンの男性の中には、すね毛がぼうぼうの人もいて、以前の私だったら、すね毛ぼうぼうの足を
晒して歩く男性に強い嫌悪感を感じるとともに、嫌悪感を感じる自分自身を嫌悪していたに違いない。
(すね毛は、男性の特徴であり(勿論、すね毛が生える女性もいる。後述。)、
それを否定的に捉えることは、私も男性の一員である以上、自分自身を
否定することだからである。)
しかし、最近の私は、男性がすね毛ぼうぼうの足を晒して街を歩いてもいいじゃないかと
思えるようになった。
女は、肌を晒して街を歩くことが許される。
もし、女に「肌を晒して街を歩くな」と言ったら「女性差別」と言われるだろう。
同様に、男性に「肌を晒して歩くな」的な風潮があるのならば、それは
男性差別である。
「女は綺麗だから肌を晒してもいいが、男性は毛むじゃらだから体を隠さなければ
ならない」というような考えもあるだろう。
しかし、絶対的に女は綺麗、男は汚いというわけではない。
(例えば、去年の夏、電車で私の隣に座った足を晒した若い女には、男性より毛が細いとはいえ、
ぼうぼうのすね毛が生えていた)
あくまでも美は相対的なものである。
来年の夏は、もっと半ズボンの男性が増えればといいと思う。

2018年8月18日 (土)

音楽:QUEEN "Body Language"

"Body Language"は、ロックバンドQUEENの1982年の曲である。
私が中学生だった頃の曲で、ヒットの程度は「そこそこ」という感じだった。
(間違っても大ヒットとは言えなかった)。

私は、この曲が嫌いだった。
おどろおどろしい(ように当時の私には聞こえた)曲調で、
QUEENのボーカル、故フレディー・マーキュリーが、"GIVE ME YOUR BODY"と
歌い続ける。
私にとっては、「男」という「醜い存在」が、「女」という「美しい肉体を持っている
存在」に一種のお恵み、施し(セックス)をねだっている曲のように聞こえた。
実際、当時の私にとって、女は「美しい肉体」という財産を持つ有産階級であり、
男は「醜い肉体」しか持たない無産階級なのだった。
一般に、女は、老いて美しさを失うことを恐れるが、男は、老いることは
怖れても、美しさを失うことは恐れない。
これは、お金持ちには財産を失う恐怖があるのに対し、貧乏人には、最初から
失う財産がないのだから、財産を失う恐れを持ち得ないのと
同じことのように思われた。

しかし、その後、フレディー・マーキュリーの死後に彼がゲイであったことを知った。
ということは、"GIVE ME YOUR BODY"の相手は、女ではなく、男だったのかも
知れない。
そう思うと、なんとなく、気分が軽くなった。
今回、この記事を書くために"Body Language"を久しぶりに聴いて、歌詞も見てみたが、
歌詞を見る限り、"give me"の相手は女性である、と思わせるような部分もある。
(例えば、"You got red lips"とか)
しかし、相手が女性であるとは明言してはいない。
そんな訳で、ゲイの人々というのは、男女の価値を相対化してくれる、私にとっては
とても有り難い存在なのである。

2018年8月13日 (月)

女性専用車両に賛成する自称リベラルは、リベラルではなく「逆保守」である -3-

女性が、犯罪、特に性犯罪に遭ったというニュースがあると(特に米軍関係者による犯罪の場合)、
よくゴリゴリの保守主義者が、こんないやらしいことを言う。
「若い女性が、そんなところで、そんな時間に何をしていたのでしょう?
ひょっとして、そっち系の女(要するに風俗関係の女性ということ)なんじゃないですか?」と。
(往々にして、場所が危険なところ、危険な時間帯だったりするので)
それに対しては「女性がどんな時間にどこにいようと女性の自由で、あたかも女性に
落ち度があったかのような言い方は女性差別である」と言う反論が、主にリベラル層から
なされる。
そう、女性がどんな時間にどこにいようと自由である。
そして、それは、男性も同様だ。
男性が、どの時間にどこにいようと自由である。
例え、ラッシュ時間帯に「女性専用車両」と勝手に称している(乗車契約上も、法律上も
根拠はない)車両に男性が乗ったとしても、自由なのである。

ところが、それに対して、今度は、一部の「自称」リベラル君たちがいやらしいことを
言い出すのである。
「男が何で女性専用車両に乗るのでしょう?ひょっとして、そっち系の男(要するに痴漢)
なんじゃないですか?」
この手のセリフを吐く「自称」リベラルは、本物のリベラルではない。
本物のリベラルであれば、人権的に問題があり、法律上もなんの根拠もない女性専用車両を
様々な手練手管(利用者にあたかも法律的な根拠があるかのように誤信させる、
男性が乗ってはいけないような雰囲気をつくる等)を使ってを既成事実化しようとする
国土交通省(国)や鉄道会社を批判しなければならない筈だ。
それにもかかわらず、上記の保守の理屈と同じ発想のいやらしい科白を吐く
「自称」リベラルは、やはり、自分たちが本物のリベラルではなく、単なる「逆保守」で
あることを早く自覚するべきであろう。

2018年8月12日 (日)

「写るオンナ」と「写らないオトコ」

公園や観光地に行くと、男性が連れの女性の写真を撮っているのをよく見かける。
或いは、女性がグループで自撮りをしていることも多い。
そして、大抵の女性には、写真に写る時の「決めポーズ」がある。
モデルなどではないごくごく普通の女性であっても、写真の被写体になることにかけては
一種の「プロ」である。
逆に、女性が男性を撮っているということは非常に少ない。
たまに女性が男性を撮っているのを見かけると個人的にとても嬉しくなるが、
女性が一方的に男性を撮るということは少なく(というよりほぼ全くゼロである)、
大抵は、男性が女性を撮るのとセットである。
また、男性が自撮りをするのを見かけるのは極めて稀である。

私は、男性が女性を撮影しているのを見る度、寂しい気分になる。
勿論、それは、私に撮影相手になるような女性がいないからではない。
「男性が写真の被写体にならない」ということに、一種の疎外感を感じるのである。
(そうかと言って、私が熱心にあちらこちらで自撮りでもしているのかといえば、
そういう訳でもないのだが。)

私以外の男性は、自分自身、或いは自分の属する「男性」が写真の被写体にならないと
いうことについて、何の疎外感も感じないのだろうか。
それは、私がずっと感じ続けている疑問である。

2018年8月 8日 (水)

渋谷から消えた2つの「メンズ館」

最近、渋谷の街から、二つの「メンズ」店鋪が姿を消した。
正確には、うち一つは約1年前に閉店していて、最近になって気づいた私の方が
ある意味間抜けである。(まぁ、約1年前も「最近」の範疇ということにしておいて下さい)
二つのメンズ店鋪とは、「ルミネマン」(JR系)と「109メンズ」(東急系)である。

渋谷109(メンズではない方)は、1980年代、私がショッピングに興味を持ち始めた頃、
当時高校生だった私にとって、超憧れのショッピング施設だった。
1980年代当時、どういう内容の商業施設だったか、覚えていないのだが、その後、
ギャルファッションの聖地となったことは、ご存知の方が多いであろう。
109を始めとして、私は、このように「憧れるもの」、「好きなもの」を女に
奪われてきたのである。
(渋谷109について、ついでに言えば、最近、「大きな地震で倒壊する可能性のある建物」に
指定され「あれれ?」と思った。)

さて、その渋谷109の「別館」が109メンズである。有徴(=標準外)の「メンズ」として、
本館から隔離されているのは、新宿伊勢丹や新宿丸井と同様である。
場所そのものは、悪くなかった。有名な駅前スクランブル交差点に面した場所だったからだ。
(逆に、それが結果的に「メンズ」の看板を下ろす原因ともなった)
しかし、フロアはいかにも狭く、本家109と比べて、格下感は否めなかった。
そして、その「格下メンズ館」すらも維持されなかった。
渋谷スクランブル交差点が、外国人の観光スポットとなったことで、
スクランブル交差点に面する109メンズも、今春、メンズ館をやめ、
外国人や女性も対象にした「マグネット by 109」という施設になってしまったのである。
メンズ館だった影響で、今のところ、男性向けの店が多く残っているし、
本家109を「女の聖地」として維持し、メンズの店を「排除」するという「差別的」動機からも、
マグネット by 109がメンズ館的な役割を残すことは予想されるが、外国人向け、女性向けの要素も
加味するということで「メンズ館」ではなくなってしまったのである。

もう一方の「ルミネマンズ」は、山手線の線路際に建つ、いかにも中途半端感のある
施設だった。
そもそも、ルミネなのに、駅からかなり離れた場所にある時点でおかしい。
(ルミネは、JR東日本がファッションを扱う駅ビルにつけるブランド名である)
規模も、3階建程度で低く、見るからに「暫定利用」だった。
土地があるけど、駅から離れていて使い道が見当たらない。
そういえば、隣が男性客の比較的多いCDショップ(タワーレコード)だから、
じゃぁ、メンズ館でも建てておくか、という思惑が透けて見えていた。
そして、渋谷駅改良に伴い工事スペースが必要になったので、閉店したというわけだ。

このように、使い道に困った中途半端な場所に建てられ、必要が生じれば
すぐに無くなってしまうのが、男性向けの商業施設である。
一方、超一等地に競うように建てられるのが女性向けの商業施設である。
ショッピングに興味を持たない男性は、特になんとも思わないかもしれない。
(そもそも、そこにメンズ館があったことすら気づいていない可能性もある)
しかし、高校生の頃からショッピングに興味を持ってきた私としては、
フェミニストや左翼がいくら「男性優位社会」とがなりたてても、全く、その
「男性優位社会」とやらを信じる気になれないのである。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ

Since 2014

  • Since August 11/2014
    Tokyo,JAPAN