« 音楽:QUEEN "Body Language" | トップページ | 大丈夫ですか?NHKさん その1 (セクハラやパワハラは憲法上の人権の問題か?) »

2018年8月28日 (火)

男性と半ズボン

かなり以前(10年くらい前かもしれない)の話である。
私は、ネット(場所は覚えていないが、いわゆる匿名掲示板だったかもしれない)で
こんな内容の書き込みを読んだ覚えがある。
「男性は、男の子の丈の短い半ズボンを若い女に奪われ(いわゆるホットパンツ)、
大人の男性は今や、丈の長めの半ズボンすら穿く権利を奪われようとしている。」
私は、それを読んだ時「その通りだ」と思った。
その頃には、確かに男性は、暑い真夏であっても、半ズボンを穿くのが
憚られるような雰囲気があったような気がする。

しかし、ここ数年、夏に街を歩いていると、半ズボンの男性をかなり見かける。
ひょっとしたら、男性に対する半ズボンタブーが以前に比べ薄れてきているのかも
しれない。
半ズボンの男性の中には、すね毛がぼうぼうの人もいて、以前の私だったら、すね毛ぼうぼうの足を
晒して歩く男性に強い嫌悪感を感じるとともに、嫌悪感を感じる自分自身を嫌悪していたに違いない。
(すね毛は、男性の特徴であり(勿論、すね毛が生える女性もいる。後述。)、
それを否定的に捉えることは、私も男性の一員である以上、自分自身を
否定することだからである。)
しかし、最近の私は、男性がすね毛ぼうぼうの足を晒して街を歩いてもいいじゃないかと
思えるようになった。
女は、肌を晒して街を歩くことが許される。
もし、女に「肌を晒して街を歩くな」と言ったら「女性差別」と言われるだろう。
同様に、男性に「肌を晒して歩くな」的な風潮があるのならば、それは
男性差別である。
「女は綺麗だから肌を晒してもいいが、男性は毛むじゃらだから体を隠さなければ
ならない」というような考えもあるだろう。
しかし、絶対的に女は綺麗、男は汚いというわけではない。
(例えば、去年の夏、電車で私の隣に座った足を晒した若い女には、男性より毛が細いとはいえ、
ぼうぼうのすね毛が生えていた)
あくまでも美は相対的なものである。
来年の夏は、もっと半ズボンの男性が増えればといいと思う。

« 音楽:QUEEN "Body Language" | トップページ | 大丈夫ですか?NHKさん その1 (セクハラやパワハラは憲法上の人権の問題か?) »

男女論」カテゴリの記事

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ

Since 2014

  • Since August 11/2014
    Tokyo,JAPAN