« 女性専用車両は本当に痴漢対策か? | トップページ | 自分の足に対する愛着が嫌悪に変わるまで »

2018年10月26日 (金)

男性差別:JR九州「ハロー!自由時間クラブ」

私の趣味が旅行であること、その旅行において男性差別的なものに出会って
とても嫌な思いをすることが増えたことは以前書いた。
近々九州旅行を考えているのだが、今日、JR九州のサイトを調べていて、
また不愉快なものの不意打ちに遭ってしまった。
JR九州の切符予約サイトを開いたら、JR九州の「ハロー!自由時間クラブ」
なるもののバナー広告が表示された。
バナー広告に大きく書いてある入会資格が男性差別的で「女性50歳以上、男性60歳以上」。
以前紹介したジパング倶楽部(女性60歳以上、男性65歳以上)よりも露骨な
性差別である。
ジパング倶楽部は、現在50歳の私にとっては、今のところ実害はない。
しかし、JR九州のこの性差別は、私に実害をもたらしそうだ。
私は、JR九州3日間乗り放題の「ぐるっと九州きっぷ」(14000円)を使うことを考えている。
この切符はJR九州乗り放題ではあるが、特急料金(九州新幹線を含む)や
指定席料金は別払いである。
しかし、私と同じ50歳でも女性であれば「ハロー!自由時間クラブ」に
入会すれば(会費無料)、九州新幹線指定席や特急指定席も乗れる3日間フリー
切符(ハロー!自由時間ネットパス)を15500円で使うことができるのである。
私が今回の九州旅行で使う特急料金、指定席料金はおそらく1万5000円程度
にはなるだろう。
私は、男性であるという理由で女性である場合に比べて1万数千円多くお金を
払わなければならなくなるわけだ。
本当に不愉快である。
この不愉快な気分は、きっと九州旅行中、ずっと私につきまとうことだろう。
この「ハロー自由時間クラブ」が始まったのは一昨年(2016年)のようだ。
表向きの性差別解消が叫ばれる中で、女性差別だけが問題にされ、
男性差別は、むしろどんどん拡大しているのである。

« 女性専用車両は本当に痴漢対策か? | トップページ | 自分の足に対する愛着が嫌悪に変わるまで »

男性差別」カテゴリの記事

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ

Since 2014

  • Since August 11/2014
    Tokyo,JAPAN