« 男性差別:九州旅行結果報告(RE:JR九州「ハロー!自由時間クラブ」) | トップページ | ハフィントンポストから良心的な記事2題 »

2018年12月25日 (火)

書籍:ベティ・フリーダン 『新しい女性の創造』(1963年)

このブログの読者(特に若い読者)には、”ベティ・フリーダン”の名を聞いても分からない人も
いるかも知れない。(wikipediaの日本語版にも”ベティ・フリーダン”の項目がないので、
ちょっとびっくりしている)
しかし”ベティ・フリーダン”は私が若かった1980年代にはしばしば聞いた名前である。
彼女はアメリカ人でそもそもはジャーナリストだったが、1963年に出版した"The Feminine Mystique"
(邦題『新しい女性の創造』)は、1960年代、1970年代のアメリカウーマンリブ運動に大きな影響を与え、
彼女は一躍有名になった。
そして、現在でもアメリカ最大のフェミニスト団体であるNOWの初代会長となった。
但し、彼女自身は、その後、フェミニズム運動の中で保守派と見做されるようになり、
運動の主流から外れていった(早い話がラジカルフェミニストから追い出された)。
そんな訳で「新しい女性の創造」を読んでも、今のフェミニズムの主張が理解できる
わけではない。
しかし、60年代、70年代ウーマンリブ運動の初期の主張を理解する助けにはなる
だろう。

『新しい女性の創造』の内容をかいつまんで書いてみよう。
「人間は誰しも自らの成長を望むものだし、成長してこそ人間である。
そして、人間の成長は高等教育を受け専門職に就いて働いた時に可能となる。
それなのに、現代アメリカ(とは言っても1960年代の話だが)の女性は若くして結婚して
家庭に閉じ込められてしまう。これは女性の人間としての成長や自己実現を
阻害することである。そしてそれは単に女性だけの問題という訳ではなく、
現代(1960年代)のアメリカ社会の諸問題が、実は、女性が家庭に閉じ込められていることに原因がある」
・・・という要旨の本である。
中でも私の印象に残ったのは「男性が月に行く時代になったのに、女性は家庭に閉じ込められている」と
いうようなフレーズである。
そこで、今回はこのフレーズについて考えてみたい。
確かに男性は月へ行った。(1969年)
しかし、同時に戦場にも行ったのである。(ベトナム戦争1955年-1975年)
そして勿論、月に行った男性よりも戦場に行って殺し合いをする羽目になった男性の方が
圧倒的に多い。(注1)
しかし、ベティ・フリーダンには、そのような男性だけが負い、女性は負わなくてもいい
負の役割が見えなかったようだ。
男性が戦争へ行くという話は何回か出てくるが、それが女性に与える影響しか書いて
おらず、男性が出征した先の戦場で体験する殺し合いの辛さや
「何故、女性は戦争に行かないのか」という疑問提示は一切見られないのである。

更に言うならば、月へ行くというのは確かに偉業であり、人類の進歩の最先端を
体験すると言うことだ。
しかし、非常に危険な挑戦でもあったのである。
もし将来、月旅行の安全性が確立されれば、女性も月旅行へ行くようになるだろう。
それどころか、旅行会社はこぞって「月旅行に行きたい女性を狙え」という戦略を立てて、
月旅行の女性割引や女性専用月ロケット、女性専用月ホテルを登場させるに
違いない。ベティ・フリーダン自身が認めているように女性が「消費の女王」だからだ。(注2)
今、私たちが生活している社会に大手を振って存在している各種女性割引や女性専用○○を考えれば、
決して冗談ではないことが分かるだろう。

(注1)しかし、そのような現実を無視して「戦争の一番の犠牲者は女性や子供」という
見解を述べるのが「良識的」とされていることに暗然とせざるをえない。

(注2)本書の第9章は、そのものずばり「消費の女王」というタイトルである。
勿論、ベティ・フリーダンは女性が「消費の女王」と祭り上げられることに否定的である。

« 男性差別:九州旅行結果報告(RE:JR九州「ハロー!自由時間クラブ」) | トップページ | ハフィントンポストから良心的な記事2題 »

書籍(学術書)・放送番組・出版物記事・インターネット記事・ドキュメンタリー映画・広告」カテゴリの記事

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ

Since 2014

  • Since August 11/2014
    Tokyo,JAPAN