« 積もれば大きくなるはずの小さな話(第10話) APPLE発表会に思う | トップページ | 積もれば大きくなるはずの小さな話(第12話) 憲法解釈に奇妙な前提を持ち込んではならない »

2019年3月20日 (水)

積もれば大きくなるはずの小さな話(第11話) 見たくもない政治的主張を見せられる話

私は、普段、「不愉快な思いをしてでも知りたい」という覚悟のある時(例えば、男性差別について調べる時など)以外は、
極力、不愉快に感じる可能性のあるコンテンツは避けるようにしている(精神衛生上、よろしくないので)。
それなのに、見たくもない政治的主張を見る羽目になることが
往々にしてあるのである。

例えば、あなたが楽しみにしていた購入商品がアマゾンから届いたとする。
あなたがワクワクして箱を開けたら、そこからあなたの大嫌いな政治的思想が書かれたパンフレットが
出てきたらあなたはどう感じるだろうか。
折角のワクワク感が台無しにならないだろうか?
数年前、私は何度もそういう気分を味わった。
アマゾンの箱を開けると商品と一緒に「学校へ行けないのは女の子だから」などの
「女性がこんな酷い目にあっています」系のパンフレットが入っているのである。
私は「男性に生まれることは不幸なことだ」と感じている。
それなのに、楽しみにしていた商品と一緒に「女性に生まれるのはこんなに不幸」と
いう政治的主張を書いたパンフレットを有無を言わさず送りつけるのは
例えるならば、肉食を禁ずる宗教を信じる人に肉を食べさせようとするのと
同様の行為である。
勿論、アマゾンの方には不快感を与える意図はないのだろう。
今日「女性が虐げられている(だからそれを何とかしなくてはならない)」というのは単なる政治的主張ではなく
「絶対正義」となってしまっているのだ。
(なお、最近はアマゾンの商品箱にその手のパンフレットが入っていることは無くなった)

先日(3月8日)は、google検索しようとしただけで、その日が「国際女性デー」で
あるというプロパガンダを見る羽目になった。
googleのロゴが「女性」だの「Woman」だのの文字で修飾されていたのである。
私は単に検索をしたいだけで、その日が「国際女性デー」であるなどという情報は
欲していないのにである。
3月8日が「国際女性デー」であるというのは「事実」でありプロパガンダでは
ないという考え方もあるだろう。
そこで、今度の11月19日にGoogleに注目しよう。
11月19日は「国際男性デー」である。もし、3月8日の「国際女性デー」には
「女性」をあしらった装飾をしたのに、11月19日に「男性」をあしらった修飾を
しなかったならば、そこにはやはり政治的主張があると考えるべきであろう。
という訳で、Googleさん、見てますよ。

« 積もれば大きくなるはずの小さな話(第10話) APPLE発表会に思う | トップページ | 積もれば大きくなるはずの小さな話(第12話) 憲法解釈に奇妙な前提を持ち込んではならない »

短文」カテゴリの記事

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ

Since 2014

  • Since August 11/2014
    Tokyo,JAPAN