« 渡辺恒夫『脱男性の時代』を読む その2 | トップページ | 渡辺恒夫『脱男性の時代』を読む その4 »

2019年5月26日 (日)

渡辺恒夫『脱男性の時代』を読む その3

前回の記事で男性は「主体」であるが故に「美(客体)」になることが出来ないと書いた。
ということは、やはり、「主体」=「主役」=「男性」であり、
女性は「客体」=「脇役」として「モノ化」されているのではないかという主張が
フェミニストからなされるかも知れない。
だが、実は、今日において女性は「主体」になろうと思えば、簡単になれるのである。
具体例として、街には、自撮りしている女性達が溢れている。
その自撮りを止めて、スマホのカメラを男性に向ければ、その瞬間から彼女達は「主体」になりうるのだ。

もう少し、詳しく考えてみよう。
「自撮り、SNSアップ」は、『脱男性の時代』が出版された33年前は存在しなかった今日的風俗(?)の代表格であろう。
そして「自撮り、SNSアップ」をしているのは97.5%(当社推定値)女性なのである。
この「自撮り、SNSアップ」という行為の裏には「客体となりたい、ネットで客体として観賞されたい」という欲望があるのだ。
考えてみれば、女性の自撮りとは「客体自身が自らに好ましい姿を客体化」するという主体(男性)なき世界なのである。(注)
女性達は男や男社会に強要されて「自撮りSNSアップ」をしているのだろうか?
否。彼女達は自ら望んでそれをやっているのだ。
そして、それは寧ろ「主体」である筈の男性の方がどん引きするレベルにまで達しているのである。
女性のモノ化に抗議するフェミニストが対決しなければならないのは男/男社会ではなく自撮り女性である。
自撮りをやめることなど簡単なのに、それをやめない女性達だ。
フェミニストは「男社会に抗議」などという大上段なことは止めて、街で自撮りをしている女性たちに
「自撮りをやめてスマホカメラで男性を撮ろう」と呼びかけるべきだろう。
自撮りをやめて、男性を撮影し始めた時に「主体」としての女性が現れるはずだからだ。
しかし、フェミニストたちはそれをしない。
そんなことをしても、自撮り女性達から自分たちの提案が拒絶され、
挙句の果てには、女性の味方の筈の自分達が当の女性たちから疎まれるであろうことを本能的に察知しているのである。
だからこそフェミニストは「全て男のせい」にして男性を責めつづけ、
その一方で、女性達は何ら咎められることなく自撮りの快楽(自己客体化の快楽)に耽りつづけている。
それが『脱男性の時代』出版から33年経った現在の状況であるように思われる。

(注)本当に主体(男性)を必要としないかは、以前書いた「男性が全員女体嫌悪型同性愛者となった社会」を
想像してみて欲しい。
そのような社会でも彼女達は無邪気に「自撮り、SNSアップ」という行為を続けられるだろうか?
私は無理だと思う。

« 渡辺恒夫『脱男性の時代』を読む その2 | トップページ | 渡辺恒夫『脱男性の時代』を読む その4 »

渡辺恒夫「脱男性の時代」論」カテゴリの記事

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ

Since 2014

  • Since August 11/2014
    Tokyo,JAPAN