« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月14日 (金)

渡辺恒夫『脱男性の時代』を読む その5

こうして、近代市民社会において男性は「美」や「エロス」を捨てた。
ところが、皮肉なことに男性が肉体のエロスを捨てたところに「ビジュアル社会」
(要するに「見た目優位社会」)が到来したのである。
具体的には、写真や映画(動画)が発明された。
そして、写真も映画も当然のように女性ばかりを被写体に選び、
現代社会は女性のイメージで溢れかえることとなった。
もし、宇宙人(*1)が地球の様子を観測したならば、溢れかえる女性のイメージを見て、
地球の主役は女性であると考えるに違いない。
それを我々は「女性のイメージが溢れているのは女性が蔑視されモノ化された結果だ」などと
まわりくどい理屈で説明しているのである。

現実問題として、現代において女性は「美しい肉体を持つ性」として、
マスメディアのグラビアぺージを占拠し、都市という舞台の主役を謳歌し、
更には、その肉体美の優位性を利用して男性の領域(社会的地位)をも侵そうとしている。

こうやって、女性が男性の領域を侵す一方で、男性の方は女性の領域に踏み込むことが許されていない。
『脱男性の時代』が出版された時代と比べると、現代は、従来女性の領域とされていた
家事や育児などへの男性の進出が著しく進んだと言えるだろう。
(私も特に男性の育児は重要だと考える。)
しかし、女の領域の「本丸」は実は家事や育児ではない。
「本丸」は「エロス的肉体性」なのである。
この「本丸」に攻め込まない限り、男性の劣勢は続くだろう。
----
以上、渡辺恒夫の論旨を『脱男性の時代』出版後33年の変化も踏まえ、私なりに説明をしてみた。
実際、私は思春期以降、雑誌やTVで女性ばかりが取り上げられることに強いコンプレックスを
感じてきた。
かなり以前、当ブログのコメント欄(現在はコメント欄への投稿は受付けていないが)に
「男性誌の表紙も女性誌の表紙も女性の写真ばかりであることに女性に対するコンプレックスを感じる」と
いうような趣旨のコメントをくれた男性がいたが、私も全く同じ劣等感に悩まされてきた。
私は「男性にも雑誌の表紙になる価値があること」を証明しようと、マスメディア等で
一生懸命「男性のイメージ」を探し続けた。
しかし、探せば探す程「女のイメージ」ばかりを見せられる羽目になるのだ。
男性のイメージのを探しているのにも拘わらず、女性のイメージばかりを見せつけられるということは、
要するに男性には何らの美的価値もないということではないか。
しかし、男女平等が叫ばれてきたここ数十年、私のこの悩みは恰も存在しないかのように扱われたのである。
唯一、真正面から私の悩みに応えてくれたのが『脱男性の時代』だったということだ。

(*1)ここでいう宇宙人とは「地球の状況を客観的に観察出来る者」の例えである。

2019年6月 7日 (金)

渡辺恒夫『脱男性の時代』を読む その4

渡辺恒夫の論を進めよう。

近代市民革命(手っ取り早く言えば「フランス革命」)に於いて男性は自らの「存在」と「肉体」と
それらから生ずる「エロス」を捨ててしまった。
近代市民革命前の封建制時代、男性は「存在」(etre、英語のbe)であった。
「貴族」とか「農民」として「存在」し、
例えば貴族男性は、貴族の誇りにかけて他の階級の男性より美しくなければならなかった。
ところが、フランス革命により身分制は失われ、以降の近代市民社会に於いて男性を測る尺度は
「所有している」(ブルジョワ)か「所有していない」(プロレタリア)かになってしまった。
美しい絵画や美女を「所有すれば」ブルジョワ男性、「所有しなければ」プロレタリア男性である。
ここに「美」とは(少なくとも男性にとっては)「自分があるべき姿」ではなく「所有するモノ」に
なったのである。
そして「美」は「モノとして所有される」というマイナスの烙印性を持つようになった。
近代市民社会は男性に「能動的」で「合理的」な「精神」であることを要求した。
この時から男性は「受動的」な「肉体」とそれに伴う「美」や「エロス」を
喪失したのである。
そして、男性の肉体に欲望を抱く(つまり男性を受動的な肉体、エロスと看做す)男性同性愛に
対する今日的タブーが成立したのもこの近代市民革命後である。
----
渡辺恒夫は近代市民革命は男性に悲劇をもたらしたと捉えている。
対比するならば、フェミニズムは近代市民革命とほぼ同時期に発生した思想であり、
近代市民革命が男性にもたらした効果を肯定する、謂わば「女に近代市民革命が
起きないのは差別だ」思想であることに留意する必要があるだろう。
(勿論、200年以上経ってフェミニズムも多様化しているが)

近代市民革命と男性性の変容については、(私の嫌いな)伊藤公雄も、比較的似たようなことを述べている。
近代市民社会は、男性に「平準化」(身分制が無くなったこと)と「分化」(互いに異なる狭い範囲の職務を
こなすということ)をもたらし、その反動が男らしさ(力、権力、所有)を強調するロマン主義、
ひいてはファシズムを生み出したという見解である。(*1)

(*1)伊藤公雄 「男らしさ」の挫折 『自尊と懐疑 文芸社会学をめざして』作田啓一・富永茂樹編
(筑摩書房、1984)所収

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ

Since 2014

  • Since August 11/2014
    Tokyo,JAPAN