« 渡辺恒夫『脱男性の時代』を読む その4 | トップページ | 渡辺恒夫『脱男性の時代』を読む その6 »

2019年6月14日 (金)

渡辺恒夫『脱男性の時代』を読む その5

こうして、近代市民社会において男性は「美」や「エロス」を捨てた。
ところが、皮肉なことに男性が肉体のエロスを捨てたところに「ビジュアル社会」
(要するに「見た目優位社会」)が到来したのである。
具体的には、写真や映画(動画)が発明された。
そして、写真も映画も当然のように女性ばかりを被写体に選び、
現代社会は女性のイメージで溢れかえることとなった。
もし、宇宙人(*1)が地球の様子を観測したならば、溢れかえる女性のイメージを見て、
地球の主役は女性であると考えるに違いない。
それを我々は「女性のイメージが溢れているのは女性が蔑視されモノ化された結果だ」などと
まわりくどい理屈で説明しているのである。

現実問題として、現代において女性は「美しい肉体を持つ性」として、
マスメディアのグラビアぺージを占拠し、都市という舞台の主役を謳歌し、
更には、その肉体美の優位性を利用して男性の領域(社会的地位)をも侵そうとしている。

こうやって、女性が男性の領域を侵す一方で、男性の方は女性の領域に踏み込むことが許されていない。
『脱男性の時代』が出版された時代と比べると、現代は、従来女性の領域とされていた
家事や育児などへの男性の進出が著しく進んだと言えるだろう。
(私も特に男性の育児は重要だと考える。)
しかし、女の領域の「本丸」は実は家事や育児ではない。
「本丸」は「エロス的肉体性」なのである。
この「本丸」に攻め込まない限り、男性の劣勢は続くだろう。
----
以上、渡辺恒夫の論旨を『脱男性の時代』出版後33年の変化も踏まえ、私なりに説明をしてみた。
実際、私は思春期以降、雑誌やTVで女性ばかりが取り上げられることに強いコンプレックスを
感じてきた。
かなり以前、当ブログのコメント欄(現在はコメント欄への投稿は受付けていないが)に
「男性誌の表紙も女性誌の表紙も女性の写真ばかりであることに女性に対するコンプレックスを感じる」と
いうような趣旨のコメントをくれた男性がいたが、私も全く同じ劣等感に悩まされてきた。
私は「男性にも雑誌の表紙になる価値があること」を証明しようと、マスメディア等で
一生懸命「男性のイメージ」を探し続けた。
しかし、探せば探す程「女のイメージ」ばかりを見せられる羽目になるのだ。
男性のイメージのを探しているのにも拘わらず、女性のイメージばかりを見せつけられるということは、
要するに男性には何らの美的価値もないということではないか。
しかし、男女平等が叫ばれてきたここ数十年、私のこの悩みは恰も存在しないかのように扱われたのである。
唯一、真正面から私の悩みに応えてくれたのが『脱男性の時代』だったということだ。

(*1)ここでいう宇宙人とは「地球の状況を客観的に観察出来る者」の例えである。

« 渡辺恒夫『脱男性の時代』を読む その4 | トップページ | 渡辺恒夫『脱男性の時代』を読む その6 »

渡辺恒夫「脱男性の時代」論」カテゴリの記事

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ

Since 2014

  • Since August 11/2014
    Tokyo,JAPAN