« 渡辺恒夫『迷宮のエロスと文明』(1991)を読んで考えたこと | トップページ | 伊藤公雄「男らしさの挫折」(1984)は「日本(初)の男性学論文」と言えるか? »

2020年4月25日 (土)

私が自分の髪の毛のプライドを取り戻すまで。

自分の髪の毛を初めて意識したのはいつの頃だっただろう?
小学生高学年の時に通っていた進学塾にH君という男の子がいた。
髪の毛が長めで笑うとエクボができるとても可愛らしい男の子だった。
ある時、彼の髪からとてもいい匂いがしたので「これ何の匂い?」と聞いたら
「リンスの匂い」という答えが返ってきた。
私が「リンス」というものを初めて知ったのはこの時である。
私は家に帰るとお風呂場に行ってみた。
すると、我が家にも全く同じ匂いのリンスがあったのである。
(40年以上前の話なので、そもそも製品のバリエーションが少ない)
私は、そのリンスを使うようになった。
頭を振ると髪からいい匂いがして、私はいい匂いのする自分の髪の毛に陶酔感を
覚えた。

しかし、思春期になって、私の自分の髪への愛情とプライドは消えていった。
柔らかだった髪はいつしか艶のないゴワゴワした髪に変わってしまった。
そして、私は女性の髪を羨むようになっていた。
女性の艶があって、柔らかそうで、それでいて強そうな髪の毛が羨ましかった。
女性たちの素敵な髪の毛に対して、私の髪は艶もなくゴワゴワしていて硬かった。
私は、その原因は性ホルモンにあると考えていた。
女性たちは、思春期以降、女性ホルモンによって素敵な髪の毛を手に入れる。
それに対して男である私は、男性ホルモンによってゴワゴワの髪の毛になってしまった
のだと。
大学生時代、パソコン通信を始めてから出入りするようになったトランスジェンダー系
ネットの書き込みでも「女性ホルモンを打つと髪の毛が女性のようにしなやかになる」と
書かれていて、私の考えに間違いはないように思われた。

しかし、それは間違っていた。
今から数年前、私は30年以上に亘った自分の考え違いに気づいたのである。
今、私の髪は素敵な髪の女性に負けないくらいサラサラで艶がある。
勿論、女性ホルモンの力など借りていない。
つまり、性ホルモンの問題ではなかったのだ。

私は、次第に男性としてのプライドを取り戻してきた。
いろいろなメディアや街中で女性の綺麗な髪を見ても、以前のような死にそうな
羨望感は感じなくなった。
例えば、PCのモニターに映る有村架純の綺麗な髪の毛を見ても余裕だ。
何故ならモニターから視線を逸らして脇にある鏡に目をやれば、そこには
彼女に負けないくらい艶のある自分の髪の毛を確認できるからだ。

世間的には、鏡を見ながら「自分の髪は有村架純にも負けない」などと妄言を
吐いている50代オヤジは不気味なのかもしれない。
でも、いいんですよ、誰にも迷惑はかけていないし、本人さえシアワセならば。

« 渡辺恒夫『迷宮のエロスと文明』(1991)を読んで考えたこと | トップページ | 伊藤公雄「男らしさの挫折」(1984)は「日本(初)の男性学論文」と言えるか? »

女性羨望・私の性」カテゴリの記事

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ

Since 2014

  • Since August 11/2014
    Tokyo,JAPAN