女性羨望・私の性

2019年3月29日 (金)

積もれば大きくなるはずの小さな話(第13話) 裸をみられる恥ずかしさ

子供の頃の私は、自分の裸を他人に見られることに恐怖と恥ずかしさを感じていた。
その恥ずかしさは一種独特だった(他人に自分の領域に攻め込まれるような感じ)。

しかし、思春期以降「他人に裸を見られる恥ずかしさ」は別種のものに変化してしまった。
男性(特に私)の裸は、他人に不快感を与えるものなのだ。
私の裸は、他人が「見たい(攻め込みたい)」と思うような素敵なものではなかったのだ。
他人に裸を見せるとき、私は「他人に不快感を与えている自分の裸」を恥じるように
なった。子供の頃とは、ある意味で逆の恥ずかしさになってしまったのだ。
高校生の時、体育の授業のためだっただろうか、食事をしているクラスメイトのすぐ
近くで着替えた。その時のクラスメイトの不快そうな顔を今でも思い出す。

私がもし、女に生まれていたらどうだっただろうか。
思春期に入ると、オンナの体には、高い商品価値があり、男どもが自分(女)の体に
欲望することが分かってくる。そして、それが幼少の時の「裸を見られる恥ずかしさ」
と結びついて「見られる」ことが強い快楽になっていったような気がするのである。

実際には、私は男で、しかも醜貌恐怖症だったが、私の醜貌恐怖症は男性のシンボル(おちんちん)に
深く結びついており、女であったならば、醜貌恐怖症にはならなかった可能性が高い。
ただし、やはり、何らかの精神疾患にはなっていたような気がする。
おそらく、摂食障害あたりに罹患していた可能性が高いと自分では思っている。

2019年3月12日 (火)

積もれば大きくなるはずの小さな話(第9話) 「花一匁」

私が、幼少の頃、とてもエロチックに感じていた遊びが「花一匁」である。
2組に分かれ向かい合いながら「あの子が欲しい」と要求しあい、
じゃんけん等で勝つと、勝った方が要求したこどもを相手から側から自分の陣に奪ってくることが
出来るという遊びである。
「欲しがられて、敵陣に奪われてしまう」というのは子供心に
なんとも言えずエロチックな遊びだった。
敵陣から「◯◯(私の名前)が欲しい」と言ってもらいたかった。
しかし、実際に花一匁をしていても、私が欲しいと言われることは殆ど無かったように思う。
私は「自分は欲しがられない子どもなんだ」という自己認識を持つようになった。
そんな私でも、思春期に入る直前の小学校高学年の一時期(だけ)「自分は他人から欲しがってもらえる
存在かも知れない」と感じたこともあった。
しかし、すぐに思春期に入って「女の子だけが欲しがられるに値する存在である」
「男は欲しがる側をしなければいけない」ということを思い知らされ、
大いに落胆したのである。
(しかも、フェミニズムから加害者扱いまでされるのだから堪ったものではない。)

2018年11月 3日 (土)

自分の足に対する愛着が嫌悪に変わるまで

私は、小学生の頃、自分の足に独自の意識・感覚を持っていた。
今、それを言葉で表せば「エロチックな感覚」と言えるだろう。
(当時は、当然まだ「エロチック」などという言葉は知らなかったが)
当時の丈の短い半ズボンから覗く自分の太ももに言葉にならない愛着の念を抱いていた。
今、当時の写真を数枚見ても、自分で言うのもなんだが、本当に細くて綺麗な足である。
(当然、すね毛も生えていない)
当時、足は内股だった。立っている時も座っている時も、自然に足は内側の方を向いた。
小学校中学年頃だろうか。全校集会か何かで校庭で整列する時、担任の先生から
こう言われた。「足先を外側に向けて立つように。そっちの方が楽だろう?」。
私は思った「えー、全然楽じゃないよ」と。
足先を内側に向ける方が当時の私にとっては全然、自然で楽だったのだ。

最初に自分の足にマイナスの印象を抱いたのは、小学校高学年の時だ。
当時通っていた進学塾で突然、別の生徒からからかうように「短足」と言われたのだ。
ショックだった。そもそも、それまで私には「足が長い」とか「足が短い」という
美的基準がなかった。それをいきなり「短足」と言われて強いショックを受けたのだ。
今思うと、実際のところ当時の私は特に「短足」ではなかったと思う。
(長い足でもなかったが)
言った奴も本当に私の足をよく見た上で「短足」と言ったのかどうか、
今では疑問に思う。
ひょっとしたら、彼も「短足」という言葉を知ったばかりで、別の誰かに対して
使ってみたかっただけだけなのかもしれない。

しかしそれ以来、私は自分の「短足」を気にするようになった。
特に中学に入ってからは、自分の足の長さを異常に気にするようになった。
クラスメイトに背比べをしようと持ちかけ、実際には、背の長さではなく
こっそり足の長さを比べていた。そして、その様子を見ていた別のクラスメイトが、
見透かしたかのように「●●(背比べを持ちかけた相手)の方が足が長い」と
言うのだった。(今思うと、いかにも中学生っぽい光景である)

中2の頃、私は自分の足が太くなっていることに気づいた。自分の足が内股から
外股になっていることにも気づいた。すね毛も生え出した。
そして、間も無く、私は自分の足に強い嫌悪感を覚えるようになってしまったのだった。
小学生の頃に自分の足に愛着を覚えていたことを考えると、天国から地獄への
転落である。
そして、中高時代の身体的成長の中で、私は実際に「短足」になっていった。
(上半身に比べて足が伸びなかった)
当時の私は、こんなことを考えていた。
例えば、身長は平均だが、足が平均よりも4cm短いとする。
これは、単に足が4cm短足ということだろうか?
違う。足が4cm短いと同時に胴が4cm長いのである。
そして、胴の長さと、平均的な胴・足の長さ比率から算出した「あるべき足の長さ」と
比較すると7cmくらい短足ということになってしまうのである。
例えば、平均より7cm背の高い人が、いきなり足だけ7cmなくなってしまったらどうだろう?
すごく変ではないか?
私は、自分がその「変」な状態であると確信した。

いつしか、私は、自分の足(いや、男性全員の足)に強い嫌悪を抱き、
綺麗な女性の足に強い羨望を抱くようになっていた。
細くて綺麗な女性の足を100点とするならば、私の短くてゴツゴツしてすね毛が生えた
足は、0点どころかマイナス100点だった。
(ちなみに、いくら綺麗な足だとしても、女性ではなく男性の足だというだけで
50点減点である)
街を生足を晒して歩く女性に強い羨望感と敵意を感じるようになっていた。
そして、すね毛を見せる男性や座席に大股を広げて座る男性に強い嫌悪感を感じるようになった。
そして、家の中などで無意識に足を広げて座っている自分に気がつく時、
かつて内股だった自分が足を広げて座るのが自然になってしまったことを悲しんだ。
(因みに、家の外では「無意識の意識」が働き、足は閉じて座っていた)
小学生の頃は、男の子と女の子で足に大して違いはなかった(というよりも、むしろ
女の子に太い足が目立ち、私たちは彼女たちを「大根足」とからかっていた)。
私たち男の子も、今では見られなくなった丈の短い半ズボンを履いて
生足を晒していた。
というよりも女の子たちが基本スカートで、ズボンを履くとしても長ズボンが
ほとんどだったことを考えると、むしろ男の子の方が生足を晒していたと
思う。(女の子が生足を晒すのはブルマー(今でもあるのだろうか?)を履く体育の時
くらいだったのではないか?)
それなのに、思春期以降、女の子たちは、女性であるがゆえに女性ホルモンによって
綺麗な足を手に入れ、私たち男の子(特に私自身)は、男であるがゆえに男性ホルモンに
よって、汚い足になってしまう・・・
そして、女の子だけが「美しい性」の特権として、生足を晒して外を歩くことが
許され、「汚い性」の男は、足は勿論、肩や腕も露出してはいけないことに
なるのだった。
女性の綺麗な足(そして肉体全体)が他人にエロチックな印象を与えるのに対し、
男性の汚い足(そして醜悪な肉体全体)は、他人に不快感しか与えないのだ。
私は、自分が男に生まれてしまったことを悲しみ、綺麗だった私の足を
短くてゴツゴツしていて、すね毛の生えた醜い足に変えてしまった男性ホルモンを憎んだ。
(足が短いのは男性ホルモンとは関係ないかも知れないが)

数十年、その状態が続いた。
しかし、今の私には、自分の足に対する嫌悪感はない。
他の男性の足に対する嫌悪感も大幅に薄れた。
私に奇跡が起きたのだ。
その奇跡がどういうものなのかは、いずれ(かなり先かも知れないが)書きたいと思っている。

2017年7月14日 (金)

自分の肉体から消えてゆくエロス

子供の頃、自分の体はエロだった。エロティックな体験は自分の体に起きていた。
小学生の時、何人かのクラスメイトに体を押さえつけられ、くすぐられたことがあった。
くすぐったくて、真剣に「やめて」と頼むと結局はやめてくれるのだが、
そのあとで、「あのままくすぐり続けられていたら、自分はどうなってしまっていただろう」と
思うとゾクゾクした。
或いは、お風呂場でシャワーを浴びていて、ある時、おへその辺りにシャワーをかけたら、
くすぐったいようなものすごく変な感覚を感じた。
それ以来、私は時々、おへその辺りにシャワーをかけるようになった。
これらは、今考えると、エロチックな体験だったように思う。

しかし、思春期に入って、自分の体のエロは消えていった。
エロチックな体は女の体なのだった。
エロチックな出来事は女体にしか起こらないのだった。
エロチックな体験をするのは女だけであり、男はと言えば、エロチックな女の体、
女の体験するエロチックな体験にひたすら欲望しなければならないのだった。
私に言わせれば、エロチックな体(女性の肉体)こそ一流の肉体であり、エロチックな体を
持たず、一流の肉体(女性の体)に欲望し続けなければならない男性は、三流の存在で
ある。
しかし、世間的には、女性が蔑視されていて被害者、男性は加害者であるということに
なっているのである。
(その世間的な見方と、私の見方をくっつき合わせると「男性は三流の肉体しか持たない
加害者」という最低のイメージが出来上がる)。
私はそれが不愉快で仕方がない。

2017年3月 9日 (木)

ナルシストから醜貌恐怖症への転落

私が自分の容姿に関心を抱くようになったのは小学校高学年になった頃である。
小学5年生になって、毎日が楽しくてワクワクしていた。
そしてそんな毎日の中でいつしか自分の容姿への興味が生まれて行った。

私は、鏡を見るようになった。
そして、鏡の中に「美しい自分」を発見したのだった。
いつのことかは思い出せないのだが(但し、間違いなく小学校高学年の頃の話だ)、
私は、鏡に映る自分に陶然としてしまったことがある。
喜びというよりは恐怖を感じた。「自分は他の人たちと違う」という恐怖感だった。
世の中には、美しい人たちの美しい土地が存在し、そして、自分もその一員だ、と感じた。

小学5年生の終わりに、女の子からバレンタインのチョコレートとラブレターを貰った。
春休みには、その女の子からデートをして欲しいという電話がかかって来た。
私は、女の子が男の子の美しさを賛美し、デートを申し出ることに何の疑問も
感じなかった。
まさか、男性が女性の美しさを賛美し、デートを申し出るのが大人の世界のジョーシキだと
は全く気づかなかった。

小学6年生になって、学校のクラブ活動で私は副部長に自ら立候補した。
他に2人立候補者がいて、それぞれが抱負を述べた後、クラブ部員全員で挙手による投票が行われた。
そして、殆どの人の手が私に上がったのを見た時、私のナルシシズムは頂点に達した。
皆に、自分の美しさを賞賛されているような、皆から欲しがられているような
気がしたのである
(今思うと、彼らがなぜ私に手を挙げたのか正確な理由は分からないのだが)

だが、私のナルシシズムはそこまでだった。
その頃から、セックスの情報が入ってくるようになって、男性が女性の美しさに欲望し、
彼女たちを欲しがらなければならないということが分かってきたのである。

中学に入ってから、私は鏡の前で、常に欲求不満を感じるようになっていた。
鏡の前に立った時、私の期待するような姿が映らなくなっていた。
そして、中三になった頃、私はついに鏡の中に「醜い自分」を発見してしまったのである。
変な体型、短い足。
しかし何よりも私が嫌だったのは、ズボンの前のモッコリだった。
まるで形が分かってしまうかのようなモッコリだった。
「自分のペニスは大きいのだろうか」私は悩み、ペニスを憎んだ。
(普通の男の子は「小さいのではないか」と悩むらしいが )
外出しようとしても、鏡の前で1時間2時間自分の醜い姿を眺めた挙句、結局出かけられ
ないことが多くなった。
唯一外出することが可能なのは、学校の制服を着るときだけだった。
誰でも知っている通り、制服には匿名化効果がある。
制服を着ているとき、私は個人ではなく、XX高校の生徒なのである。
しかも、制服は体型やズボンの前のモッコリが目立たない(ような気がした)のも良かった。
私は私服での外出が困難になっていった。
夏休み中も、どこか行きたい時は制服で外出した。
制服を着て、用もないのに誰もいない学校へ行き、それから本当に行きたい場所に
行っていた。直接本当に行きたい場所に行っても、誰にも分からないだろうが、
自分自身に言い訳が出来なかった。
だから、登校時制服着用義務がある学校へ行って、自分が制服を着ると
いう行為を正当化する必要があったのである。
学校を卒業したら、制服が着れなくなってしまう・・・
ズボンの前がもっこりした短足の自分を隠すことが出来なくなってしまう・・・
わたしはそれを恐怖した。

2016年7月20日 (水)

私の女性羨望(1)

私は長いこと、自分が女性を羨ましく思うのは、女性にはおちんちんという醜い器官が
なく、すっきりとした股間をしているからだと思っていた。
そうではないことに気付いたのは比較的最近である。
私は、女性そのものを羨んでおり、その女性の最大の特徴がすっきりした股間なので
ある。
思春期になって、第2次性徴が現れるにつれ、私の女性への羨望は股間にとどまらず、
体の全体に広がっていった。
女性の綺麗な肌、しなやかな髪、甘い声、そして、月経・出産の神秘・・・
それらへの羨望感は、小さい時から感じていたすっきりした股間への羨望感に
よく似ていた。
いつしか、街で女性らしい女性を見ると、とても自然な感じを覚え、男性らしい男性
(失礼ながら、汚い肌でゴツゴツしていて、毛深く、髪の毛が薄い人)を見ると強烈な
違和感を感じるようになっていた。
女性は優れている、男性は劣っている・・・
女性に対する強烈な羨望とコンプレックス・・・
それなのに、マスコミを見ると「如何に女性が差別されているか」という話ばかり
なのだ。気が狂いそうだった。
或いは、女性がいかに優れているか、というような話も多かった。
しかし、「女性がいかに優れているか」という話をマスコミがする前提は
「女性は劣っているという偏見」を覆すためらしいのである。
ところが、私は女性のほうが優れていると思っているのである。
「女性は優れている、男性(自分)は劣っている」と感じ、苦しんでいる私に
「女性がいかに優れているか」という話を聞かせるなんて、あんまりではないか?
(つづく)

2016年3月28日 (月)

女性の肉体の神秘に対する羨望(書きかけ)

15年くらい前、フェミニストのグループとインターネット上で論争をしたことがある。
その時、フェミニストの一人が私に言った。
「あなたは、女を羨ましがっているみたいだけど、女には月経があるのよ。
あなたは、耐えられるの?」と。
彼女の着眼点は鋭い。
ただし、完全に方向が逆である。
私は月経を「耐える」というマイナスのものとは考えていなかったからだ。
私は、中学生くらいの頃からずっと女性の月経を羨んでいたのだ。

(この項書きかけ)

2016年2月16日 (火)

欲望する側でいなければならない苦しみ

私は、(一応)、異性愛者である。
だから、女性に欲望する。
だが、欲望しながら、欲望した相手の女性に嫉妬してしまうのだ。
彼女は、欲望されている。(他でもない、私が欲望している。)
彼女は、魅力的だ(他でもない、私が魅力的だと感じている)。
しかし、私自身は、欲望もされなければ、魅力的ともみなされない存在なのだ。
私だって、他人から欲望される魅力的な存在になりたかったのに・・・
このようにして、色気づいた頃から私の女性への羨望感は更に深まっていったのだった・・・。

2014年9月 5日 (金)

苦しみぬいた浪人生のころ

浪人生になったばかりの頃、私は、深夜にテレビで、ある映画を見た。
私が生まれたころに制作されたフランス映画で『昼顔』という作品名である。
あらすじは「お金持ちの人妻が、自分の中に潜む衝動に駆られて、自ら娼館に赴き、
昼間だけの娼婦になる」
というもので、進行の合間に主人公の心象風景が挿入される。
視聴者は、それが心象風景であることを知らず、ストーリー展開の一部だと思って
見るのだが、やがてその心象風景は、どんどん非現実的になってゆき、そこで、
ぱっと現実のストーリーに戻る。
そこで、視聴者は、今のがストーリーの一部ではなく、主人公の心象風景だということに
気付くのである。
私は、この映画を見ておかしくなってしまった。
特に心象風景は、私の精神に大いに動揺を与えた。そのマゾヒスチックな心象風景に
私の精神は共振してしまったのである。
私が、しょっちゅう、女性に感情移入して自慰をしていた事は前の記事に書いた。
自慰が終わるたびに、自分が男であることの不快感が高まったが、徐々にその不快感は
静まっていくのが通常だった。
しかし、その映画を見た後は違った。自分が男であることの不快感が暴走してしまった
のである。
私は、発作を起こした。過呼吸発作というのであろうか。死ぬのではないかと思った。
そして、その翌日から、私の図書館・本屋通いが始まった。
何としても、自分が男であることを自分自身に納得させなければならなかった。
しかし、自分が男である事を納得させられる資料は一向に見当たらず、それどころか、
女性に対する羨望感を高める資料ばかりが見つかるのだった。
例えば、図書館へ行けば、女性に関する本が沢山ある。しかし、男性に関する本は
まるでないのである。
(正確に言えば、その数年後に私を救うことになった、渡辺恒夫の本や下村満子の本は
既に発刊されていたが、私が発見することはできなかった。)
その現象は、「女性がマイノリティーだから、女性に関する本が沢山あるのに対し、
男性はマジョリティーだから男性に関する本はない」という理屈で説明されるのであろう。
しかし、私には「女性には価値があるから女性に関する本はたくさんあるが、男性である
ことには価値がないから男性に関する本はない」と思えてならないのだった。
そして、今度は、本屋に行けば、マーケティングの本がひたすら女性だけを取り上げ、
持ち上げているのだった。
私は、救いを求め、もがいたが、もがけばもがくほど、地獄に嵌っていった。
ある日、私は、気晴らしのために、パソコンショーに出かけた。
しかし、ちっとも気は晴れなかった。
パソコンショーでは、美しいコンパニオンさん達が、明るいスポットライトを浴びて
自分の魅力を見せびらかしていた。
醜い男である私は、暗闇の中から美しい彼女たちをただ羨望のまなざしで見るしか
ないのだった。
「彼女たちが羨ましい。女に生まれ、そして美人になって、自分の魅力を見せびらかして
いる。それに比べて自分は・・・」という思いが私を苦しめた。
夏に、私は所用があって、S駅の駅務室に入った。
そこで、私は、実に不愉快なものを見てしまったのだった。
駅務室に入ると若いOL風の女が泣き喚いているのである。
どうやら、不正乗車がばれて、駅務室に連れてこられたらしかった。
その女は、駅員が話しかけようとすると、その度に、わっと泣き出し、
「私、悪いことしようと思ってしたんじゃありませーん」と繰り返すのだった。
もう理屈も何もない。キセルしたのだから悪いことをしようと思ってしたに違いないのに。
泣くのも、嘘泣きだというのが、バレバレだった。
私は、腹が立って仕方がなかった。
女性に憧れる私でさえ、私が彼女と同じ立場になったとしても、あの場面で泣き喚くと
いうのは、ちょっと思いつかない事だ。
それを彼女は平然とやっているのである。
そして、マスメディアやマーケティングの連中が、持ち上げているのは、まさに彼女の
ような女であるように思えてならないのだった。
私の悪感情は、どんどん強まり、勉強しようという意欲はまるで湧かなかった。
それどころではなかったのである。

やがて、受験の季節がやってきた。
私は、当然のように受験に落ちまくった。
最後に受験して最後に発表があった一校を例外として。
そして、その例外こそが、小学生の時から私が憧れつづけていた第一志望大学なのだった。
奇跡だった。(注1)
この奇跡が起きていなかったら、私はとっくに自殺して、この世にいなかっただろう。
しかし、大学に受かったからといって、根本的な問題が解決するわけではない。
時代は、いよいよ、バブルというひたすら女性を礼賛する時代へと突入していった
のだった。

(注1)当時の私は英語を鬼門としていたが、第1志望大学の英語の長文問題が、私が
高校時代に愛読していた(勿論日本語で)作家の文章だったことがこの奇跡をもたらした。

(2019/02/23改訂)

2014年8月30日 (土)

女性にしか感情移入できなくなってしまったころ

笹沢佐保の小説に『悪魔の部屋』という作品がある。
あらすじは「新婚の人妻(世志子)が、ある目的を持った男にホテルに監禁され、レイプを
繰り返される。
最初、抵抗した世志子だったが、やがて肉体の快楽に目覚め、そして、心も自分をレイプ
した男を愛するようになる・・・」という感じで、いわば、ソフト官能小説といったところで
ある。
10代の頃、私は、この小説の女主人公に感情移入しては自慰を繰り返していた。
「レイプされて気持ちよくされ、やがて心からレイプ犯を愛するようになる」というのは、
私の子供のころの「誘拐されて、女になる手術を受けさせられる。最初は抵抗するが、
手術が進むにつれ、心から「私を早く女にして」と叫ぶようになる」という空想に似ている
のである。
実際、若い頃の私が自慰の時に抱く空想は「女としてレイプされる」というものが多かった。
(他に多かったのは「女として売春する」というもの)
自慰の最中は「女である自分」に陶酔しているからいいが、自慰が終わってからが
辛いのである。
「自分は男である」という現実が戻ってくる。
とても苦しくなり「何で男に生まれてしまったのだろう」「自分は生まれる時に、1/2の賭け
に負けてしまったんだ」という思いが交錯した。
「何とか女性になりたい」と考えたが、正真正銘の女性になることはできない。
何としても、自分が男であることを自分自身に納得させなければならない。
それに失敗したら死ぬしかない。
そう思った。
だから一生懸命「男であることにも価値はある」という証拠を探した。
「男は女と同じように美しい」
「男の肉体には女と同じくらい神秘がある」
「男にも女と同じ位やさしくされ、ちやほやされる価値がある」
「男も女と同じ位、消費者として重視される」
という証拠を一生懸命探した。
(私の場合、どうしても「女性と同じ」というのが重要なキーワードになってしまう)
しかし、探しても探しても「男にも価値はある」という証拠を見つけられず、
逆に「女には価値がある」という証拠ばかりが見つかってしまうのだった。
そして、私は、完全にノイローゼになってしまったのである。

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ

Since 2014

  • Since August 11/2014
    Tokyo,JAPAN