女性羨望・私の性

2017年3月 9日 (木)

ナルシストから醜貌恐怖症への転落

私が自分の容姿に関心を抱くようになったのは小学校高学年になった頃である。
小学5年生になって、毎日が楽しくてワクワクしていた。
そしてそんな毎日の中でいつしか自分の容姿への興味が生まれて行った。

私は、鏡を見るようになった。
そして、鏡の中に「美しい自分」を発見したのだった。
いつのことかは思い出せないのだが(但し、間違いなく小学校高学年の頃の話だ)、
私は、鏡に映る自分に陶然としてしまったことがある。
喜びというよりは恐怖を感じた。「自分は他の人たちと違う」という恐怖感だった。
世の中には、美しい人たちの美しい土地が存在し、そして、自分もその一員だ、と感じた。

小学5年生の終わりに、女の子からバレンタインのチョコレートとラブレターを貰った。
春休みには、その女の子からデートをして欲しいという電話がかかって来た。
私は、女の子が男の子の美しさを賛美し、デートを申し出ることに何の疑問も
感じなかった。
まさか、男性が女性の美しさを賛美し、デートを申し出るのが大人の世界のジョーシキだと
は全く気づかなかった。

小学6年生になって、学校のクラブ活動で私は副部長に自ら立候補した。
他に2人立候補者がいて、それぞれが抱負を述べた後、クラブ部員全員で挙手による投票が行われた。
そして、殆どの人の手が私に上がったのを見た時、私のナルシシズムは頂点に達した。
皆に、自分の美しさを賞賛されているような、皆から欲しがられているような
気がしたのである
(今思うと、彼らがなぜ私に手を挙げたのか正確な理由は分からないのだが)

だが、私のナルシシズムはそこまでだった。
その頃から、セックスの情報が入ってくるようになって、男性が女性の美しさに欲望し、
彼女たちを欲しがらなければならないということが分かってきたのである。

中学に入ってから、私は鏡の前で、常に欲求不満を感じるようになっていた。
鏡の前に立った時、私の期待するような姿が映らなくなっていた。
そして、中三になった頃、私はついに鏡の中に「醜い自分」を発見してしまったのである。
変な体型、短い足。
しかし何よりも私が嫌だったのは、ズボンの前のモッコリだった。
まるで形が分かってしまうかのようなモッコリだった。
「自分のペニスは大きいのだろうか」私は悩み、ペニスを憎んだ。
(普通の男の子は「小さいのではないか」と悩むらしいが )
外出しようとしても、鏡の前で1時間2時間自分の醜い姿を眺めた挙句、結局出かけられ
ないことが多くなった。
唯一外出することが可能なのは、学校の制服を着るときだけだった。
誰でも知っている通り、制服には匿名化効果がある。
制服を着ているとき、私は個人ではなく、XX高校の生徒なのである。
しかも、制服は体型やズボンの前のモッコリが目立たない(ような気がした)のも良かった。
私は私服での外出が困難になっていった。
夏休み中も、どこか行きたい時は制服で外出した。
制服を着て、用もないのに誰もいない学校へ行き、それから本当に行きたい場所に
行っていた。直接本当に行きたい場所に行っても、誰にも分からないだろうが、
自分自身に言い訳が出来なかった。
だから、登校時制服着用義務がある学校へ行って、自分が制服を着ると
いう行為を正当化する必要があったのである。
学校を卒業したら、制服が着れなくなってしまう・・・
ズボンの前がもっこりした短足の自分を隠すことが出来なくなってしまう・・・
わたしはそれを恐怖した。

2016年7月20日 (水)

私の女性羨望(1)

私は長いこと、自分が女性を羨ましく思うのは、女性にはおちんちんという醜い器官が
なく、すっきりとした股間をしているからだと思っていた。
そうではないことに気付いたのは比較的最近である。
私は、女性そのものを羨んでおり、その女性の最大の特徴がすっきりした股間なので
ある。
思春期になって、第2次性徴が現れるにつれ、私の女性への羨望は股間にとどまらず、
体の全体に広がっていった。
女性の綺麗な肌、しなやかな髪、甘い声、そして、月経・出産の神秘・・・
それらへの羨望感は、小さい時から感じていたすっきりした股間への羨望感に
よく似ていた。
いつしか、街で女性らしい女性を見ると、とても自然な感じを覚え、男性らしい男性
(失礼ながら、汚い肌でゴツゴツしていて、毛深く、髪の毛が薄い人)を見ると強烈な
違和感を感じるようになっていた。
女性は優れている、男性は劣っている・・・
女性に対する強烈な羨望とコンプレックス・・・
それなのに、マスコミを見ると「如何に女性が差別されているか」という話ばかり
なのだ。気が狂いそうだった。
或いは、女性がいかに優れているか、というような話も多かった。
しかし、「女性がいかに優れているか」という話をマスコミがする前提は
「女性は劣っているという偏見」を覆すためらしいのである。
ところが、私は女性のほうが優れていると思っているのである。
「女性は優れている、男性(自分)は劣っている」と感じ、苦しんでいる私に
「女性がいかに優れているか」という話を聞かせるなんて、あんまりではないか?
(つづく)

2016年3月28日 (月)

女性の肉体の神秘に対する羨望(書きかけ)

15年くらい前、フェミニストのグループとインターネット上で論争をしたことがある。
その時、フェミニストの一人が私に言った。
「あなたは、女を羨ましがっているみたいだけど、女には月経があるのよ。
あなたは、耐えられるの?」と。
彼女の着眼点は鋭い。
ただし、完全に方向が逆である。
私は月経を「耐える」というマイナスのものとは考えていなかったからだ。
私は、中学生くらいの頃からずっと女性の月経を羨んでいたのだ。

(この項書きかけ)

2016年2月16日 (火)

欲望する側でいなければならない苦しみ

私は、(一応)、異性愛者である。
だから、女性に欲望する。
だが、欲望しながら、欲望した相手の女性に嫉妬してしまうのだ。
彼女は、欲望されている。(他でもない、私が欲望している。)
彼女は、魅力的だ(他でもない、私が魅力的だと感じている)。
しかし、私自身は、欲望もされなければ、魅力的ともみなされない存在なのだ。
私だって、他人から欲望される魅力的な存在になりたかったのに・・・
このようにして、色気づいた頃から私の女性への羨望感は更に深まっていったのだった・・・。

2014年9月 5日 (金)

苦しみぬいた浪人生のころ

浪人生になったばかりの頃、私は、深夜にテレビで、ある映画を見た。
私が生まれたころに制作されたフランス映画で『昼顔』という作品名である。
あらすじは「お金持ちの人妻が、自分の中に潜む衝動に駆られて、自ら娼館に赴き、
昼間だけの娼婦になる」
というもので、進行の合間に主人公の心象風景が挿入される。
視聴者は、それが心象風景であることを知らず、ストーリー展開の一部だと思って
見るのだが、やがてその心象風景は、どんどん非現実的になってゆき、そこで、
ぱっと現実のストーリーに戻る。
そこで、視聴者は、今のがストーリーの一部ではなく、主人公の心象風景だということに
気付くのである。
私は、この映画を見ておかしくなってしまった。
特に心象風景は、私の精神に大いに動揺を与えた。そのマゾヒスチックな心象風景に
私の精神は共振してしまったのである。
私が、しょっちゅう、女性に感情移入して自慰をしていた事は前の記事に書いた。
自慰が終わるたびに、自分が男であることの不快感が高まったが、徐々にその不快感は
静まっていくのが通常だった。
しかし、その映画を見た後は違った。自分が男であることの不快感が暴走してしまった
のである。
私は、発作を起こした。過呼吸発作というのであろうか。死ぬのではないかと思った。
そして、その翌日から、私の図書館・本屋通いが始まった。
何としても、自分が男であることを自分自身に納得させなければならなかった。
しかし、自分が男である事を納得させられる資料は一向に見当たらず、それどころか、
女性に対する羨望感を高める資料ばかりが見つかるのだった。
例えば、図書館へ行けば、女性に関する本が沢山ある。しかし、男性に関する本は
まるでないのである。
(正確に言えば、その数年後に私を救うことになった、渡辺恒夫の本や下村満子の本は
既に発刊されていたが、私が発見することはできなかった。)
その現象は、「女性がマイノリティーだから、女性に関する本が沢山あるのに対し、
男性はマジョリティーだから男性に関する本はない」という理屈で説明されるのであろう。
しかし、私には「女性には価値があるから女性に関する本はたくさんあるが、男性である
ことには価値がないから男性に関する本はない」と思えてならないのだった。
そして、今度は、本屋に行けば、マーケティングの本がひたすら女性だけを取り上げ、
持ち上げているのだった。
私は、救いを求め、もがいたが、もがけばもがくほど、地獄に嵌っていった。
ある日、私は、気晴らしのために、パソコンショーに出かけた。
しかし、ちっとも気は晴れなかった。
パソコンショーでは、美しいコンパニオンさん達が、明るいスポットライトを浴びて
自分の魅力を見せびらかしていた。
醜い男である私は、暗闇の中から美しい彼女たちをただ羨望のまなざしで見るしか
ないのだった。
「彼女たちが羨ましい。女に生まれ、そして美人になって、自分の魅力を見せびらかして
いる。それに比べて自分は・・・」という思いが私を苦しめた。
夏に、私は所用があって、S駅の駅務室に入った。
そこで、私は、実に不愉快なものを見てしまったのだった。
駅務室に入ると若いOL風の女が泣き喚いているのである。
どうやら、不正乗車がばれて、駅務室に連れてこられたらしかった。
その女は、駅員が話しかけようとすると、その度に、わっと泣き出し、
「私、悪いことしようと思ってしたんじゃありませーん」と繰り返すのだった。
もう理屈も何もない。キセルしたのだから悪いことをしようと思ってしたに違いないのに。
泣くのも、嘘泣きだというのが、バレバレだった。
私は、腹が立って仕方がなかった。
女性に憧れる私でさえ、私が彼女と同じ立場になったとしても、あの場面で泣き喚くと
いうのは、ちょっと思いつかない事だ。
それを彼女は平然とやっているのである。
そして、マスメディアやマーケティングの連中が、持ち上げているのは、まさに彼女の
ような女であるように思えてならないのだった。
「女性は男よりも強い」とか。
一体、どこが?自分の不正がばれたのを泣き喚いてごまかそうとするのは、「強い」の
ではなく「厚かましい」のである。
私の悪感情は、どんどん強まり、勉強しようという意欲はまるで湧かなかった。
それどころではなかったのである。
やがて、受験の季節がやってきた。
私は、当然のように受験に落ちまくった。
一つの例外を除いては。
そして、その例外こそが、小学生の時から私が憧れつづけていた(付属の中学を受けた
が落ちた)大学なのだった。
奇跡だった。
その奇跡が起きていなかったら、私はとっくに自殺して、この世にいなかっただろう。
しかし、大学に受かったからといって、根本的な問題が解決するわけではない。
時代は、いよいよ、バブルというひたすら女性を礼賛する時代へと突入していった
のだった。

2014年8月30日 (土)

女性にしか感情移入できなくなってしまったころ

笹沢佐保の小説に『悪魔の部屋』という作品がある。
あらすじは「新婚の人妻(世志子)が、ある目的を持った男にホテルに監禁され、レイプを
繰り返される。
最初、抵抗した世志子だったが、やがて肉体の快楽に目覚め、そして、心も自分をレイプ
した男を愛するようになる・・・」という感じで、いわば、ソフト官能小説といったところで
ある。
10代の頃、私は、この小説の女主人公に感情移入しては自慰を繰り返していた。
「レイプされて気持ちよくされ、やがて心からレイプ犯を愛するようになる」というのは、
私の子供のころの「誘拐されて、女になる手術を受けさせられる。最初は抵抗するが、
手術が進むにつれ、心から「私を早く女にして」と叫ぶようになる」という空想に似ている
のである。
実際、若い頃の私が自慰の時に抱く空想は「女としてレイプされる」というものが多かった。
(他に多かったのは「女として売春する」というもの)
自慰の最中は「女である自分」に陶酔しているからいいが、自慰が終わってからが
辛いのである。
「自分は男である」という現実が戻ってくる。
とても苦しくなり「何で男に生まれてしまったのだろう」「自分は生まれる時に、1/2の賭け
に負けてしまったんだ」という思いが交錯した。
「何とか女性になりたい」と考えたが、正真正銘の女性になることはできない。
何としても、自分が男であることを自分自身に納得させなければならない。
それに失敗したら死ぬしかない。
そう思った。
だから一生懸命「男であることにも価値はある」という証拠を探した。
「男は女と同じように美しい」
「男の肉体には女と同じくらい神秘がある」
「男にも女と同じ位やさしくされ、ちやほやされる価値がある」
「男も女と同じ位、消費者として重視される」
という証拠を一生懸命探した。
(私の場合、どうしても「女性と同じ」というのが重要なキーワードになってしまう)
しかし、探しても探しても「男にも価値はある」という証拠を見つけられず、
逆に「女には価値がある」という証拠ばかりが見つかってしまうのだった。
そして、私は、完全にノイローゼになってしまったのである。

2014年8月17日 (日)

「男である」ということは「醜い」という事なの?

小学校高学年の頃、私は、同級生の男の子たちが好きだった。
「女性になりたい」から、彼らが好きだった訳ではない。
寧ろ、彼らを魅力的に感じる時、私は、自分が男であることにプライドを感じた。
彼らを好きだったと言っても、性に目覚めてから自慰の時に思い浮かべるようになった
性的空想に彼らが出てくる事はなかったから、本当の意味での同性愛ではなかった
のだろう。
男子校の中学に入学してからも、あるクラスメイトが可愛く感じられて、「ファンクラブを
作ろう」と言って、その男の子に逆にうざがられたり、別のクラスメイトがあまりにも端正な
顔立ちだったため、「自分のことをハンサムだと思っていたけど彼にはかなわない」と
考えたりした。
(そう、小学校高学年の頃、私は自分自身のことをハンサムだと思っていたのだ。(爆))
しかし、やがて、「男であることは汚いことなのだ。男の体は醜いものなのだ」という圧力が
私にかかるようになる。
私が最後に男の子を好きになったのは、中2の冬である。グループでスキーに行った
のだが、そのグループの一つ年下の男の子の事がスキーから帰ってきてからも
忘れられず「ひょっとして、彼に恋してしまったのでは?」と悩んだ。
しかし、私はそれ以降、「男は醜い」という観念にどんどん引きずり込まれて行き、
立派な「男嫌い」になってしまったのだった。
そして、同時に男としてのプライドも失ってしまったのである。

2014年8月11日 (月)

性に目覚めたころ

小学6年生になったばかりの頃、私は、自分がおかしいことに気付いた。
女性の胸が気になって仕方ないのだ。それまで成人女性の胸が男性と違って膨らんで
いることに興味はなかった。
殆ど、その事を忘れてしまっていたと言ってもいい。
それなのに、急に女性の胸が気になって仕方なくなったのである。
そして、襲ってきたのは、強烈に自慰をしたいという、それまで感じたことがなかった
強い肉体的欲求であった。
私は、その欲求に耐えた。小学4年生の時に、性器がおかしくなってしまい、死の恐怖を
感じて以来、私は、罪悪感から自慰をしていなかったのだ。
性器を刺激するが、絶頂には持っていかないという状態にどれ位の期間耐えただろうか。情けないが、そんなに長い期間ではなかったと思う。
ある朝、父が出勤し、母がパートに出て、自分の登校時間まで居間で過ごしているとき、
私は、自慰を始めた。最初は、最後までいくつもりはなかったが、私はとうとう耐えられなく
なり、自分の肉体を絶頂にまで持って行ってしまった。
2年ぶりに味わう絶頂感、そして消えるモヤモヤ。
後悔はなかった。それどころか、登校しても、はやくもう1回やりたいという欲求に耐える
のが大変だった。
運悪く、その日は通常の日よりも、一時間授業が長い日だった。
家に帰るのが待ちきれず、トイレでも、性器を刺激してしまった事を思い出す。
やっと家に帰ると、私は、サニタリースペースで、自慰をした。思い浮かべたのは
クラスメイトの女の子のことだったから、ある意味正常だった。
初期の私のオナペットは、美術全集だった。美術全集といっても、そんなに大したもの
ではない。現在でもよくある、新聞社が週刊で発行する薄い冊子をバインダーに閉じると、
美術全集になるというやつである。
小学校5年の時だっただろうか、私は、家族との旅行先で美術館に入った。
そこには、大量のヌード絵が展示されており、私は恐怖を感じた。
大人たちが真剣な目でヌードに見入っているのが怖かった。
それが、性に目覚めた途端、「そういえば、美術館に女性の裸の絵があったっけ・・・
だったら、美術全集をみれば、女性の裸を見られるだろう・・・」と思い立ち、
結果、美術全集をオナペットにするという事になったのだった。
しかし、私はやがてストレスを感じるようになる。女性が絵の主役として、とても、美しく
官能的に描かれるのに対して、男性は脇役であり、ひどい表情(解説によれば、嫉妬に
狂っているのだという)かつ、とても汚い色で描かれるのだった。
やがて、私は精通を迎えた。自慰を再開してから、精通までの間にはしばらく間が
あったと思う。
私は、自分から白い液体が出始めたことをとても恐怖した。体の大切な液体が出てきて
しまったのではないかと考えた。
しかし、その一方で(まだセックスのことは知らなかったにもかかわらず)、ひょっとして、
これは精子なのではないかという考えも浮かんだ。
そして、私はセックスのことを知った。私は、当時、学校と塾という2つの生活空間を
持っていたが、それは塾でのことだった。
小学校は、超奥手の学校で、ついに卒業まで、性に関する表立った動きはなかった。
(いや、全くないということは無かったかもしれない。いくつかはあった。)
やがて、私は、女の子を羨望し始めた。彼女たちには価値があるのに、自分にはない、
そんな気がした。
当時、性について好奇心満々の私たちの間で流行った下品な歌がある。
「やーんばかーん、ふふーん、そこはお尻なの。やーんばかーん、ふふーん、そこは
あそこなの。」という本当に下品極まりない歌だった。
そして、その内容は、私にひどくストレスを与えた。曲自体が不愉快だったのではない。
その歌において、自分が挑発する側=女ではなく、挑発される側=男であるということが
不愉快だったのだ。
私は、女として、自分の肉体の魅力で相手を挑発する側でいたかったのだ。
私は、ひどく落胆した。自分には価値がないのだと感じた。
今となって思えば、小学校高学年のその頃は、私のエロス的価値が一番高かった頃
だと思う。今の私は、小学生高学年の男の子には、性的な需要が少なからずある事を
知っている。(但し、児童性愛という現代のタブーに触れるため、なかなか表立たない)
つまり、当時の私は、挑発する側になりえたということである。
しかし、私はそんなことはまるで知らなかった。
ただただ、挑発される側である自分を不愉快に感じていた。
やがて、私は、中学受験で私立の中高一貫校に合格し、小学校を卒業したのだった。

中学生の時、女性用定期券を発行されて嬉しかった思い出

中学1年か2年の時のことである。当時、私は、電車通学をしていた。
ある日、通学定期の発行を受けるために、私は駅の定期売り場に行った。
そこで、私は「女性用定期」を発行されてしまったのである。
(因みに、その時、私は学生服姿で、どう見ても男であるという格好をしており、
何故、手慣れているはずの駅員が、そんな間違いをしたのかよくわからない。)
具体的に書くと、私は、発行を受ける時、発行係の駅員が性別「女性」のボタンを
押したのを見ていた。しかし、私は、大して問題はないだろうと考えた。
何故なら、私の知る限り定期券に性別を示す欄は存在しなかったからだ。
性別を示す欄がないなら「女性」のボタンを押したところで発行される定期には
何の違いもないと考えたのである。
ところが、発行された定期を見て、それは間違いだったことを知った。
何故なら、定期券の年齢欄が赤い○で囲われていたからである。
女性用定期には、年齢欄に赤い○が付くということを私はその時知った。
フェミニストは、恐らく言うだろう。「男性が標準で、女性が有徴(標準外)である証拠だ」と。
「男性が気付かない(定期に性別があることを知らない)ところで、女性は、自分が標準では
ないことを思い知らされるのだ」と。
しかし、私にとって、そんなことはどうでもいいことだ。
私は、女性用定期を発行されてとてもうれしかった。別人の定期ではない。
間違いなく、自分の名前と、通学区間が書かれた女性用定期券なのである。
さすがに、発行された時には、発行係の駅員に言おうかと思ったが、結局止めた。
私の後ろにはたくさんの人が並んでいて、その人たちに悪いような気がしたのである。
今だったら、駅員に言うだろうが、中学生の判断としては、止めていたほうがいいように
思われたのだった。
それから、しばらく女性用定期で通学するという、楽しい日々が続いた。
S駅改札の駅員(当時のS駅は、有人改札だった)に見咎められるまでは。
あれから、30年以上経った今でも、「有徴の」女性用定期を持ちたいという気持ちがある。
恐らく、T電鉄の定期券からは、女性用定期券だけ年齢欄に○がつくという美風?は
とっくに無くなってしまっているだろうが。

私が「女性になりたい」と考え始めたのは・・・

私が女性を羨み始めたのは、いつの頃からだっただろうか。私は、高齢出産の父母の
一人っ子として育った。
幼児の時は、社宅(団地)で隣に住んでいる同い年の女の子のSちゃんと将来、絶対に
結婚するつもりでいたように思う。
そういう意味では、普通の男の子だったのだ。しかし、同時に、女の子に与えられるものを
羨んでいたような覚えもある。
具体的には、楽器、雛人形あたりだっただろうか。
はっきりと、女性を羨望した(というよりも、女性になりたいと思った)のは小学校1年生の
時だ。
私は、強烈な「女の子になりたい」という欲求を持った。自分でも、その欲求をどう処理した
らいいのかわからなかった。
おちんちんを憎み、おちんちんのないすっきりした女の子の股間を羨望した。
おちんちんを何とか取ろうと思って、色々やった。そして、覚えたのが自慰である。
自慰をして、絶頂に達すると「女の子になりたい」という強烈な欲求が一時的ではあるが
小さくなるのだった。
それから、私は、独特の空想を描きながら、自慰をするようになった。
空想の内容はこんな内容であった。
世の中を女だけにしようとたくらむ組織がある。私は、その組織に誘拐されて、女性に
される手術を受けさせられる。
最初は、男言葉で「やめろ」と抵抗するが、手術が50%を超えたところで、女性の要素の
ほうが強くなり、女言葉になり「男なんていや。はやく女にして」とお願いするようになる。
(ここの50%を超えて、自分の意識が変わってしまうところが、私にとっては最大にエロチック
なのだった)そして、100%女になり、おちんちんがなくなるところで、フィニッシュである。
しかし、快感を感じるところは、皮肉なことに無くなった筈のおちんちんなのだが。
どうして、自分はそこまで強烈に女の子になりたいと思ったのだろうか。
自分でもよく分からない。
一つ思い出すのは、当時、マンションに住んでいたのだが、一つ下の階の女性が
「女の子を産みました。名前はMと名付けました」と報告をしに来た時の母の反応である。
母はこう言った。「私も本当は女の子が欲しくて、女の子が生まれたらMという名前に
するつもりだったんですよ。」
それが、私の女性願望の原因かどうかはよく分からない。あまり関係ないのではないかと
いう気はするが、その時の母の反応は強く記憶に残ったし、今でも、私は、自分の女性名
(使う機会はないのだが)はMだと思っている。
自慰を覚えてしばらくしてから、モントリオールオリンピックがあった。
モントリオールオリンピックといえば、体操のコマネチである。
レオタード姿の彼女のすっきりした股間を見て、私もああなりたいと思いながら自慰に
ふけったことを思い出す。
小学校4年生の夏頃だっただろうか。私は、性器がおかしくなったと感じた。
陰嚢がだらんと伸びてしまうようになったのだ。
私は、自分は死ぬのだと思った。そして、原因は自慰だろうと考え、それから、自慰を
するのをやめた。
当時は、まだ大人的な性欲はなかったので、自慰をしなくても特になんともなかった。
そして、私は幸いにも死ななかった。
自慰を再開したのは、そのおよそ2年後、性に目覚めた小学6年生の時のことである。