フェミニズム・男女共同参画批判

2018年7月 5日 (木)

(続)北原みのりという男性憎悪デマゴーグ

「今更」感のある記事となってしまうかも知れないが。
北原みのりの週刊朝日(2018/6/29号)の連載コラムは、やはりひどい。
そもそも「新横浜からコンサート帰りの女性が沢山乗り込んだことが犯行の引き金に
なった」という彼女の見方そのものが、何らの客観的証拠のないものなのだが、
それに加えて彼女はこう書く。
「でも、もし、新横浜から乗ってきたのが屈強な男たちだったら?
隣に座ったのが身体の大きい男だったら?」と。
ここに、北原みのりが自分に都合のいい方に話を誘導しようとする姿勢がモロ見えに
なっている。
「女性が沢山乗り込んだから狙われたのだ、男性だったら狙われなかったのだ」という
意のことを書くのだったら、男性を想定するに当たって、女性と同等の人々を
想定しなければならないだろう。
今回であれば「女性アイドルグループのコンサート帰りの男性たち」を想定しなければ
ならない筈だ。
それが何故か「屈強な男たち」(私は寡黙な自衛隊員のグループを連想してしまった)に
すり替わっている。
犯人の隣に座った人物も単に「男性」としなければ公平でないのに「身体の大きい」と
いう形容が加わってしまっている。
何が何でも「新横浜から大量に乗ったのが男性だったら、事件は起きなかったのだ」、
ということにするための印象操作と言われても仕方がないであろう。

「好きなスターのコンサート帰りの女たちの華やぎが、男を冷静にさせるどころか、
疎外感といらだちを深め暴発させる。その空気が私には分かる」
まるでその場に居合わせたかのような表現だが、これまで2回に亘って考察してきた
ように、このコラム自体、客観的裏付けのない妄想と印象操作ばかりである。
そんな記事で新聞の3面ドキュメンタリー記事のようなことを書かれても、
私は全く説得力を感じない。
結びに「そんなリスクを孕んだ車両に、私は、今日も乗っているような気持ちになる。
それは、とても悲しくて、怖い平成の電車だ」とある。
前回の記事を書いた時には、考えつかなかったのだが、この文章、女性専用車両の
正当化の意図があるのではないかという気がしてきた。
こんないい加減な記事によって、女性専用車両が正当化されていくとしたら、
それこそ恐ろしいことだ。

男性を加害者として、おどろおどろしく描き、ひたすら、男性に対する憎悪を煽る
北原みのり。
男性は、本当にマジョリティーなのだろうか?
(マイノリティーは、往々にして、社会の被害者としてではなく加害者として描かれる
ことを忘れてはならない(例えば、在日にしろ、ユダヤ人にしろ、彼らは、社会の
「加害者」とされていたのだ))。

関連記事:北原みのりという男性憎悪デマゴーグ

2018年6月23日 (土)

北原みのりという男性憎悪デマゴーグ

タイトルにかなり強い表現を使ったが、私の率直な感想である。

週刊朝日の北原みのりの連載(2018.6.29号)を見ていて、極めて不愉快になった。
先般、新幹線のぞみ車内で起きた殺人事件についての記事なのだが、
北原みのり当人も「(動機などの)詳細はわからない」としながら、
「ただ一つ明確なのは、あの日の夜ののぞみには、上下線ともに新横浜で大量の
女性が乗り込んだことだ。」と、あたかも犯行と女性が大量に乗り込んだことに
関係があるかのような事を書くのである。
(当日、新横浜で東方神起のコンサートがあったらしい)
私なんぞは、「上下線とも」という部分に「下りはともかく、上り列車、
特に指定席車(犯人が乗っていたのは指定席車)にそんなに大量の女性客が新横浜から
乗っただろうか?」と疑問を抱くのだが、そんなツッコミをしていると
北原みのりと同レベルになってしまうので、やめておこう。

「無差別殺人にも差別はある」のだそうで、その「無差別殺人の差別の被害者が女だ」と
言いたいご様子なのだが、無差別殺人の被害者が女性ばかりだという客観的データは
全く示されていない。(注)
その一方で、重要な客観的事実であるにも拘わらず、全く触れていないことがある。
「この事件で実際に殺された被害者は男性だ」という事実を北原みのりは
全く書いていないのである。
「新横浜から乗ってきたのが屈強な男たちだったら?」(犯人は犯行を起こさなかった
のではないかという趣旨)と書いているが、犯人は、犯行を制止しようとした男性
(屈強ではなかったかもしれないが)に馬乗りになって、滅多刺しにしたと
報道されているではないか。
しかし、そのことを全く書かず、この事件があたかも「平成日本の女性差別の縮図」
みたいな論調なのである。
もし、この事件について何も知らず、北原みのりがどんな人かも知らず、
この記事を読んだ人がいたなら、恐らく「大量の女性が殺された殺人事件なのだろう」と
思ってしまうだろう。
しかし、客観的事実は「殺されたのは男性」。
男性が殺害された殺人事件から「女性差別大国ニッポン」を導き出すとは
なんて独創的なんだ!
北原みのりって、ほんと、ただ男性に対するヘイトを煽るだけのデマゴーグ
なんじゃないの?
と感じずにはいられない記事だった。
(デマゴーグとは「デマ(デマゴギー)」をばらまく人という意味です)

週刊朝日という、歴史と権威のある週刊誌に、このような偏見に満ちた記事が
掲載されることにより、世の中の人たちが「差別されているのは女性で、
女性に同情することが、善意のある人間の取るべき行動なのだ。
それに異議を唱えるものは、差別主義者なのだ」と思い込んでいくことがとても怖い。

AERA dot.に掲載された当該記事へのリンク


(注)
「無差別殺人」に限ったデータではなく、殺人全体に関する客観的データなら存在する。
やや古いが、犯罪白書平成15年版によれば、殺人の被害者は、男性が女性の1.8倍で
ある。(下図参照)
ニュース等を見ていると、一番殺人被害に遭っているのは若い女性である
かのような錯覚をしてしまうだろうが、犯罪白書に掲載されているグラフをみると、
むしろ、若い女性(10代、20代)の殺人被害者は少数に属することが判るだろう。
(因みに一番殺されているのは50代の男性である。被害に遭いやすい属性に属している
のは若い女性ではなく、むしろ、私(50代、男)なのである)

勿論、例えば、暴力団同士の抗争で殺されるのと、無差別殺人で殺されるのでは、
かなり意味合いが異なるのも事実である。
北原みのりとしては、下図から無差別殺人だけを取り出すと、男女差が逆転し、
圧倒的に女性が多いのだ、ということを証明しなければならないだろう。
その証明がなされなければ、彼女の「無差別の差別の犠牲者は女性」という言説は、
ただの妄想である。

H10h1415

(注の注)
何故、平成15年版を使うのかといえば、近年の犯罪白書では、被害者の属性
(性別、年代)や受けた犯罪の種類(被害者が死亡した場合でも、犯罪名が殺人とは
限らない)がわかりにくくなっているからである。
平成29年版に掲載されている表から計算すれば、犯罪によって死亡した
被害者人数は、平成28年次で男性が女性の1.6倍であることは分かるが、
犯罪の種別や年代別はわからない。
「一般に被害者になりやすいと考えられている若い女性の殺人被害者は、実際には
少数に属する」ということが「はっきりと一目で」図で理解できるのは、
平成15年版など、昔のものなので、平成15年版を使用した。

2018年5月19日 (土)

女の持つ権力には触れないフェミニズム

私は、現代社会において女性は大きな権力を握っていると考えている。
「名」は男がとっているが、「実」は女が握っている。
「公的領域」は男が握っているが「私的領域」(例えば「家庭に於ける主導権)は女が握っている。
この「実際には女は強大な権力を握っている」という事実を明らかにすることを
フェミニズムや「(自称)男性学」(実態は男性フェミニズム)は嫌ってきた。

例えば、「所得に於いて男性が沢山稼ぎ、女性の稼ぎは少ないから、女性は差別されている」
というところで話を終えてしまう。
(うろ覚えで書くが、確か、映画「THE RED PILL」にもフェミニスト雑誌の編集長(当然女性)が
「大企業のお偉いさんの殆どが男だ。だから世の中を男が支配していることに間違いない」と
いうようなことを述べる場面があったと思う)

「ならば、何故、商業施設は所得の少ないはずの女性ばかり優遇するのか」ということを
決して問題にはしないのである。
(因みに、商業施設が女性を優遇するのは、消費という世界において女性が
ウルトラマジョリティだからである。
お金を稼いでるのが男性だとしても、そのお金を使っているのが女性だとすれば、
お金の権力は女が握っているのである)

フェミニズムは決して「消費」を始めとする女性の大権力に触れることはない。
様々な女性の特権に触れれば、保守的な男性だけではなく、
保守的な女性もフェミニズムの反対に回るからだ。
(反対に女性の特権に触れなければ、保守的な女性はフェミニズムに反感を持ちながらも、
「まぁ放っておくか」ということになる)。
こうやって、実態から乖離した女性被差別者論だけが大手を振ることになるのである。

2018年2月12日 (月)

北原みのりの妄言に不愉快になった話し

Googleで検索していたら、GoogleBooksで以下のような文章が引っ掛かったので、
今月、まだこのブログに何も書いていないこともあり、ちょっと論評してみる
ことにします。
香山リカ、北原みのりの『フェミニストとオタクはなぜ相性が悪いのか』(イースト・
プレス、2017)という対談本からの引用です。
まぁ、この面子からも、ロクな内容でないことは、読む前から想像がつく
ことではありますが。

>北原 以前、電車の中で起きている事件について書こうとしていて、
>「女性専用車両に反対する会」の取材に行って驚きました。
>あらゆる思想の持ち主が集まっていて、代表の人はスウェーデン育ちのリベラルな
>男の人で、男女平等の考えは理解している。
>だから逆に女性専用車両は男性差別だという考えに行き着いた人です。
>また障害を持っていた男性もいて、彼は女性専用車両にあえて乗り込んで
>怒る女性を撮影してはそれをネットで公開するようなことをしていました。
>それこそ在特会の人もいたし、赤旗の読者もいたし、セクシュアルマイノリティの人も
>いたし、妹がレイプに遭わないように妹には防犯ブザーを渡しています、
>みたいなことをおっしゃっていた男性もいた。
>女だったら絶対につながらないグループだと思うけれど、「反女」「アンチ女の権利」
>で、男は一丸になれるんですね。
>でも、なぜそこまで女性の権利が憎くて、男性差別だと訴えているのかは、
>よくわからない。本人も実はわかってないんじゃないかと思うんですよね。

上の引用文で、北原みのりが女性専用車両に反対する会さんについて、
「『アンチ女の権利』で男は一丸になれる」とか「女性の権利が憎い」とか
発言していますが、そもそも、公共交通機関内に専用車両を作るような権利を
女性は持っていないことを知るべきでしょう。

>たとえば「差別された具体的なことを教えてください」と質問した時に、「アファー
>マティブ・アクションです」っ て堂々と言われたんですけど、いつから日本に
>そんなの始まったんですか? 実際にはアファーマティブで不利益を被ってないのに、
>妄想の中で差別されているんですよね。で、もう一つ教えてって聞いたら
>「映画のレディースデイとか、女性だけの食べ放題とか」。

自分たちが優遇されていることに関しては「大したことではない」という
ご都合意識が伺えます。
アファーマティブ・アクションをどう定義するかにもよりますが、
大学教員、公務員への女性優先採用なら、とっくに始まっていることを
ご存じないのでしょうか。

映画のレディースディにしても、私は映画館で映画を見ません。
高すぎるからです。
1000円だったら、面白そうな映画だったら見るかもしれません。
しかし、1800円では、見る気になれないわけです。
つまり、私は「男性である、女性ではない」という理由により、映画という
文化から遠ざけられているわけなのですが、彼女たちにとっては、
大したことでは無いようです(男女逆だったら、大騒ぎでしょうが)。
結果的に、私が、映画館で1600円支払って映画を見たのは、もう10年以上前
(「ダ・ヴィンチ・コード」)ではないでしょうか。
(新作封切映画でない映画を安い値段で見たことなら、その後、何回かあります)

つくづく、不愉快になった文章でした。

2017年12月 4日 (月)

女ホームレスに祝福を!

男性の方が社会的に困難な状況に置かれていることを示す一つの証拠として、
ホームレスは圧倒的に男性が多い、ということが挙げられるだろう。
ところが、かつて(2000年頃)、ネットでフェミニストたちと論争したときに、
それを指摘したところ「女はホームレスにすらなれないのだ」という返答が返ってきた。
フェミニズムにありがちな典型的な屁理屈である。

ホームレスにすらなれないのだとしたら、一体何になっているというのだろう?
自殺でもしているのだろうか?
だが、自殺率が高いのは男性の方である
(特に経済的理由による自殺は男性の方が多いと言われている)。
餓死でもしているのだろうか?
だが、平均寿命が短いのは男性の方である。
売春でもしているのだろうか?
すべての女性にセックスをお金に換える性的商品価値があるとは思えないが、
もし性を売っているしても、それは「ホームレスにすらなれない」のではなく、
自らホームレスではなく売春の方を選んでいるのである。
すべてのセーフティーネットから外れた人がホームレスとなる。
私としては、かつて結婚していた(あるいは今でも戸籍上は結婚している)ホームレスの
妻子が、今どうなっているかを調査してみたらいいと思っている。
おそらく、社会が女性を保護している様が浮かび上がってくるのではないだろうか?

いずれにせよ、上記のフェミニストの理屈に従えば、ごく稀に見かける女ホームレスに
同情する必要はなさそうだ。何しろ、彼女は「ホームレスになる」と言う男の特権を
手にしたのだから。むしろ、祝福してあげるべきなのだろう。

2017年7月22日 (土)

子供の時に女の子に同情したことを後悔させる「男女共同参画」

はじめに、この記事は「男女共同参画批判」にカテゴライズしてあるが、
論理的な男女共同参画批判というよりは、感情的・感傷的な内容であることを
お断りしておく。

小学校6年生になった新学期に私のクラスに一人の転校生の男の子がやってきた。
彼は非常に素行が悪かった。
朱に交われば赤くなる。
彼と彼に影響された男の子たちによって、クラスのムードは急速に悪化していった。

彼がクラスに持ち込んだものの一つが「プロレスごっこ」という、当時の私にとっては
想像を絶する野蛮な遊びだった。
(私はプロレスというもの自体をその時初めて知った。)
「ごっこ」といっても、技をかけられるのは、いつも決まって小柄な男の子であり、
その男の子が嫌がっている事は明らかだった。

そして、そのワルの男の子がもう一つターゲットにしたのが女の子たちである。
クラスはいつしか、教室の真ん中に通路ができて、男の子と女の子が両方に
分離する状態になった。
彼は、「女の子たちの髪の毛を刈ってしまえ」と担任の先生に要求した。
私は、女の子たちに深く同情した。

しかし、今では、女の子たちに同情したことを後悔している。
その転校生に対する嫌悪は今でも変わらないが、女の子たちに関しては、
同情する必要はなかった。
フェミニズムが幅をきかせている大人の世界に入っていく一歩手前の
その時が、女性に報復する最後のチャンス(未来に被る仕打ちへの報復と
いうのも変ではあるが)だったのだ。
もちろん、同級生の女の子たちには何の恨みもない。
何の恨みもない女の子たちに対して、未来に男女共同参画によって被る仕打ちの
報復をするというのは理不尽かもしれない。
しかし、男女共同参画は、私が男性であるというだけで、私に対してずいぶん理不尽な
仕打ちをしたのである。(私が受けた理不尽な仕打ちについては、まだこのブログには
書いていないが。)
理不尽に対しては理不尽で対抗するのみである。

それにしても、女の子たちに深く同情していた私に、
その同情を後悔させてしまう「男女共同参画」って、一体なんだろう?

2016年12月 4日 (日)

女性に対するステレオタイプを糺そうとして自らの男性に対するステレオタイプをさらけ出す間抜けなフェミニスト

かつて、ネットでフェミニストたちと論戦をした時、
そのうちの一人からこんなことを言われた。
「アダルトビデオの描く女性像は本当ではなく・・・」
つまり、私がアダルトビデオを見て、その中身を本気にしていると
思い込んでいるのだった。
しかし、当時、私はまだアダルトビデオというものを見たことがなかったのである。
従って、アダルトビデオの女性像を本気にするということもあり得ない。
他人のステレオタイプ(アダルトビデオの描く女性像は本物である)を糺そうとして
自らのステレオタイプ(男性はみんなアダルトビデオを見て、それを本気にする)を
さらけ出してしまった間抜けなフェミニストであった。

関連記事:女性に対するステレオタイプだけが問題にされて、男性に対するそれは放置される(フジ三太郎を例に)

2016年4月 2日 (土)

「エリート女性の結婚相手はエリート男性」は当然か?

最近、上野千鶴子のインタビューを何か(AERAだったか?)でみた。
その中に、「エリート女性の結婚相手はエリート男性だが、エリート男性は
家事をしようとしない」というような事が書いてあった。
当たり前のように「エリート女性の結婚相手はエリート男性」と書いてあったが
全然当たり前ではない。
エリート男性ではなく、身の回りの世話を細かく焼いてくれる家庭的な非エリート男性と
結婚すればいいのである。エリート男性は、家庭的な非エリート女性とも結婚する。
同じようにすればいいことではないか。
しかし、エリート女性は、それをしない。
彼女自らの「女のプライド」が許さないのである。
「どれだけ地位の高い男と結婚出来るかで女としてのランクが決まる」という
古い考え方にエリート女性自らが縛られているのだ。
これは、男性運動側がつとに指摘していることである。
しかし、件のAERAのインタビューでは「何の問題もございません」という風に
通過してしまっていた。

2016年1月18日 (月)

フェミニズムは女性指導者を増やせという要求をやめて、指導者がいない社会を作る運動をするべきである。

フェミニストに「戦争へ男ばかりがいかなければならないのは男性差別だ」と
いうと、こういう答えが帰ってくるだろう。
「戦争は男が起こしている」
或いは、
「戦争が悪いのだから、女を戦争に送るというのではなく、戦争を
無くすという方向で考えるべきだ」
どちらも、詭弁なのだが、今回は、後者について。
戦争は確かに悪いものだが、男女平等の観点からかんがえれば、
まず男女平等に戦争に行くようにして、それから、男女共通の課題として
戦争を無くすことを考えるべきである。
ところが、彼女たちの「戦争が悪い」は、男性差別を糊塗するための屁理屈でしかない。
一体、いつのことだか分からない戦争がなくなる時まで、男だけが戦場に行き続ける
羽目になり、しかも、彼女たちは戦争を無くすために何かするのかというと、
何もしないのである。(するとすれば、「戦争で如何に女性が酷い目に合うか」という
女性差別糾弾だけである。)

そこで、私も提案したい。
「フェミニズムは、指導者(権力者)の女性を増やせという要求ではなく、
指導者(権力者)がいない世の中を目指す運動をしろ」と。
本来、権力者などおらず、皆平等のほうが理想的なはずだからである。
(少なくとも、左翼思想においては)
ただし、指導者(権力者)がいない世の中になるまでは、男性が指導者を独占するし、
権力者を不要にするために、男性が何かをするかというと何もしない。
この理屈で何の問題もない筈だ。
彼女たちの理屈をひっくり返しただけなのだから。

P.S. そうそう、「戦争へ男ばかりが行かなければならないのは男性差別だ」という
私の抗議に「戦場も、そうでないところも危険なのは同じなのです」という訳のわからない
返答をよこしたフェミニストもいたのを思い出した。
「危険性が同じなら、戦場へ行けばいい」と言ったら、黙ってしまったが。

2016年1月14日 (木)

フェミニズムの「大きな嘘」

もう一つ、書いてしまおう。
女性にひたすら理解を示す男性を見て感じるのは、一見寛容な態度の裏に
潜む傲慢さである。
例えるならば、ペットの犬がどんな悪さをしてもニコニコして許す飼い主
とでもいうのだろうか。
戦前的価値観においては、ペットを厳しく律するのが良い飼い主だったが、
戦後的価値観では、ペットが何をしても怒らないのが、良い飼い主である。
彼らは「戦後的良い飼い主」を演じているのである。
(勿論、私自身は、「男=飼い主、女=ペット」だとは考えていない。)
そして、それに付け入るのがフェミニズムである。
例えるならば、フェミニズムは、「男=飼い主、女=ペットであることに異議を申し立てる」
と称しつつ、実際に男に要求する事は、「良い飼い主としてペットの抗議を寛容に受け
入れろ」
ということなのである。
私は、そこに「大きな嘘」を感じている。
「男=飼い主、女=ペット」を否定する思想が、男性に対して「良い飼い主」であることを
要求する事ほど、矛盾していることはない筈だ。

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ

Since 2014

  • Since August 11/2014
    Tokyo,JAPAN