エセリベラル主義批判

2018年12月 4日 (火)

『君たちはどう生きるか』で考えるリベラル思想と逆保守の違い

しばらく前から吉野源三郎の『君たちはどう生きるか』がブームになっているようだ。
私は過去にこの本を2回読んでいる。
1回目は小学生の時、2回目は中3の時の学校の道徳の授業でである
(道徳の授業は、校長先生が担当する。その校長先生が選んだ教材が
「君たちはどう生きるか」であった)。
小学生の時に読んだハードカバー本は今でも所蔵している(今、目の前にある)。

当時(特に小学生の時)、私がこの本の意味の意味を正しく理解したかどうか、
甚だ疑問である。
しかし、冒頭の主人公の少年(読者の分身)と主人公のおじさん(作者の分身)が
銀座のビルの上から東京の街を眺めるシーンは覚えている。
おじさんと出かけた銀座のビルの上から東京の街をたくさんの人や車が行き交うのを見て、
主人公は、自分自身も高いビルの上から見下ろせば、そのうちの一人でしかないことに気付くのである。
人間は、基本的に自分を中心に物事を考える性質がある(天動説的絶対主義とでもいうべきか)。
しかし、客観的に見れば自分は世界の中心ではなく、沢山の人達の中の一人に過ぎない
のである。
そのことに気づいた主人公におじさんは地動説を提唱したコペルニクスに因み「コペル君」というあだ名を
つける。
この「客観的に見れば自分は世界の中心ではなく、沢山の人間の中の一人でしかない」
という視点こそリベラル視点である。
では、中心はどこなのか?
中心などない。あってはならない。(*注1)
これは、すなわち「皆平等」を意味する。
このように(少なくとも私の解釈では)リベラルとは地動説的相対主義に基づく平等思想の
はずなのである。

ところが、実際には往々にしてリベラルと自称する人の多くが天動説的絶対主義者で
ある。
但し、保守主義者とは善悪が逆転している。
保守主義者が「地(自分とか自国)が善で、自分たちの周りを回っている者(他者、他国)が悪」
と考えるのに対し、自称リベラルは「地(マジョリティ)が悪で、天(マイノリティ)が
善」と考えてしまう訳だ。
しかし、結局のところ、これも一種の天動説ではないか?
私が、自称リベラルを「逆保守」と名付ける所以である。

男女差別で言えば「男性が絶対的マジョリティ(悪)で女性が絶対的マイノリティ(善)、
男性差別など言い立てる奴は、差別主義的保守主義者」と考えてしまう訳だ。
しかし、私には男性が絶対的マジョリティであるとはとても思えない。
(逆に、男性が絶対的マイノリティで女性が絶対的マジョリティであるとも思わない)
男性には、様々なマイノリティ要素がある。
それについては、このブログで何度も書いてきた通りだ。

しかし、彼らは天動説にしがみついたまま、女性絶対マイノリティ説を捨てない。
「進歩」を主張する彼らの思想は、実は、数百年前、頑なに「地の周りをお天道様や
月や星が廻っている」と信じていた人々と大して変わりがないのである。

(*注1)しかし、現実には、世界には大きな力を持っている国(例えば、アメリカ)や権力者や
お金持ちが存在する。そして、彼らはあたかも自分が世界の中心であるかのように
振る舞うのである。そういう訳で、大概のリベラルは反米的である。
逆に保守主義者が太平洋戦争での敗戦やアメリカ主導で立法された日本国憲法に恨みを
抱きながらも親米なのは、アメリカが大きな力を持っているからこそである。
アメリカ親分に従っていれば、世界の中心になることはできなくても、中心に近い位置には
いられる訳だ。

2018年8月13日 (月)

女性専用車両に賛成する自称リベラルは、リベラルではなく「逆保守」である -3-

女性が、犯罪、特に性犯罪に遭ったというニュースがあると(特に米軍関係者による犯罪の場合)、
よくゴリゴリの保守主義者が、こんないやらしいことを言う。
「若い女性が、そんなところで、そんな時間に何をしていたのでしょう?
ひょっとして、そっち系の女(要するに風俗関係の女性ということ)なんじゃないですか?」と。
(往々にして、場所が危険なところ、危険な時間帯だったりするので)
それに対しては「女性がどんな時間にどこにいようと女性の自由で、あたかも女性に
落ち度があったかのような言い方は女性差別である」と言う反論が、主にリベラル層から
なされる。
そう、女性がどんな時間にどこにいようと自由である。
そして、それは、男性も同様だ。
男性が、どの時間にどこにいようと自由である。
例え、ラッシュ時間帯に「女性専用車両」と勝手に称している(乗車契約上も、法律上も
根拠はない)車両に男性が乗ったとしても、自由なのである。

ところが、それに対して、今度は、一部の「自称」リベラル君たちがいやらしいことを
言い出すのである。
「男が何で女性専用車両に乗るのでしょう?ひょっとして、そっち系の男(要するに痴漢)
なんじゃないですか?」
この手のセリフを吐く「自称」リベラルは、本物のリベラルではない。
本物のリベラルであれば、人権的に問題があり、法律上もなんの根拠もない女性専用車両を
様々な手練手管(利用者にあたかも法律的な根拠があるかのように誤信させる、
男性が乗ってはいけないような雰囲気をつくる等)を使ってを既成事実化しようとする
国土交通省(国)や鉄道会社を批判しなければならない筈だ。
それにもかかわらず、上記の保守の理屈と同じ発想のいやらしい科白を吐く
「自称」リベラルは、やはり、自分たちが本物のリベラルではなく、単なる「逆保守」で
あることを早く自覚するべきであろう。

2018年5月23日 (水)

女性専用車両に賛成する自称リベラルは、リベラルではなく「逆保守」である -2-

自称リベラル主義者の女性専用車擁護論を読むとよく「たった1両」の女性専用車両で
差別差別と大騒ぎするな、的な言説が見られる。
私に言わせれば、これまたリベラルの言説としては、極めて奇妙なものである。
元来、リベラル思想とは、個人の「自由」「権利」(人権)を追求する思想である。
常に「自由」を志向していなければならないのがリベラル思想なのだ。

それに対して、色々理由をつけて「権利」を制限しようとするのが「保守」である。
そして、その際の常套句が「やむを得ないんです。それに、たった〇〇だけの
制限じゃありませんか」である。
勿論、「たった〇〇だけの制限じゃありませんか」と言って人権の制限の導入に
成功し、既成事実化したら、後はどんどん制限を拡大していくわけだが。
(現に女性専用車両も、関西では日中のガラガラの電車にまで拡大している)

自称リベラルの「たった1両だけじゃないか」理論は、少し前に書いた、
私が京王線の女性専用車両から暴力的に排除された挙げ句、連れて行かれた
交番の警官の「深夜の一部の列車だけじゃないか」理論とそっくりである。
私は、本来的に「お巡りさん的思考(理論)」と「リベラル的思考(理論)」は、
対極にあると考えているが、自称リベラルの展開する理屈が「お巡りさん理論」
そっくりであることに愕然とするのである。

「たった1両」であっても人権の制限は人権の制限である。
(例えば、「たった1両」であれば、「白人専用車両」があっても差別ではないのだろうか?)
特に自ら選べない「性別」による人権の制限はリベラルにとっては、
あってはならないことの筈である。
「たった1両」であっても、選べない属性(性別、人種など)による人権の制限を肯定する
自称リベラルは、エセである。
「たった1両」理論を振りかざす自称リベラルは、自らが、実は「逆保守」でしか
ないことを自覚するべきであろう。

関連記事:女性専用車両に賛成する自称リベラルは、リベラルではなく「逆保守」である。

2018年3月 5日 (月)

女性専用車両に賛成する自称リベラルは、リベラルではなく「逆保守」である。

最近、女性専用車両を巡ってネットがかまびすしい。
女性専用車両反対派が、千代田線の女性専用車両に乗って、電車が遅延したのが
発端のようだ。
(TV番組でも扱われたらしいが、私はテレビはあまり見ない人間なので、見ていない)

しかし、ネットで女性専用車両に賛同し、反対派を非難する一部の自称リベラルの
言動には、リベラルとしては非常に問題のある部分が多いように思う。

私の考えでは、リベラル思想とは、人間を個人として尊重し、かつ一人一人の権利を
尊重する思想の筈である。
人間を属性で判断せず、かつ、人権の制限を当たり前の前提としないのが
リベラル思想である。
(逆に、人間をその属性によって決めつけたり、人権の制限はあって当たり前と
考えるのが保守である。)

ところが、ネットでリベラルを自称する人たちの一部が、人間を男女という属性で
判断し、男性の人権を制限する女性専用車両に賛同する言説を吐いているのを見て、
本当に心寒い。
曰く「女性専用車両反対派は女性専用車両ではなく痴漢を憎め」だそうだが、
これは、リベラルの理屈ではない。
むしろ、保守主義者的な発想である。
痴漢を憎むのは当然だが、悪いのは痴漢であって、男性ではない。
痴漢が男だからと言って、痴漢とは何の関係もない全男性の人権を侵害する
女性専用車両に賛成するのはエセリベラルである。

例えば、イスラム過激派によるテロが起きた時、イスラム教徒全員を排除しようと
考えるのが保守主義者であり、「悪いのはテロリストであって、イスラム教徒では
ない」と、イスラム教徒の排除に反対するのがリベラルである。
女性専用車両に賛成している自称リベラルは、上の例に当て嵌めて考えれば、
リベラルではなく、保守である。

もう一つ、例を考えてみよう。
例えば、朝の混雑した電車内で混雑を悪用した外国人によるスリ犯罪が
多発しているとしよう。
日本人の不安に応えるため「日本人専用車両」をつくることはリベラル的見地から
考えて妥当であろうか?
もし「日本人専用車両」に反発する外国人がいたら、外国人は「日本人専用車両では
なく、すり犯を憎むべき」という理屈は、リベラル的見地から考えて妥当だろうか?
しかも、いつの間にか、スリなんてできない程空いている日中の電車にまで
「日本人専用車両」が設けられても、「日本人専用車両を憎まず、スリを憎め」と
いうのだろうか?
(関西では、日中のガラガラの電車にまで女性専用車両が導入されている路線がある。)

女性専用車両というのは、男性の人権を侵害(穏やかな表現を使っても制限)する存在で
ある。
人権の制限する存在を所与自明の存在とみなし、それに反対する人々に
「人権の制限ではなく、○○を恨め」というその論理は、
自衛隊(軍隊とは人間の権利生命を侵害する存在である)の存在を自明とし、
反対する人々に「恨むなら、北朝鮮や中国を恨め」という保守の論理と一緒ではないか。

私は「女性専用車両ではなく、痴漢を憎め」的論理を展開する自称リベラルを
リベラルとは認めない。
私は、彼らを「逆保守」と名付けたい。
保守に反対すればリベラルになるのかといえば、そうではない。
保守に反対したところで、その論理の組み立て方が保守と一緒ならば、
リベラルではなく、 逆保守でしかないのだ。

2017年9月 6日 (水)

緊急アップロード:元SEALDs 諏訪原健氏「女性専用車両は男性差別という社会風土の弊害」を読んで

昨日、新しい記事を掲載したばかりなのだが、今朝、とても気になる記事を見つけたので、
私の意見を述べてみたい。
元SEALDs 諏訪原健「女性専用車両は男性差別という社会風土の弊害」
詳しくは、記事を読んでいただきたいが、要するに女性専用車両擁護論である。

>しかもわざわざ女性専用車両に乗り込むことで、抗議する男性までいるというから
>驚きだ。
特定秘密保護法という国民の人権を侵害する法律に抗議しデモ活動をしていた人が、
女性専用車両という国民の人権を侵害する制度に抗議して女性専用車両に乗る人に
「驚き」とは驚きである。
女性専用車両には「痴漢対策」という尤もらしい理屈がついているが、特定秘密保護法
にだって、いかにも尤もらしい理屈はついているだろう。
尤もらしい理屈をつけて、国民の人権を侵害する法律や制度を導入し、既成事実化して
から、どんどん適用範囲を拡大していく。特定秘密保護法も、女性専用車両も同じである。

>駅の構内で、「痴漢は犯罪」と書かれたポスターを目にする度に、「そんな当たり前の
>ことを啓発しなければならないのか……」と感じていた。しかしそれほどまでに、
>きちんと「犯罪」として受け止められていないというのが、残念ながらこの社会の
>現状なのだ。
例えば、本屋に行くと「万引きは犯罪です」と言うポスターが貼ってあるが、日本人の
万引きに対する犯罪意識はそんなに低いのであろうか?そんなことはないであろう。
殆どの人は、万引きが犯罪であることを認識しているはずだ。「万引きは犯罪です」と
いうポスターは、飽くまでも、一部の万引き常習犯に対する警告であろう。
「痴漢は犯罪です」というポスターもそれと同じである。

>まず思うことは、日本社会では「痴漢」が深刻な社会問題として認識されていないと
>いうことだ。「痴漢」と検索してみて驚いたのだが、上位にくるのはアダルト関連の
>サイトばかり。
「そんなにひどい状況なのか?」とGoogleで「痴漢」を検索してみたが、検索結果
上位20位までで、アダルト関連と認められるものは、4件だった。
彼にとっては、上位20件で4件で「アダルト関連のサイトばかり」と映るのだろうか?
加えて言うならば、これらのアダルトサイトは、恐らくSEO(サーチエンジンで上位に
表示されるようにする裏技)を使って検索上位を得ているであろう。

>女性専用車両という取り組みは、このような社会状況の中で、性暴力に対処していく
>ための応急処置として生み出されたものだ。決して女性だけの利益を拡大しようと
>する思惑の上に成り立っているものではない。

上の引用文章の理屈、なんか、特定秘密保護法を推進している人達の言い草と似ている
ような気がするのだが。
例えば、彼は、大阪のJR電車の日中の各駅停車(終日女性専用車両が導入されている)に
乗ったことがあるだろうか。
電車全体が、ガラガラであり、女性専用車両は、更にガラガラである。
痴漢など発生しないようなガラガラの電車に「女性専用車両」が導入されているのである。
これらは、明らかに「性暴力を防ぐための応急処置」とは言えない。
「女性専用車のための女性専用車」である。(女性専用車が自己目的化している)
しかも、女性専用車両は、多くの駅で階段に近い便利な場所にあり、男性は便利な
車両に乗れないという不条理を味わっているのである。それに文句を言ったら、
女性に対する性犯罪に無理解ということになるのだろうか?

また、東京では、女性専用車両だけ広告が他の車両と違っている場合が多い。
鉄道会社が「女性専用車広告枠」を設定して、広告主に割高な料金で提供しているので
ある。これは、明らかに女性専用車両を商用利用しているのであり、
「性暴力を防ぐための応急処置」では説明がつかないのである。

>女性専用車両によって、自分たちが抑圧されていると考える男性がいるとしたら、
>その人たちがとるべき行動は、女性専用車両や女性自体に難癖をつけることでは
>ないはずだ。
>まずは痴漢の加害者に怒りの矛先を向けるべきだ。その上で、女性専用車両を
>設けなければならないほどに、女性が性的な対象として消費され、性暴力が
>許容されてしまっているというこの社会の現状と戦わなければいけない。

特定秘密保護法によって、自分たちが抑圧されていると考える人達がいるとしたら、
その人たちがとるべき行動は、特定秘密保護法やそれを推進する人たちに
難癖をつけることではないはずだ。
特定秘密保護法を制定しなければならないほどに、国家の防衛機密を盗もうと
する人たちがいるというこの社会の現状と戦わなければいけない。
(なお、この文章は皮肉です。私自身は、特定秘密保護法に反対であることを
付け加えておきます)

>そうやって考えていくと、自分が痴漢をしたことがなくても、女性専用車両を利用した
>ことがなくても、私たちは女性専用車両をめぐる問題の「当事者」なのだ。
>このことも頭に入れながら、おかしいことにはおかしいと言わなくてはいけないと思う。

私は、痴漢をしたことはないが、女性専用車両に乗ろうとして
駅員から暴力を受けたという意味で、まさに「当事者」である。
「おかしいことにはおかしいと言わなくてはいけない」という観点から、
声を大にして言う。
「女性専用車両はおかしい」と。

最後に、
この手の記事を書くと、「男には痴漢される女性の気持ちがわからないのだ」という
感情論が却ってくることがあるのだが、私は、痴漢の被害にあったことのある、
一痴漢犯罪被害者であるということを書き添えておきたい。
(朝の混雑電車内で、局部をしつこく触られたことがある)

2016年11月 2日 (水)

「女性の権利」と「低所得者の権利」は同じか?

世の中で「女性の権利」という時の「あるある」が
「女子供扱いされない権利」と「女子供として保護される権利」の
混同である。
これらは、互いに相容れないはずなのだが、セットで「女性の権利」として
尊重することを求められる。
それを受け入れられない男性は寛容を装うリベラル派から「ホシュハンドー」と
呼ばれることだろう。

では、どうして互いに相容れない筈のものが、ワンセットになりうるのだろうか。
彼ら(リベラル派)にしてみれば、「女性の権利」と「低所得者の権利」は
似たようなものである。
低所得者であっても、中高所得者が持っている権利の享受を保証されるべきであり
(≒女子供扱いされない権利)
且つ、低所得者としての保護(例えば、生活保護のような)も与えるべき
(≒女子供として保護される権利)
という訳だ。

だが、私に言わせれば、女性は低所得者と同じではない。
私は、女性はとてもリッチ(豊か、金持ち)な存在だと感じているからだ。
寛容とは「上の者が下の者に示す余裕」である。
女性の方がリッチ(上)で、男性の方がプア(下)だと感じている私が、
どうして、女性に対する寛容を示すことが出来るだろうか?

関連記事:「女は周回遅れ」か?

2016年10月 1日 (土)

男性に対しては保守の論理を適用するリベラル主義者

私は、このブログで、何度かリベラル批判をしてきた。
しかし、私は決してリベラル思想そのものを嫌っているわけではない。
問題は、一部のリベラル主義者が、そのリベラル主義を男性に対して適用しないことに
ある。
(その原因は、おそらく、彼らがリベラル主義者の役割は無条件に女性の権利を
擁護することだと考えていることにあるだろう。)

かつて、Twitterで女性専用車に乗った男性に対するヘイトスピーチ(ヘイトtweetと
いうべきか?)に対する抗議をしていたら、横から割り込んできたリベラル男がいた。
その人物からのtweet(リプライ)で印象に残ったのが「大多数の人が問題にしないような
女性専用車両にこだわるお前はビョーキ」というような内容のtweetである。
この理屈は思いっきり保守主義者の論理である。
リベラルにとって大事なのは人権の筈である。
そして、人権と多数決とは、対立関係とまでは言えないが、緊張関係にある。
往々にして人権侵害は、多数決の下に起こるからである。
ところが、そのリベラル主義者が「大多数の人が問題にしないのだから、
女性専用車両には何の問題もなく、問題にする方が病気だ」と宣うのである。
男性に対しては、保守主義者の論理を適用する訳だ。
やはり、「男性に人権はない」と言わざるを得ないだろう。

彼は、黒人に対する公共交通における差別に抗議したローザ・パークス女史が
もしまだ生きていて、Twitterをしていたら、「大多数の人が問題にしない黒人隔離を
問題にするお前は病気だ」というtweetを彼女に送るのだろうか?

2015年9月12日 (土)

「女は周回遅れ」か?

インテリ男性の項とダブり気味の内容ですが。

世の中には、やたらと女性に対して理解を示したがる男性がいる。
端的に言って、彼らは、女性を周回遅れだと見做しているのである。
「周回遅れに対して、色々配慮してあげるのは当然だし、その結果、
一見、男性が女性に抜かれたように見えても、実際には、女性は周回遅れ
なのだから、別に騒ぎ立てるようなことではない」という訳だ。
そして、彼らは、女性ではなく、女性優遇策に反発する男性を嗤うのである。
「周回遅れに配慮してあげられない偏狭な奴」
あるいは
「男のくせに、女性と同じ周回をまわっている能力の低い奴」
という訳だ。
しかし、私は、女性が周回遅れだと思っていない。
私だけでなく、女性に理解を示したがる男も含め、女性は周回遅れではない。
私は、周回遅れは、むしろ男性の方だと考えているのである。
だから、女性ばかりが優遇されれば当然怒る。
女性を馬鹿にしているのは、一体、私なのか、それとも彼らなのか?
よく考えてみて頂きたい。

関連記事:「女性の権利」と「低所得者の権利」は同じか?

2014年10月11日 (土)

進歩派による女性観の空想性

私は、進歩派の唱える女性像に、かなり白々しさを感じている。
彼らにとって、女性は、「弱者」であり、同時に「意識が古い男性よりも進んでいる存在」で
なければならない。
しかし、本当に女性の意識は進歩的なのか?
一般に、女性はブランド品が好きである。
そして、ブランド品は、伝統志向である。
伝統があればあるほど、ブランド価値は増すのだ。
私の理解では、伝統(過去)を肯定するのが保守で、伝統(過去)を否定(そして未来を肯定)
するのが進歩派だがその見方に立脚すれば、ブランド性にこだわりがちな女性は
むしろ、男性よりも保守的である。
そして、ブランド品を買えるのは、富者(強者)である。
とすれば、高級ブランドの上得意である女性たちは、一体、何なのか?
保守志向の強者ではないのか?
しかし、勿論、進歩派は、そんな現実は無視し、「女性は弱者」、「女性は進歩的」という
空想に今日も耽るのである。

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ

Since 2014

  • Since August 11/2014
    Tokyo,JAPAN