女性専用車両批判

2018年10月25日 (木)

女性専用車両は本当に痴漢対策か?

2003年に大阪市営地下鉄(当時)御堂筋線の女性専用車両の違法性を巡って
地下鉄利用者の男性が大阪市を訴える裁判が起きている。
私は、2005年に原審(第一審)の大阪地方裁判所へ出向き裁判の資料を閲覧しており(注1)、
その際筆写したものは今でも手許にある。
結局、裁判は、女性専用車両に違法性なしという不当判決が最高裁で下りているのだが(注2)、
この裁判で幾つか気になるところがある。

当時の御堂筋線の女性専用車両は朝ラッシュ時のみの設定であり、この裁判においても、
「土日祝日や平日午前9時以降は、被害の申告が目立って少ない」という事実認定を
した上で「被害の多い時間帯に男性の任意の協力で行われている制度だから適法」(大意)という
判決を下しているのだが、2004年に大阪市交通局は、その「被害の申告が目立って少ない」時間帯にまで
女性専用車両を拡大したのである(女性専用車両の終日化)。
民事裁判の原則から考えて「9時以降の被害の申告は目立って少ない」
(そして女性専用車両はその時間帯に限っているのだから合法)という主張は大阪市側がした筈である。
その主張に沿って、最高裁が原告男性の請求を棄却した途端、それを待っていたかのように
今度は、自らの主張を反故にするような女性専用車両終日化を打ち出したのである。
(最高裁判決は2004年6月8日付、御堂筋線女性専用車両終日化発表は同年8月20日)
全く、信義にもとるとしか言いようがない大阪市の行為である。
(そしてこの行為は「痴漢対策として女性専用車両を導入している」というのが、
ただの口実でしかないことを示唆している)
原告の無念さは、察するに余りあるといえよう。

また、判決は「国土交通省が導入を推進し、多くの鉄道事業者が導入しているから合法だ」
というような判旨も述べているが、これはむちゃくちゃとしか言いようがない。
国土交通省(国)が推進しているからこそ、憲法違反の人権侵害なのではないか。
また、多くの事業者が導入していることが合憲合法の根拠になるならば
「皆が道路を渡っていれば、信号は青」ということになってしまう。
「皆んなが渡っている」ことを根拠に裁判所が「信号は青」判決を
出してしまっていいのだろうか?
渡っている人の多寡にかかわらず「赤信号か青信号か」を判断するのが裁判所の
役割である。
そして、本当は赤信号なのに、集団で渡ることによってそれを正当化しようとする者が
いるならば、それは悪質な行為なのである。

その後も約15年間、女性専用車両は「ちょっとだけ」を名目に拡大し続け、
反対の声が高まれば少し引っ込める(例えば、東横線の「終日」女性専用車両の廃止)が
隙あらばまた拡大。
そしてそれを既成事実化するという行為を繰り返してきた。
こうやって、今日では、女性専用車両は、全国大都市で「痴漢対策」では
説明のつかない規模と内容にまで拡大しているのが現状なのである。
それなのにネットやマスメディアで「女性専用車両は痴漢対策である」ということを
前提に議論が進んでしまっていることが残念でならない。(専用車推進側の思惑に
まんまと嵌ってしまっているということだ)

(注1)裁判の資料は、裁判が終わると原審の裁判所に一定期間保存され、請求すれば関係者でなくても
閲覧可能である。
(注2)ただし、最高裁は「最高裁への上告要件を満たしていない」という理由で上告を棄却しており、

2018年4月20日 (金)

論より証拠 (女性専用車両は「痴漢防止のやむを得ない処置」か?)

ある日のJR西日本京都線(東海道本線)各駅停車の車内混雑の様子です。

S1

(「終日」女性専用車両)

S2_2

(一般車両)

こんな空いている電車に「終日」女性専用車両を導入することが、
どうして「痴漢対策の止むを得ない処置」と言えるのか、全く理解できません。

2018年4月19日 (木)

各社のラッシュ時女性専用車両導入と東横線の終日女性専用車両導入は私を最悪の状態に追い込んだ

2004年10月4日、私は一生懸命応援した時期もあった京王電鉄によって
女性専用車両から暴力的に排除され、心身ともに傷を負った。
そして、私は強い怒りの感情を抑えることができなくなった。
私は、精神科で怒りを抑える薬の処方を受け、それを飲むようになった。
その薬には副作用があった。飲むとフラフラするのである。
(というよりも、私の主観としては、フラフラにすることによって、怒りの感情を
感じていないように誤魔化そうとする薬という印象である)

そこに関東鉄道各社が2005年5月ゴールデンウイーク明けからラッシュ時に
女性専用車両を一斉導入するというニュースが飛び込んできた。
私は、本当に最悪の状態に追い込まれてしまった。
そして、一番の悪夢は、7月13日に訪れた。
5月に東急田園都市線を含む各線で女性専用車の導入がされた中、
東急東横線は、女性専用車両を導入しなかった。
私は、それを東急の良心だと思っていた。
しかし、違ったのである。
7月12日、東急は、東横線優等列車への「終日」女性専用車両導入を発表した。
5月に東横線へ女性専用車両を導入しなかったのは、良心からではなかったのだ。
単に、ラッシュ時への女性専用車両導入がうまくいくかどうか見計らって
いただけだったのだ。
そして、ラッシュ時への導入に成功したと見るや、東横線への終日女性専用車両導入を
発表したのである。
「やむを得ない痴漢対策」の筈が、空いている日中の時間帯も含んだ
終日女性専用車両の導入である。
ラッシュ時導入から2ヶ月で、早くも、女性専用車両がその本性を露わにし
始めたのだった。

ちなみに、東急は、ネット上に鉄道愛好家に向けたファンサイトを持っていたが、
女性専用車両導入直前にそれを閉鎖している。
おそらく、ファンサイトの閉鎖と女性専用車両導入は無関係ではない。
鉄道愛好家は、電車の先頭部で運転の様子や前方風景を見ることを好むが、
終日女性専用車両は先頭車に導入されるため、男性鉄道愛好家はそれができなくなる。
男性鉄道愛好家の反発を見越してのサイト閉鎖だったのだろうと思う。
東急は、私を含む鉄道愛好家(殆どが男性)ではなく、女性(加えて女性専用車両を
推進する国交省)に媚びる方を選んだのだ。

東横線への終日女性専用車両導入が発表された翌日の7月13日、私は怒りを
抑える薬を大量に飲んだ。
飲まずにはいられなかった。
そして、椅子から立ち上がろうとした時、私は薬の副作用でうまく立ち上がれず、
顔面から倒れてしまった。そして、大事な前歯を折ってしまったのである。
前歯を折ってしまったことは、その後の私の生活に大きなマイナスの影響を与えた。
(今は具体的には書きたくない。将来、書く気になったら書こうと思う)
私は、私にこれだけの絶望を与えた女性専用車両を絶対に許さない。
「女性専用車両は男性に対する人権侵害以外の何物でもない。」私は、確信を
持って断言する。

関連記事:2004年10月4日、私の心と体は京王電鉄による人権侵害によってズタズタにされた
関連記事:もう少しで小さい時からの宝物をオンナに奪われそうになった話

2018年2月25日 (日)

2004年10月4日、私の心と体は京王電鉄による人権侵害によってズタズタにされた

2004年10月4日。
首都圏各線に女性専用車両が「赤信号みんなで渡れば怖くない」とばかりに
一斉導入される2005年5月より約半年前のことだ。
(当時の私は、まさか半年後にそんなひどいことが起こるとは気づいていなかった。)

その日、私は、夜遅い時間帯に、新宿から京王線に乗ろうとしていた。
そして、新宿駅に着いてから、突発的に、当時、京王線で深夜の一部列車に
導入されていた女性専用車両に乗ることを思いついたのである。

女性専用車両については、導入当初(2000年末頃の忘年会シーズンだっただろうか)から
当然、不愉快に思っていた。
ただ、当時の私の認識は、大変甘く、酔っ払いの多い年末シーズンが終わってから
「もうこんな馬鹿げた男性差別的な事はやめて下さい」というメールでも鉄道会社に
送れば、やめるだろうと思っていた。
(もちろん、実際には、私一人のメールでどうなるものでもないだろうが、余りにも
ナンセンスな性差別なので、鉄道会社もそのナンセンスさに気付き、すぐにやめる
だろうと思った)
しかし、案に反して、女性専用車両はその後も続いた。
しかし、私は、私自身が利用する機会が殆どない深夜の時間帯だけだったこともあり、
目を背けて、見ないようにしていた。
しかし、その日は、たまたま帰りが夜遅くなり、丁度女性専用車両の運転時間帯に
なっていたのである。
これは、専用車反対の意思表示をするチャンスだと思った。
私は、2001年に大学院予備校の憲法の講義で人権について学んでおり、2004年春には
法学修士号も取得していた。その時に得た「人権」についての知識から、例え
女性専用車であっても「どうしても乗る」という男性がいれば駅員は当然乗せるだろう
と考えたのである。
(電車という公共交通機関の特定の車両に「性別」という自ら選択できない属性に
よって乗せないとしたら、それは人権侵害であり、鉄道会社は、そんなことは
しないだろうと考えた)

私は女性専用車が連結されている最後部に行ってみた。
女性専用車両は立ち客が数人いる程度で空いていた。
それでも、やはり女性専用車両に男一人で乗る気まずさを紛らわすために
「最寄り駅までMDウォークマンで、ラプソディインブルーでも聞きながら過ごそうか」と
考えながら、女性専用車両のそばにいた駅員に「私は男性ですが、女性専用車両に
乗ります」と声をかけて電車に乗ろうとした。
(わざわざ駅員に声をかけたのは、正当なことをやるのだから、こそこそやるべきでは
ないと考えたこと、女性専用車両であることに気づかないで間違って乗るわけでは
ないことを周知しておいた方がよいだろうと考えたからである)
ところが、そこで全く予想だにしていなかったことが起こった。
たちまちの間に数人の駅員たちがやってきて、私を力づくで車両から
引きづりおろしたのである。
それは生半可なものではなかった。
私は怪我をした。
(かすり傷程度ではあったが、乗客に怪我をさせたという事実は重大である。)
そして、ベルトの金具をかませて長さの調整する部分が衝撃で外れてしまった。
そんな簡単に外れない金具が外れてしまったということで、私にどれだけ
大きな力がかかったか分かるだろう。
まさにそれは「暴力」だった。

しかし、私が一番傷ついたのは体ではなく心だった。
私は、駅員たちによって、駅員室に連れていかれた。
私は、そこで責任者と称する人物(駅長とは言っていなかった)に抗議をした。
しかし、その人物は「文句は上に言ってくれませんかねえ」というのみであった。
「上」とは京王電鉄本社のことであろう。つまり、私を暴力的に女性専用車両から
排除したのは、京王電鉄本社の意思であって、現場が独断で暴走した訳ではないと
いうことだ。

その時は、比較的すぐに解放された。
しかし、私は、もう一度、女性専用車両発着ホームに向かった。
私に対してなされた不当な人権侵害を記録しておかなければと思ったからだ。
1回目の時は、録音していなかった。
こんな不当な目に遭うとは想像していなかったからだ。
私は、その日、録音可能なMDウォークマンを持っていたから、そのMDウォークマンを
録音モードにし、再び、駅員に声をかけて、女性専用車両への乗車を試みた。
今度は最初から覚悟していたが、やはり、数人の駅員によって暴力的に排除された。
そして、覚悟していたとはいえ、私の心と体はさらなるダメージを負った。
(さらなるダメージを負うことがあっても記録を残す必要があると思った)
私はまたしても、駅員室に連れていかれ、今度は更に交番にまで連れて行かれる羽目と
なった。

交番で、私は、警官からいかにもお巡りさん的な意見を聞かされることとなった。

・「酒に酔っているだろう」→酒に酔ったから女性専用車両に乗るという乱行に
及んだのだということにしたいのだろう。
確かに、私は、その時珍しく、普段は飲まない酒を飲んでいたが、
判断力は今考えても正常だったし、記憶もちゃんと残っている。

・「お前には痴漢にあう女性の気持ちが分からない」→「私は、痴漢にあったことが
あるのですが」と答えたら、変な笑いを浮かべていた。性犯罪の被害にあったことを
警官に告白して笑われるとは心外である。
そもそも、「女性の気持ち」云々は、専用車を正当化する理由にならないが
失礼だが、下っ端の警官に説明したところで理解出来ないだろう。

・「深夜の一部の時間帯だけじゃないか」→その半年後、各線でラッシュ時に
導入され、更には終日女性専用車両まで現れたことについてどう考えるか、
そのお巡りさんに聞いてみたいものだ。

私は、任意の事情聴取であることを確認し、交番を離れた。
もう終電は行ってしまった後だった。
私は、例えようもなく惨めな気持ちで、深夜バスで帰宅することとなった。
私は、その日完全に壊れてしまった。
それまで、私は私なりに京王電鉄を応援していたが、その日からは、
ただ憎しみしか感じなくなってしまった。
私の50年間の人生で最悪の屈辱の日が2004年10月4日である。

しかも、それでおしまいではなかった。
その半年後、京王線を含む首都圏各線に女性専用車両が本格的に導入され、
私はさらなる地獄へと嵌っていったのである。
それについては、また機会を改めて書きたいと思う。→書きました。

2017年10月18日 (水)

日々是ストレス3

最近、私は関西に出掛けた。
新神戸の駅で神戸の地下鉄に乗ろうとして、発車間際の電車に駆け込んだら、
そこは女性専用車両だった。
つまり、階段から一番近い便利な場所が「女性専用」になっている訳である。
(因みに、神戸市営地下鉄は、1年365日始発から終電まで女性専用車両を実施している)
私は、すっかり不愉快な気分になった。
隣の車両に移動したくはなかったが、折角の旅行で不愉快な思い(女性客や駅員から
何か言われるなど)をしたくなかったため、仕方なく隣の車両に移動した。
私は、まるで白人専用車両から追い出される有色人種のような気分を味わった。
女性専用車両は、空いていたが、隣の車両は、結構混んでいた。
女性専用車両に乗れない男性客が集中するためだ。

夕方、神戸の港を歩いた。港の夕暮れは、とても綺麗で本当なら、とても幸せな気分に
なるところだが、私の心は、昼間の女性専用車の経験で怒りに満ちたままだった。

他にも、JR神戸線、JR京都線の各駅停車に乗る時も、同じ怒りを覚える。
これらも、昼間にまで女性専用車両が導入されている。
しかも、女性専用車両でない車両はガラガラ、女性専用車両はもっとガラガラであった。
そして、この女性専用車も、各駅の階段からとても近い便利な場所に設定されているのである。
(駅によって、階段の位置が違うので、一概には言えないのだが、私が乗降した
いくつかの駅では、一番便利な場所、一番便利とはいえなくても、他の車輌に比べれば
便利な場所に設定されていた。)
明らかに、痴漢など発生しないような状況で、女性専用車両が設定されているのである。
これは、痴漢対策などではない。
痴漢対策を口実にした女性優遇・男性差別である。
「痴漢対策」と言われれば、男性は反対しづらい。
それを利用して、女性専用車両を導入し、そして、既成事実化してから、
どんどん拡大していく。
よくある人権抑圧方法である。
本来、こういうことに反対しなければならないのが、リベラル・人権派なのだが、
残念ながら、しばらく前に書いた記事に於ける諏訪原健氏のように、女性専用車両に
反対どころか大賛成してしまうリベラル・人権派が多く、それが故に、
国や鉄道会社は、こと女性優遇・男性差別についてはやりたい放題出来る状態に
なっているのである。

2017年9月19日 (火)

もう少しで小さい時からの宝物をオンナに奪われそうになった話

あなたには、子供の頃から慣れ親しんだ大好きな場所、「ここは自分の場所だ」と
感じる場所はないだろうか?
もし、その場所が「女性専用」(あるいは「男性専用」)に指定され、「女性専用」とか
「男性専用」というポスターが掲示されて「自分が男だから」(あるいは女だから)と
いう理由で入れなくなってしまったら、あなたは、どう感じるだろうか?

私は、危うくそういう目に遭いかけた。
幸い、実際には、そうはならなかったが、それは、別に、私の人権が配慮されたから
ではない。
ただの偶然である。

私は、幼稚園から中学にかけて、東京郊外の私鉄のM線の沿線に住んでいた。
私には、当時から好きな電車があった(番号が好きだった)。
大人になった今、電車の番号に萌えるということは、もはやない。
しかし、当時は、電車の番号にそれぞれの番号独特の雰囲気を感じていた。
そして、私が好きだった番号が7621(仮番号で、実際の番号とは違います)だった。
それは、私の宝物だった。電車の絵を描くときは、7621の絵が多かった。

その後、私も他所の沿線に引っ越し、長い月日が経ち、私もいい年をした大人になって
いたが、やはり、7621が好きだったし、7621を自分の電車だと感じていた。
いよいよ、7621が引退間近となったとき、私は暇さえあればM線に乗りに行き、
7621の写真を撮り、実際に乗車して別れを惜しんだ。
そして、7621は引退し廃車になって行った。

その僅か数ヶ月後、M線の優等列車に女性専用車両の導入が発表された。
しかも、ラッシュ時だけではない終日女性専用車両だった(但し、土休日は除く)。
そして、その女性専用車両の編成中の位置は、7621の連結されていた位置だったのである。
もし、7621の引退が数ヶ月遅れていれば、私は、7621に醜い「女性専用車両」のステッカーが
貼られ、例え、車内が空いている昼間などの時間帯であっても、自分が乗車する
こともままならないまま、7621の引退を見守らなければならないことになっていた。
(正確には、各駅停車として走っている時なら乗れるわけだが、7621は、優等列車と
して走っている時が多かったし、私も優等列車として走っている7621に
乗りたいのである)

もし、そういう事態になっていたら、私の心はズタズタになっていただろう。
7621の引退は残念だったが、女性専用車両導入前に引退してくれたことで
最悪の事態は免れたわけだ。
(「女性専用車両」ステッカーが貼られた7621の姿を想像するとゾッとする、と書いたら、
私は女性憎悪者ということになるのだろうか?)

勿論、7621は、私の所有物ではない(鉄道会社の所有物である)。
しかし、女性の独占物であってもならない筈だ。
何故なら、公共交通機関だからである。

それにしても、「個人の幸せを国益のために犠性にすることがあってはなりません」的な言説を
叶くサヨクの一部の人達が、私を含む多数の男性の幸せを奪う
女性専用車両には大賛成するというのは全く寒い光景である。
国益ではダメだが、女性の利益の為なら、個人の幸せを奪っても、全然、構わないと
いうことだろうか。

最近のコメント

リンク集

  • Nikkoh の 徒然日記
    男性同性愛者、Nikkohさんのブログです。マスキュリズムについての記事が大変参考になります。「手弱男」として、弱者男性の問題についても関心をお持ちです。
無料ブログはココログ

Since 2014

  • Since August 11/2014
    Tokyo,JAPAN